小さなボディに大きな可能性を秘めるChromecast

2013年7月にアメリカで、2014年5月には日本でも発売されたGoogleのスティック型デバイス「Chromecast(クロームキャスト)」。テレビのHDMI端子に接続することで、YouTubeなどのネット動画をテレビの大画面で見ることができます。4,200円という手ごろな価格から、とりあえず手を出してみたという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、このChromecastは単なる動画再生の枠組みを超えたデバイスになりうるかもしれません。今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」は、Chromecastが動画を再生する仕組みや可能性など、その名の通りちょっと深いとこを紹介していきます。

続きを読む