S-MAX

Bluetooth.org

未発表のOPPO製5Gスマホ「CPH2303」が技適を取得!OPPO A54 5GやOPPO A74 5Gと同等・類似製品がSIMフリーで発売か


未発表のOPPO製5Gスマホ「CPH2303」が技適を通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製スマートフォン(スマホ)「CPH2303」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年3月1日付け(認証番号:018-210071)で認証技術支援センターによって取得しています。

CPH2303はグローバルでも未発表の製品で、Bluetooth SIGにて3月28日付ですでに発表されているau向けスマホ「OPPO A54 5G(型番:OPG02)」や「OPPO A74 5G(型番:CPH2195およびCPH2197)」などとともに認証を取得しており(Declaration ID:D052756)、ともにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 480 5G Mobile Platform」を搭載しているため、同等または類似の製品になるのではないかと予想されます。

なお、Bluetooth SIGでは「OPPO Reno5 4G(型番:CPH2159)」も同じモジュールで認証されていますが、CPH2303やCPH2195、CPH2197、OPG02がともにディスプレイが液晶(LCD)かつ5G対応であるのに対し、CPH2159は有機EL(OLED)で4Gまでとなっているため、恐らくCPH2303はOPPO A54 5GやOPPO A74 5G寄りなのだと思われます。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話ではOPPO A54 5Gが日本国内の通信事業者としてはau限定だとしていますが、最近では「motorola razr 5G」が同じように日本国内の通信事業者としてはSoftBank限定だとしていながらモトローラ・モビリティ・ジャパンなどがSIMフリーモデルを販売しているため、OPPO A54 5GのSIMフリーモデルという可能性もなくはなさそうです。

一方でOPPOでは過去にau向け「OPPO Find X2 Pro(型番:OPG01)」とメーカー型番の「CPH2025」としても技適を通しており、仮にOPPO A54 5Gのメーカー型番がCPH2303であった場合にはCPH2025がSIMフリーモデルとして販売されなかったようにCPH2303も販売されない可能性も否定できません。どちらにしても発売されるとすれば、メーカー型番なのでSIMフリーモデルとなるでしょう。

続きを読む

NTTドコモとauから新フラッグシップスマホの1億800万画素カメラ搭載な最上位モデル「Galaxy S21 Ultra 5G」も発売へ!Bluetooth認証を取得


新フラッグシップスマホ「Samsung Galaxy S21 Ultra 5G」もdocomoとauから発売へ!

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは2日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「SM-G998D」および「SM-G998J」が2021年1月18日付で認証を通過したとして情報公開しています。Declaration IDとQDIDは「D053069」および「159639」。

型番ルールからそれぞれすでに発表されている最新フラッグシップスマホ「Galaxy S21 Ultra 5G」のNTTドコモ向けとau向けモデルとなり、昨年の「Galaxy S20 5G」シリーズの“Ultra”モデルはauのみからの販売とりましたが、今年はすでに紹介しているように「Galaxy S21 5G」や「Galaxy S21+ 5G」とともに3モデルともNTTドコモとauから発売されそうです。

なお、SM-G998DおよびSM-G998Jはともにメーカー型番であり、実際の製品名にはNTTドコモとauの型番が付けられると見られ、auはすでに他の認証機関から「Galaxy S21 5G SCG09」と「Galaxy S21+ 5G SCG10」となることが判明しているため、順当なら「Galaxy S21 Ultra 5G SCG11」となると想定されます。

一方、NTTドコモ向けについては不明ですが、過去の型番の付け方から「Galaxy S21 5G SC-51B」や「Galaxy S21+ 5G SC-52B」、「Galaxy S21 Ultra 5G SC-53B」といった具合になると予想されます。例年なら5月頃、昨年は5Gサービスの開始に合わせて3月より順次発売されましたので、今年も3〜5月頃に発売されるのではないかと考えらます。

続きを読む

DTIの携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホと見られる未発表の「TONE e21」が技適やBluetooth認証を取得


トーンモバイルの次期スマホと見られる「TONE e21」が各種認証取得!写真は旧機種のe19

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにCPSpeedがスマートフォン(スマホ)「TONE_e21」(認証番号:018-200380)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月30日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

型式または名称として登録されているTONE_e21からフリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホ「TONE e21」になると予想されます。

なお、工事設計認証からはスマホかどうかといった製品カテゴリーはわかりませんが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGにて2021年1月20日(現地時間)付けで同じくCPSpeedによって「TONE_e21」の認証が取得されており、こちらに「Smart Phone」であることが示されています。

続きを読む

NTTドコモとauから5G対応の新フラッグシップスマホ「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」が発売へ!Bluetooth認証を取得


新フラッグシップスマホ「Samsung Galaxy S21 5G | S21+ 5G」がdocomoとauから発売へ!

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは18日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「SM-G991D」および「SM-G991J」、「SM-G996D」、「SM-G996J」が2021年1月18日付で認証を通過したとして情報公開しています。

Declaration IDとQDIDはSM-G991DおよびSM-G991Jが「D052778」と「158414」、SM-G996DおよびSM-G996Jは「D052724」と「156810」で、型番ルールからすでに発表されている最新フラッグシップスマホ「Galaxy S21」および「Galaxy S21+」のそれぞれNTTドコモ向けとau向けモデルです。

Galaxy S21シリーズの発表直後にサムスン電子の日本法人であるサムスン電子ジャパンの公式WebサイトでもGalaxy S21シリーズの製品ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s21/ )が公開されていますが、改めてGalaxy S21とGalaxy S21+がNTTドコモとauから発売されることになりそうです。なお、公式Webサイトでは最上位機「Galaxy S21 Ultra」の情報も掲載されていますが、現時点ではGalaxy S21 Ultraが日本で発売されそうな認証情報は確認できていません。

続きを読む

楽天モバイルがオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」を投入へ!未発表の「3917JR」が各種認証を通過。開発はCoolpadを展開するYulongが担当


楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」が開発中!写真はRakuten BIG

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにYulong Computer Telecommunication Scientific(宇龍計算機通信科技、以下、Yulong)が「3917JR」(認証番号:003-200256)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年10月9日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

3917JRはどういった製品なのか不明でしたが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは23日(現地時間)、Yulongの3917JRが2020年11月23日付で認証を通過したとして情報を公開しており、製品カテゴリー「Phone」やデザイン名「Rakuten BIG s」であるとしていることから楽天モバイル向けスマートフォン(スマホ)「Rakuten BIG s(型番:3917JR)」となると予想されます。

楽天モバイルでは現在、5Gに対応したオリジナルスマホ「Rakuten BIG(型番:ZR01)」(ZTE製)を販売しており、同様に大画面を搭載した後継モデルもしくは派生モデルとしてRakuten BIG sを投入する可能性が高そうです。なお、Yulongはグローバル市場にて「Coolpad(酷派)」ブランドで展開している大手メーカーで、Rakuten BIG sを販売することになれば日本市場参入となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。