S-MAX

MateS

ファーウェイの高級感もある新フラグシップスマホ「HUAWEI Mate S」とアップル「iPhone 6s」のカメラを比較してみた【レビュー】

HUAWEI Mate SとiPhone 6sのカメラを比較!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月4日に発売されたSIMフリーのフラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)。

今年9月に発表されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のフラッグシップモデルで、特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載。

また、ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz 4コア+A53 1.5GHz 4コア)のHisilicon製「Kirin 935」を搭載しており、こちらは前回ベンチマークテストを行っている。

今回は光学式手ブレ補正を搭載する1300万画素RGBWイメージセンサーを搭載するMate Sのカメラ機能をアップルの「iPhone 6s」と比較してみたいと思う。


続きを読む

ファーウェイの新フラグシップの実力は?!SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」のベンチマークテストをしてみた【レビュー】

HUAWEI Mate Sの実力は?!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月4日に発売されたSIMフリーのフラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)。

今年9月に発表されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のフラッグシップモデルで、特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載している。

また、ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz 4コア+A53 1.5GHz 4コア)のHisilicon製「Kirin 935」を搭載する。

そこで、今回はオクタコアCPUの実力を知るべく「AnTuTu Benchmark V5.7.1」や「3DMark Ice Strom Unlimited」、「Geekbench 3」といったベンチマークアプリを用いてその性能を数値で見てみたいと思う。

続きを読む

プレゼントにも最適!?高級感たっぷりの新フラグシップスマホ「HUAWEI Mate S」のパッケージや外観をじっくりチェック【レビュー】

5.5インチのフラグシップスマホHUAWEI Mate Sが発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月4日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)。Mate Sは、今年9月にドイツ・ベルリンで開催された家電関連展示会「IFA 2015」にて発表されたHuawei Technologiesのフラッグシップモデルだ。

特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載しているほか、ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)のHisilicon Kirin 935を搭載したハイスペックな仕様になっている。

ファーウェイ・ジャパンより実機を貸し出してもらったので、これから数回に渡ってMate Sのレビューを行っていく。今回はパッケージの内容(※海外モデルのため一部の同梱品に違いあり)と外観を紹介していく。

続きを読む

手に馴染むスリムボディー!約8万円と強気な価格設定のSIMフリーフラグシップスマホ「HUAWEI Mate S」を写真と動画で紹介【レポート】

HUAWEI Mate Sの外観レポート

既報通り、ファーウェイ・ジャパンは26日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン 新製品発表会」を開催し、革新的なタッチ機能を搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)搭載の新フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)を12月4日に発売することを発表した。

Mate Sは、今年9月にドイツ・ベルリンで開催された家電関連展示会「IFA 2015」にて発表されたHuawei Technologiesのフラッグシップモデルだ。特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載している。ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)のHisilicon Kirin 935を搭載する。

前回の発表会のプレゼンテーションに続いて、今回はタッチ&トライ会場でMate Sを試すことができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

約8万円のSIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」とはどんな製品なのか?発表会で明かされた機能を紹介【レポート】

ファーウェイ・ジャパンのフラグシップスマホ「Mate S」を紹介!

既報通り、ファーウェイ・ジャパンは26日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン 新製品発表会」を開催し、革新的なタッチ機能を搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)搭載の新フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)を12月4日に発売することを発表した。

Mate Sは、今年9月にドイツ・ベルリンで開催された家電関連展示会「IFA 2015」にて発表されたHuawei Technologiesのフラッグシップモデルだ。特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載している。ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)のHisilicon Kirin 935を搭載する。

発表された販売価格は79,800円(税別)で、SIMフリースマホのなかでも高価な部類となる。今回はこのフラグシップスマホMate Sとはどんな端末なのか、発表会のプレゼンテーションをもとにその機能を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。