S-MAX

IECEE

Snapdragon 4 Gen 2搭載スマホ「Redmi 12 5G」が日本発売へ!メーカー版「23076RA4BR」とau版「XIG03」が認証通過。Note 12 JEか


XiaomiがSnapdragon 4 Gen 2搭載スマホを日本でメーカー版とau版を発売へ!製品名は「Redmi Note 12 JE」か

IEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにてフィンランドの電気製品・機械の安全性の試験を行っている第3者認証機関「SGS Fimko」の検査をXiaomi Communications(以下、Xiaomi)の未発表な製品「23076RN8DY」および「23076RA4BR」、「XIG03」が2023年6月12日付で通過したことが公開されていました。認証番号は「FI-55624」。

このうちの「23076RN8DY」はタイの電波関連の認証を管理・運営するNBTC(National Broadcasting and Telecommunications Commission)において製品名が「Redmi 12 5G」となることが示されており、Redmi 12 5Gは中国では「Redmi Note 12R」として展開されている製品のグローバル向けとしてすでにインドなどで販売されています。

また型番規則からXiaomiの製品は末尾「R」が日本向けとなるため、Qualcomm製の最新エントリー向けチップセット(SoC)「Snapdragon 4 Gen 2 Mobile Platform」を搭載したRedmi 12 5GやRedmi Note 12Rに相当する製品を日本へ投入する準備を進めていると考えられます。

さらにXIG03は型番規則からKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」向けとなるため、同様の製品がauなどからも発売されることになると見られ、そうなると日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応するなどのかなりのカスタマイズが行われる可能性が高いのではないかと推測されます。

そのため、製品名もグローバル向けのRedmi 12 5Gのまま発売されるとは限らず、過去にauやUQ mobileからは日本独自モデルとして「Redmi Note 10 JE」が発売されていることから23076RA4BRやXIG03も「Redmi Note 12 JE」となるのではないかと予想されます。Redmi Note 10 JEはソフトウェア更新も頻繁に行われるなど、エントリーモデルとして出来が良かったのでその後継機種であればかなり期待したいところです。

続きを読む

神ジューデン第2弾?未発表の高性能スマホ「Xiaomi 13T Pro」の日本向けと見られるメーカー版とソフトバンク版「A301XM」が認証通過


次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 13T Pro」が日本でも発売へ!メーカー版「23088PND5R」とソフトバンク版「A301XM」が認証通過

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「23088PND5R」および「A301XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG-PSB-IV-09028」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、23088PND5Rはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、23088PND5RはXiaomiが公開しているソースコードから「Xiaomi 13T Pro」となる「23078PND5G」にかなり近いことからXiaomi 13T Proの派生モデルとなると予想されます。

一方、A301XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測でき、昨年に発売されたXiaomi 13T Proの前機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」の第2弾として投入されるのではないかと推測され、ともにXXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む

次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」と「Galaxy Z Flip5」がNTTドコモやauから発売へ!SC-54DやSC-55D、SCG22、SCG23が認証通過


早くも次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」と「Galaxy Z Flip5」の日本向け製品が認証通過!写真は既存のFold4・Flip4

既報通り、Samsung Electronics(以下、Samsung)は7日(現地時間)、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)を発表する新製品ベント「Samsung Galaxy Unpacked July 2023」を2023年7月末に韓国で開催すると発表しました。

イベントではフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold」シリーズと「Galaxy Z Flip」シリーズの次期製品「Galaxy Z Fold5」および「Galaxy Z Flip5」(ともに仮称)が発表されるほか、すでに紹介しているように次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9」や「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」なども発表されるのではないかと予想されます。

なお、イベントの開催日時などの詳細は後日案内されるとのことですが、恐らくこれまで通りに同社の公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどにてライブ中継も行われると思われます。一方、新たに次期フォルダブルスマホのGalaxy Z Fold5およびGalaxy Z Flip5については各種認証などを順調に通過していることが明らかとなっています。

特にIEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにてデンマークの認証機関「DEMKO」における検査をGalaxy Z Fold5およびGalaxy Z Flip5の各製品が2023年6月5日付および2023年6月1日付で通過したことが公開されており、型番規則から両製品のNTTドコモ向けやau(KDDI・沖縄セルラー電話)向けと見られる製品が認証されています。

認証情報ではGalaxy Z Fold5となる「SM-F946*」(*は任意の英数字)に「SC-55D」と「SCG22」、Galaxy Z Flip5となる「SM-F731*」(*は任意の英数字)に「SC-54D」と「SCG23」という型番が記載されており、それぞれNTTドコモ向け「Galaxy Z Fold5 SC-55D」および「Galaxy Z Flip5 SC-54D」、au向け「Galaxy Z Fold5 SCG22」、「Galaxy Z Flip5 SCG23」として今秋以降に登場すると予想されます。

また認証情報から急速充電としてGalaxy Z Fold5およびGalaxy Z Flip5は最大25W(9.0V/2.77A)の「超急速充電」に対応しており、Galaxy S23 Ultraが最大45W(10V/4.5A)の「超急速充電2.0」には対応していない模様です。その他、Galaxy Z Flip5については型番「SM-F713U」が米連邦通信委員会(FCC)の認証を通過しています。

なお、NTTドコモやau以外の販路については現時点では不明ですが、今年4月に発売された「Galaxy S23」のときにはIECEEに掲載されていた認証には当初、楽天モバイル版「Galaxy S23(型番:SM-S911C)」は記載されていなかったため、Galaxy Z Fold5やGalaxy Z Flip5についても楽天モバイル版を含めて他に販売される可能性はないわけではありません。

続きを読む

エイスースの小型高性能な次期スマホ「Zenfone 10」のプレス画像がリーク!本体カラーは5色展開に。発表会は日本時間6月29日22時から


次期フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 10」はブラックやホワイト、ブルー、レッド、グリーンの5色展開!

既報通り、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は8日(現地時間)、同社が展開する「Zenfone」ブランドにおける次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 10」をグローバル向け発表会「ASUS Zenfone 10 Launch Event | ALL ON HAND」を現地時間(EDT)の2023年6月29日(木)9:00より開催します。日本時間(JST)では6月29日(木)22:00からで、発表会の模様はインターネット経由によって同社の公式YouTubeチャンネルなどにてライブ配信されるとのこと。

また合わせてティザーWebページを公開し、前機種「Zenfone 9」続いて5.9インチサイズの小型機になることに加え、チップセット(SoC)にはQualcomm製「Snadpragon 8 Gen 2」を搭載することに加え、新たにワイヤレス充電に対応するほか、カラーバリエーションとして5色がラインナップされるとしてそのカラーイメージが表現されるショートムービーが掲載されています。

一方、新たにさまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏が自身のTwitterアカウント( @evleaks )にてZenfone 10のプレス画像をリークしており、より詳細な外観デザインやカラーバリエーションが明らかとなり、外観デザインはZenfone 9にかなり酷似し、カラーバリエーションはティザーWebページで予告されていたようにブルー、グリーン、レッド、ブラック、ホワイトの5色となるようです。

またIEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにてフィンランドの各種の分野における第3者認証機関「TÜV SÜD(テュフズード)」の検査をASUSTeK Computer(以下、ASUS)の未発表な製品「ASUS_AI2302」および「ASUS_AI2302_xxxx」が2023年5月29日付で通過したことが公開されています。認証番号は「SG PSB-IV-08796」。

型番「AI2302」はZenfone 10であることが各種認証情報から推察できており、今回、AI2302のTÜV SÜDによる認証から急速充電はZenfone 9と同じ最大30W(3A・10V)であることが判明しました。なお、Zenfone 9ではUSB PD 3.0およびQuick Charge 4.0に対応し、バッテリー容量は4300mAhとなっています。

続きを読む

Samsungの次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9 Ultra」と「Galaxy Tab S9+」がFCC通過!Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy搭載


次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9+・S9 Ultra」が投入へ!写真はTab S8 Ultra

米連邦通信委員会(FCC)は8日(現地時間)、Samsung Electronic(以下、Samsung)の未発表なタブレット「SM-X910」および「SM-X810」が2023年5月19日(金)より認証を順次取得していることを公開しています。FCC IDはSM-X910が「A3LSMX910」、SM-X810が「A3LSMX810」。

SM-X910およびSM-X810はともに海外を含めて現時点では未発表な製品ですが、型番規則から次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9」シリーズだと予想され、SM-X910が「Galaxy Tab S9 Ultra」のWi-Fi版、SM-X810が「Galaxy Tab S9+」のWi-Fi版となると見られます。

またSM-X910およびSM-X810の携帯電話サービスに対応した製品と見られる「SM-X916B」や「SM-X816B」などがベンチマークアプリ「Geekbench」のVersion 6(v6)のCPUやComputeに測定結果が掲載されており、SM-前後、マルチコアが5300〜5500程度、Computeが9500前後となっています。

またMotherboardが「kalama」となっていて最大クロック数が3.36GHzとなっているため、チップセット(SoC)がQualcomm製「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy(型番:SM8550-AC)」を搭載していることが示されているほか、SM-X916Bは内蔵メモリー(RAM)が12GBと8GB、SM-X816Bは12GBのモデルが少なくとも存在するようです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。