S-MAX

市場

IDCが2021年第1四半期のスマホ出荷台数を発表!ついにファーウェイがトップ5から姿を消す。Samsung、Apple、Xiaomi、OPPO、vivoに


IDCが2021年Q1のスマホ出荷台数を公表!ついにHuaweiが上位5位から陥落

IDCは28日(現地時間)、同社が提供している「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」から全世界における2021年1〜3月/第1四半期(Q1)のスマートフォン(スマホ)出荷台数が3億4600万台(前年同期比+25.5%)となったと発表しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で販売台数が落ち込んだ2020年第1四半期と比べて中国などのアジア・太平洋(日本を除く)にて前年同期比+30%近くと大きく伸び、これらの国・地域で出荷台数の半分を占めたとしています。

一方、メーカー別シェアでは1位がSamsung Electronics(以下、Samsung)で21.8%、2位がAppleで16.0%、3位がXiaomiで14.1%、4位がOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)で10.8%、5位がvivo Mobile Communications(以下、vivo)で10.1%となり、ここ数年長らくトップ5に入っていたHuawei Technologies(以下、Huawei)がついに陥落しました。

続きを読む

中国ではOPPOが1位、vivoが2位と新興企業の躍進が顕著!IDC、中国市場における2016年第3四半期スマホ出荷台数シェアを発表――国外企業ではAppleが5位と健闘


中国で四半期ながらOPPOがトップに!駅構内を埋め尽くす巨大広告、今年3月の中国・深圳市にて撮影

米国の調査会社であるIDCは26日(現地時間)、中国市場における2016年第3四半期(2016年7〜9月)のスマートフォン(スマホ)出荷台数のシェアを公表しました。公表された内容によると、中国市場におけるスマホ販売シェアは地元の新興企業「OPPO(オッポ、欧珀)」が17.5%と初めて首位に立っており、同じく地元の新興企業である「vivo(ビボ、維沃)」が16.7%と2位に続いています。

また前回までトップだった日本でも販売を活性化させている「Huawei(ファーウェイ、華為技術)」が15.7%と第3位、中国のAppleとして一時は勢いがあった「Xiaomi(シャオミ、小米科技)」で8.7%と第4位、米国「Apple」がシェアは7.1%と第5位なりました。なお、中国市場全体の2016年第三四半期の出荷数は前年比5.8%増加となる1億1510万台となり、今後更なる内需の増加が見込まれます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。