S-MAX

曲面ディスプレイ

LG Electronics、約5.5インチ曲面ディスプレイ搭載Androidスマホ「G Flex2」を発表!64bit対応2.0GHzオクタコアCPU搭載や3バンドCA対応など


曲面ディスプレイスマホ「LG G Flex2」が発表!

LG Electronics(以下、LG)は5日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(火)から9日(金)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2015 International CES(CES 2015)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Android 5.0(開発コード名:Lollipop)を採用した曲面ディスプレイ搭載スマートフォン(スマホ)「G Flex2」 を発表しています。

G Flex2は1年前の「CES 2014」にて発表された初の曲面ディスプレイ搭載スマホ「G Flex」の後継機種で、各種スペックを向上させたモデルです。

G Flex2はまず2015年1月末に韓国で発売され、その後、グローバル市場にて展開するとのこと。昨年は日本でもau(KDDIおよび沖縄セルラー)から「LG G Flex LGL23」として発売されたので、日本市場での販売についても期待したいところです。

続きを読む

NTTドコモ、右側曲面有機ELによるサブディスプレイを搭載したハイスペックスマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」を発表!北米などで利用できる700MHz帯やTD-LTEによるLTE国際ローミングなどにも対応


NTTドコモがエッジスクリーン搭載スマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、本体右側に曲面有機ELディスプレイを追加した5.6インチQuad HD+(1440+160×2560ドット)Supre AMOLEDディスプレイや2.7GHzクアッドコアCPU、3GBメモリーなどを搭載したハイスペックなAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)採用のスマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」(サムスン電子製)を発表しています。2014年10月下旬以降に順次発売開始予定で、本日9月30日(火)正午12時から事前予約が開始されます。

GALAXY Note Edge SC-01Gは今年9月にドイツで発表されたグローバルモデル「GALAXY Note Edge」のNTTドコモ版で、昨冬モデル「GALAXY Note 3 SC-01F」の後継機種。ペン入力や性能が向上しているほか、新たに曲がったフレキシブル有機EL(Super AMOLED)ディスプレイを採用し、右側に追加する形で右側面をサブディスプレイ(サムスン電子では「エッジスクリーン」という呼称)として使えるようになっています。これにより、ディスプレイはメインの約5.6インチQuad HD(1440×2560ドット)と、右側面分の160×2560ドットが加わった(1440+160)×2560ドットと高い解像度による表示が可能となっています。

NTTドコモ版は国内向けサービスのワンセグやフルセグ、NOTTV、おサイフケータイ(Felica)などの日本市場に合った機能に対応しているのに加え、北米などで利用できる700MHz帯(Band 17)や同社初のTD-LTE対応機種で国際ローミングで利用できるようになるなどの点が特長です。

続きを読む

IFA 2014:国内でも発売が決まったソニーのライフログツール「SmartBand Talk SWR30」を写真でチェック!曲面電子ペーパーや気圧計を新たに搭載し、音声通話も可能【レポート】


ライフログツール「SmartBand Talk SWR30」を写真で紹介!

既報通り、Sony(ソニー)は3日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2014年9月5日(金)〜10日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2014」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、フラッグシップスマートフォンおよびタブレット「Xperia Z3」シリーズに加え、ライフログツールとしてリストバンド型ウェアラブル端末「SmartBand Talk(型番:SWR30)」などの多彩な商品ラインナップを発表しました。

SmartBand Talk SWR30は今春に発売した「SmartBand SWR10」の流れを汲む製品で、常時表示が可能なE-Ink製1.4インチ296×128ドット曲面型電子ペーパーを搭載したほか、新たにマイクとスピーカーが追加され、ハンズフリー通話とボイスコマンド機能に対応し、声による直感的な操作によってライフログの進捗を手元で確認できるようになっており、日本国内でもすでに11月下旬に発売することが決定しています。

今回はIFA 2014にてSmartBand Talk SWR30が展示されていましたので、写真を交えて紹介したいと思います。なお、日本国内では販売拠点は直営Webストア「Xperia Store」および「ソニーストア」(ソニーマーケティング運営)、家電量販店となっており、オープンプライスながら市場予想価格は1万8000円前後になる見込み。

続きを読む

Samsungの最新フラッグシップスマホ「Galaxy Note Edge」が国内先行展示!片側湾曲ディスプレイの使い勝手を写真と動画でチェック【レポート】


サムスン電子が「Galaxy Note Edge」の海外版を国内展示!

既報通り、Samsung Electronics(サムスン電子)のスマートフォン(スマホ)の最新フラッグシップモデル「Galaxy Note Edge」および3Gなどの通信機能を搭載した最新スマートウォッチ「Gear S」の海外版が家電量販店内にて展開する独自ブランドショップ「GALAXY SHOP」にて2014年9月18日(木)より国内先行展示されています。

これらのGalaxy Note EdgeおよびGear Sはどういった形となるか詳細は明らかにされていないものの、日本国内に投入することが明らかにされ、すでに紹介したように国内ではNTTドコモ向け「Galaxy Note Edge SC-01G」やau by KDDI向け「Galaxy Note Edge SCL24」として各種認証を取得しているため、その片側湾曲ディスプレイという目新しさだけではなく、同時に発表された「Galaxy Note 4」とほぼ同じ高い性能や多彩な機能から注目すべき機種だと思われます。

そこで、今回はさっそく近場のGALAXY SHOPに赴き、Galaxy Note Edgeを試してきましたので、その模様を写真と動画で紹介します。なお、本日から千葉・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2014」でもGalaxy Note EdgeおよびGear S、そして、Galaxy Note 4を装着してヘッドマウントディスプレイ(HDM)として利用できるアクセサリー「Gear VR」が展示されていますので、行かれる場合には是非チェックしてみてください。

続きを読む

Samsung、曲面有機ELを搭載して側面までディスプレイにしたスマホ「Galaxy Note Edge」を発表!指紋センサーや心拍計、血中酸素飽和度計など、Galaxy Note 4とほぼ同等のハイスペックに


サムスン電子が新しいスマホ「Galaxy Note Edge」を発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は3日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2014年9月5日(金)~10日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2014」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、繊細な入力ができる「Sペン」に対応した「GALAXY Noteシリーズ」の最新モデル「Galaxy Note Edge」を発表しています。

同時にGALAXY Noteシリーズのもう1機種として「Galaxy Note 4」やヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」も発表されたほか、事前に発表していた腕時計型デバイス「Gear S」も披露されました。

Galaxy Note Edgeでは曲がったフレキシブル有機EL(Super AMOLED)ディスプレイを採用し、側面まで画面として使えるようになっています。ディスプレイ約5.6インチQuad HD(1440×2560ドット)に側面分の160×2560ドットが加わります。一部国・地域で今年終わりに投入される予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。