S-MAX

KDDIエンジニアリング

KDDI、災害時の停電対策を強化する亜鉛二次電池活用の基地局実証を開始!容量2倍&重量半分で省スペース&長時間稼働のより災害に強い基地局をめざす


KDDIおよびKDDIエンジニアリングが基地局の非常用電源に亜鉛二次電池活用実証!写真は単電池とモジュール電池

KDDIとKDDIエンジニアリングは11日、日本ガイシで開発中の亜鉛二次電池を携帯電話ネットワークにおける基地局のバックアップ電源設備に用いる実証試験を2024年4月から開始したと発表しています。これにより、亜鉛二次電池は多くの基地局で用いている鉛蓄電池と比較して約50%軽量なため設置できる場所が増やせるとともに同じ大きさで2倍の容量があるため、基地局の稼働時間を長時間化して最長72時間まで伸ばすことが可能になるとのこと。

実証では全体で1000Ah(100万mAh)の亜鉛二次電池を用い、亜鉛二次電池の収容箱を基地局に接続して行い、亜鉛二次電池をバックアップ電源設備に用いた基地局を実環境で1年間運用して四季の温湿度環境の変化を通じた動作確認のほか、停電試験などを行う予定だとしています。

なお、KDDIは実証試験場所の提供など、KDDIエンジニアリングは亜鉛二次電池の基地局接続に関わる技術支援など、日本ガイシは亜鉛二次電池の開発・提供、電池設置工事、実証試験の運営などを担当し、KDDIとKDDIエンジニアリングはこの実証を通じて亜鉛二次電池の実用性を検証して災害時にもつながる安心を広いエリアで提供できるように信頼性の高い社会通信インフラの確立に貢献していくとしています。

続きを読む

KDDI、衛星通信サービス「Starlink」をバックホール回線に利用する災害時など向け携帯電話用車載・可搬基地局を今春以降に全国に順次導入


KDDIがStarlinkを活用した車載・可搬型基地局を導入!

KDDIおよびKDDIエンジニアリングは2日、衛星ブロードバンドサービス「Starlink」をバックホール回線として利用する携帯電話サービス「au」など向け車載型基地局と可搬型基地局を2023年春以降より全国に順次導入すると発表しています。

これにより、地震や台風などによる自然災害が発生した際に通信の圏外地域に対して本基地局を展開することで迅速に通信を復旧し、災害時においてもau回線における高速・低遅延な通信の提供をめざすほか、利用者や復旧作業に携わる人への安心・安全な環境作りを実現していくとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。