b5386a4c.jpg

グーグルのNexus 7

日本でもこの秋から販売が始まったグーグルタブレット「Nexus 7」の評価がじわじわと高まっている。タブレット市場はアップルのiPadの一人勝ちが続いているが、Nexus 7の登場で7インチタブレット市場が大きく盛り上がりそうだ。

タブレット市場で圧倒的な存在感を示しているアップルの「iPad」。全世界での販売シェアは60%を超えており、Android OSのタブレット新製品が多数登場する中にあってもライバルたちを寄せ付けない強さを保っている。

最近では企業での導入も加速化しており、航空会社が紙のマニュアルを廃止してiPadを採用したり、飲食店では電子メニューや注文受注端末としてiPadを利用したりする動きが進んでいる。ABI Researchによれば2012年第2四半期の世界のタブレット出荷台数は2500万台、前年同期比で77%増だが、そのうちiPadは1700万台に達している。

iPadが先行しているタブレット市場だが、スマートフォン市場同様、Android OS端末がiPadのシェアを侵食し始めている。特に今年夏以降はグーグルのNexus 7に続き、9月にアマゾンが「Kindle HD」を市場に投入。

250ドルを切る低価格で大きな話題となり、各国のタブレットセールスの上位に顔を出し始めている。また10月頭に「Pew Internet & American Life Project」が発表した報告によれば、アメリカの成人の4人に1人がタブレットを所有しており、iPadが過半数の52%であったもののAndroidタブレットは48%と両者の差は大きく縮まってきている。

続きを読む