S-MAX

Eメール(i)

ソフトバンクが「S!メール(MMS)」や「Eメール(i)」、「MMS(ワイモバイル)」になりすまし対策として送信ドメイン認証「DMARC」を4月より順次導入


SoftBankやY!mobileのMMSなどに送信ドメイン認証「DMARC」が順次導入!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」における「S!メール(MMS)」や「Eメール(i)」、「MMS(ワイモバイル)」に「なりすましメール」による「フィッシング詐欺」への対策として送信ドメイン認証技術を利用した「DMARC」を2024年4月上旬から順次導入するとお知らせしています。

ソフトバンクでは迷惑メール対策としてすでに「なりすましメールの拒否」機能を提供していますが、今回、DMARCの導入によってなりすましメールの拒否機能を通じてDMARCに対応した送信元アドレスを詐称したメールも抑止することができるようになるとのこと。利用料は無料。具体的な提供開始日は個別にメールにて連絡するとのこと。

なお、なりすましメールの拒否機能の初期設定は「利用する」となっていますが、利用者自身によってオンラインサポート「My SoftBank」や「My Y!mobile」、法人コンシェルサイトにおいて「利用しない」に変更することも可能となっています。

続きを読む

SoftBankのiPhoneで使える「Eメール(i)」がパワーアップ!迷惑メールブロック機能を拡充【レポート】

df50035d.jpg
迷惑メールブロック機能の拡充でSoftBankの「Eメール(i)」がより実用的に

ソフトバンクモバイルは自社で販売しているiPhoneに対して「MMS」(***@softbank.ne.jp)と「Eメール(i)」(***@i.softbank.jp)の2種類のEメールサービスを提供してきましたが、従来「Eメール(i)」の迷惑メールブロック機能は「MMS」や他社のケータイメールサービスと比較して貧弱で、迷惑メールを防ぎ切れない状況になっていました。

この状況への対策として11/15に「Eメール(i)」の迷惑メールブロック機能が拡充され、より細かくブロック条件を設定できるようになりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。