S-MAX

税金

羽田・成田・関西・中部・新千歳・福岡空港の入国時に免税範囲を超えた携帯品に発生する関税などの税金をau PAYとLINE Payで支払い可能に


財務省・税関が6つの空港における関税などの支払いにクラウドペイを導入!au PAYとLINE Payが利用可能

デジタルガレージを中心とするDGグループは16日、財務省・税関が2021年7月19日(月)から羽田および成田、関西、中部、新千歳、福岡の6つの空港で開始する入国者の免税範囲を超えた携帯品に発生する関税などの税金のキャッシュレス納付に「統一型QRコード決済『クラウドペイ』」を提供すると発表しています。

これにより、クラウドペイを介して2022年3月31日(木)の間はスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「au PAY」および「LINE Pay」を用いてこれらの6つの空港における関税などの納税の支払いができるようになるということです。ともに店舗提示型/利用者読み取り方式(MPM)。またKDDIによると、那覇空港についても国際線の運航再開後に順次対応予定だとのこと。

なお、クラウドペイは国内サービスでは「d払い」、海外サービスでは「Alipay」および「WeChat Pay」、「Kakao Pay」にも対応し、今後は「メルペイ」にも対応予定だとしていますが、少なくともサービス開始時点では6つの空港における関税などの納税には対応していないということです。

続きを読む

決済サービス「au PAY」が大阪府の請求書支払いに7月1日より対応!自動車税や個人事業税などが対象。抽選で100人に1500ポイントプレゼント


au PAY(請求書払い)が大阪府税に対応!決済額の0.5%還元に

KDDIは28日、大阪府の発行する納付書にスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「au PAY(請求書支払い)」が2021年7月1日(木)より対応すると発表しています。これにより、au PAY残高で大阪府の税金などの支払いが可能となります。

対象税目は自動車税種別割(自動車税を含む)および府民税利子割、府民税配当割、府民税株式等譲渡所得割、個人事業税、不動産取得税で、大阪府の発行する納付書をau PAY(請求書支払い)で支払った場合には決済額の0.5%(200円ごとに1ポイント)分のPontaポイントが還元されます。

また今回の対応を記念して2021年7月1日(木)0:00~2021年8月31日(火)23:59までの期間中に大阪府が発行する納付書を支払うと抽選で100人に1,500ポイントをプレゼントするキャンペーン( https://kantan-cpn.auone.jp/sp/campaign/20210701_osaka/index.html )を実施するということです。付与時期は2021年9月末頃までを予定。

続きを読む

東京都税の納付書が決済サービス「LINE Pay」と「PayPay」の請求書払いに6月1日より対応!ポイント還元も適用


東京都税の支払いがLINE PayとPayPayで可能に!

東京都主税局は15日、東京都税の納付書がスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「LINE Pay」および「PayPay」の請求書払いに2020年6月1日(月)より対応するとお知らせしています。

東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書に記載されているバーコードを読み取ることで支払いが可能となります。

ただし、自動車税種別割については今年の納付期限が2020年6月1日(月)となっているため、納付が出来るのは今年は1日のみとなっているのでご注意ください。なお、東京都税についても支払額に応じての還元が適用され、PayPayでは0.5~1.5%をPayPayボーナスとして還元するとしています。

続きを読む

カンタンにふるさと納税ができる「さとふる」が新CMを発表!美味しいお礼品も魅力な発表会を写真と動画で紹介【レポート】

01
大森南朋さんと鈴木奈々さんがふるさと納税ポータルサイト「さとふる」をPR

ソフトバンクグループのさとふるは23日、都内にて「ふるさと納税ポータルサイト『さとふる』新CM発表会」を開催し、CMキャラクターを務めるタレントの鈴木奈々さんがネットで簡単にふるさと納税が行えることをPRした。

さとふるは、寄付で地方自治体を応援する「ふるさと納税」がネットだけのワンストップできるサービスで、寄付先の特産品などがお礼として送られてくるほか、2,000円を超えた寄付金部分が還付される(所得によって還付額および控除額が変化する)。

CM発表会には、鈴木さんと共演する俳優の大森南朋さんが登壇しCM撮影時のエピソードとして、鈴木さんはNGを連発してしまったことを明かす一方でバッティングセンターのシーンでは一発OKを出し、身体を動かすことが好きだと言うことをアピールした。

今回は、試食コーナーもあったお礼品の一部の紹介と、鈴木さんと大森さんのトークセッションを動画で紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。