S-MAX

2.3GHz

ダイナミック周波数共用を活用した5G向け2.3GHz帯の新規割当にKDDI・沖縄セルラー電話のみが申請!審査後に4〜5月頃に認定へ


KDDI・沖縄セルラー電話がダイナミック周波数共用を活用した5G向け2.3GHz帯の新規割当に申請!

総務省は4日、2.3GHz帯の40MHz幅(2330MHz~2370MHz)におけるダイナミック周波数共用を活用した5Gの普及のための周波数割当に関する開設計画の認定申請受付を2022年年2月28日(月)から3月31日(木)まで行ったところ、1者からの申請があったとお知らせしています。

申請をしたのはKDDIおよび沖縄セルラー電話で、地域ごとに連携する者として申請しているため、これらの申請については1者の申請とみなし、今後は総務省において受け付けた申請の審査を行った後、開設計画の認定に当たっては電波監理審議会に諮問を行う予定だとしています。

続きを読む

総務省、5G普及のために2.3GHz帯の新規割当を実施する開設指針案を公開!ダイナミック周波数共用を活用して1社に40MHz幅(5年間)


総務省が2.3GHz帯を5G周波数として40MHz幅を1社に新規割当へ!

総務省は17日、5G(第5世代移動通信システム)のさらなる普及のために周波数の割り当てに関する開設指針案などを作成し、新たに2.3GHz帯(2330MHz~2370MHz)におけるダイナミック周波数共用を活用した5Gの普及のための周波数の割当を実施する計画であることを明らかにしました。

同省では作成した開設指針案などに対して2021年12月18日(土)から2022年1月21日(金)まで意見募集を行い、その結果を踏まえて電波監理審議会への諮問をし、同審議会からの答申が得られた場合には本告示の制定に向けた所要の手続を速やかに進めていく予定となっています。

また計画では意見募集を経て2022年2月上旬に電波監理審議会への諮問・答申、2022年3月上旬に開設指針の告示、2022年3〜4月頃に開設計画の認定申請受付を行い、申請を審査して2022年4〜5月頃に電波監理審議会への諮問・答申を行って開設計画の認定(周波数割当)が行われるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。