S-MAX

国税庁

国税の支払いがスマホなど向け決済サービス「au PAY」や「Amazon Pay」、「d払い」、「メルペイ」、「LINE Pay」、「PayPay」で可能に


国税がau PAYやAmazon Pay、d払い、メルペイ、LINE Pay、PayPayで12月1日から支払えるように

国税庁では国税庁長官が指定した納付受託者(GMOペイメントゲートウェイ)が運営するスマートフォン(スマホ)など向け決済専用Webサイト「国税スマートフォン決済専用サイト」から納税者が利用可能なスマホなど向け決済サービスを選択して納付できる「スマホアプリ納付」を2022年12月1日(木)より提供すると案内しています。

対応サービスは「au PAY」および「Amazon Pay」、「d払い」、「メルペイ」、「LINE Pay」、「PayPay」の6つで、各サービスともに決済手数料が発生しないことに加えて決済額に応じてポイントが貯まるようになっており、例えば、d払いなら200円につき1ポイのdポイントが貯まります。ただし、各サービスともに残高を利用した支払方法のみが可能となっています。

続きを読む

国税庁、e-Taxソフト(WEB版)にQRコード認証を3月22日より導入!スマホでマイナンバーカードを読み取ってパソコンなどでログインが容易に


e-Taxソフト(WEB版)が「2次元バーコード認証」に対応!

国税庁は22日、国税電子申告・納税システム「e-Tax」における「e-Taxソフト(WEB版)」がマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォン(スマホ)とパソコン(PC)をペアリングすることでマイナンバーカードを読み取ることが2021年3月22日(月)より可能となったとお知らせしています。

新たに導入されたのは「2次元バーコード認証」方式で、PCなどに表示させたQRコードをスマホにインストールしたアプリ「マイナポータルAP」で読み取り、合わせてマイナンバーカードをスマホで読み取るとPCなどでe-Taxへログインできるようになりました。

続きを読む

iPhoneやAndroidスマホなどでマイナンバーカード方式による確定申告のe-Tax送信が可能に!PCに接続してICカードリーダーとして利用も


AndroidやiPhoneでマイナンバーカードを読み取って確定申告のe-Tax送信が可能に!

国税庁は6日、スマートフォン(スマホ)およびタブレットとパソコン(PC)におけるWebブラウザー「Microsoft Edge」(Chromiumベース除く)における「確定申告書等作成コーナー」を利用したマイナンバーカード方式によるe-Tax送信のサービスを2020年1月31日(金)に提供開始するとお知らせしています。

利用できるスマホ・タブレットの機種はNFC(FeliCa)に対応したAndroidおよびiPhoneで、一覧は公式Webサイト内にてPDF( https://www.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf )で公開されています。なお、同庁は30日、iPhoneについては延期になる可能性があると案内していましたが、無事に1月31日からスタートするとのこと。

利用には専用アプリが必要で、Androidなら「e-Taxアプリ」と「JPKI利用者ソフト」、iPhoneなら「e-Taxアプリ」と「マイナポータルAP」となっています。またAndroidの対応機種ではスマホ・タブレット本体でe-Tax送信するほか、Windows PCにBluetoothで接続してAndroidスマホ・タブレットをICカードリーダライターとしてe-Tax送信を利用することも可能となっています。

その他、確定申告書等作成コーナーを利用したID・パスワード方式によるe-Tax送信や印刷して書面での提出は非対応のAndroidスマホ・iPhone、AndroidタブレットやiPad、Windows・macOSのWebブラウザー「Firefox」や「Chrome」などでも可能とのこと。ただし、ID・パスワード方式は事前に税務署にて「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行が必要となります。

続きを読む

国税庁が2019年1月からスマホで確定申告を可能に!対象機種はAQUOSやXperia、arrowsなどの一部ながら順次拡大予定で、現時点ではiPhoneは含まれず


2019年から一部スマホで順次確定申告が可能に!現時点ではiPhoneは含まれず

内閣府の審議会などの1つで内閣総理大臣(首相)の諮問機関である政府税制調査会は1日、財務省・国税庁にて2019年1月からスマートフォン(スマホ)による確定申告を順次可能にしていく考えを示しました。

日本経済新聞や時事通信などの複数のメディアが伝えており、内閣府でも同日に開催された「第14回 税制調査会」の資料が公開されています。

現在、日本政府はICTを活用し、行政手続に関する処理を電子化した行政機構「E-Goverment(電子政府)」の推進を行っていますが、今回の発表は、E-Goverment推進の1つとされ、納税手続きの簡素化が図られると期待できます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。