S-MAX

CEATEC2014

CEATEC JAPAN 2014:京セラ、コンセプトモデルのデザインモックや国内外のケータイ&スマホの既存モデルを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
一見の価値あり!京セラの描く未来の端末像とは!?

10月7日(火)から11日(土)の4日間にわたって、千葉件の幕張メッセにてIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」が開催されています。

今回は京セラブースにて、未来のモバイル端末をコンセプトにしたデザインモックや国内外にて、現在提供中の主な端末が展示されていましたので紹介します。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2014:NTTドコモ、次世代通信規格「5G」の取り組みを紹介!スウェーデンとのライブ中継による伝送実験を披露【レポート】

6c3fcff1.jpg
ドコモが次世代通信規格5Gの取り組みを紹介!

10月7日(火)から11日(土)の期間、幕張メッセ(千葉県)で開催中のIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」において、NTTドコモのブースでは次世代移動通信システム「5G(5th Generation:第5世代)」の取り組みについての展示などを行っている。

既報の通り、NTTドコモでは今回のCEATEC JAPANの出展内容に5Gへの取り組みがアナウンスされていた。ブース正面の広いエリアを使って5Gについてアピールしていたが、NTTドコモでは昨年のCEATEC JAPAN 2013や今年のワイヤレスジャパン2014においても5Gへの取り組みについて紹介している。

また、今年5月に世界の主要ベンダー6社と5Gに関する実験などを実施することで合意したことも公表している。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2014:シャープ、リコー「GR」シリーズの画質認証プログラムをクリアした「AQUOS ZETA SH-01G」のカメラをアピール【レポート】

リコー「GR」のレンズクオリティーをもつAQUOS ZETA SH-01Gをアピール

2014年10月7日(火)から千葉・幕張メッセで開催されている家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」において、シャープはリコーイメージングより「GR certified」の認証を得たNTTドコモ2014-2015冬春モデルのAndroidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01G」(以下、SH-01G)及び「Disney Mobile on docomo SH-02G」(以下、SH-02G)のカメラ機能についての展示を行っている。

ブース内にはSH-01GとリコーイメージングのAPS-Cサイズイメージセンサーを搭載したデジタルカメラ「GR」も同時に展示してカメラ画質をアピール。

続きを読む

ファーウェイ、日本国内でも12月に発売が決まった8コアハイエンドSIMフリースマホ「Ascend Mate7」の説明会を開催!CEATEC 2014にて展示【レポート】


ファーウェイ「Ascend Mate7」をアピールする副社長の呉波氏(中央)

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は6日、SIMロックがかかていないSIMフリースマートフォン(スマホ)の第3弾としてフラッグシップモデル「Ascend Mate7」(Huawei Technologies製)を日本国内にて今年12月よりU-NEXTなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)や全国の量販店などを通じて発売することを発表した。

6インチのフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したファブレットクラスの大型モデルで、価格はまだ未発表だがハイエンド製品の価格帯(一般的に5〜9万円)になると予想される。

同日、同社は2014年10月7日(火)から千葉・幕張メッセで開催される家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」に合わせてAscend Mate7の日本投入についての説明会を開催。今回はその模様とAscend Mate7の魅力を紹介する。

続きを読む

シャープ、MEMS-IGZOディスプレイ搭載した7インチAndroidタブレットを開発!法人向けを中心に2015年前半に発売へ


シャープがMEMS-IGZOディスプレイ搭載した7インチタブレットを開発!

シャープは6日、業界で初めて「MEMS-IGZOディスプレイ」を搭載した7インチAndroidタブレットを開発したと発表しています。法人向け市場を中心に2015年上半期に発売する予定だとのこと。

Qualcomm子会社のPixtronixとの共同開発により実用化した最先端のMEMS-IGZOディスプレイを搭載し、PixtronixのMEMSディスプレイ技術とシャープのIGZO技術の融合によって一般的な液晶ディスプレイに比べて一層の低消費電力化と高い色再現性を実現しています。

また、外光下でも鮮明に表示できる高輝度モードや省電力で表示するグレースケール・白黒モードなど、利用シーンやコンテンツに応じて最適な表示モードに切替えることも可能。

さらに、外出先での高速ネット接続が可能なLTE通信機能を内蔵したほか、音声通話や防水対応などタブレットとしての基本性能も充実しているということです。なお、携帯電話ネットワークはNTTドコモの3G(FOMA)および4G(Xi)に対応しているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。