S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモ、5G対応エントリースマホ「AQUOS wish3 SH-53D」を大幅値下げで2万2000円に!Pixel 7aやdtab d-51Cなども最大1万9800円割引


docomo向けスマホ「AQUOS wish3 SH-53D」が値下げで一括2.2万円に!

NTTドコモは8日、同社が昨年8月に発売した5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「AQUOS wish3 SH-53D」(Sharp製)の価格(金額はすべて税込)について公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店にて2024年4月9日(火)に改定するとお知らせしています。

これにより、AQUOS wish3 SH-53Dの価格はこれまで37,863円(957円/月×23回+15,840円)でしたが、15,863円値下げされて22,000円となるとのこと。またドコモオンラインショップではキャンペーン「オンラインおトク割」の対象機種に「Xperia 1 IV SO-51C」(Sony製)を4月9日より追加して機種変更および契約変更の場合に11,000円割引とするほか、キャンペーン「オンライン限定 機種購入割引」の対象機種に「Pixel 7a」(Google製)や「dtab d-51C」(Sharp製)および「dtab Compact d-52C」(Lenovo製)を追加して機種変更および契約変更の場合にPixel 7aでは4,400円割引、dtab d-51Cとdtab Compact d-52Cでは19,800円割引などとするとしています。

続きを読む

Xperiaリペアコーナーがドコモショップ恵比寿店に4月15日オープン!Xperia初のデータ初期化不要&最短60分で完了する店頭即時修理が可能に


ドコモショップ恵比寿に初の「Xperiaリペアコーナー」が4月15日に開設!

NTTドコモは5日、同社が販売するSonyの「Xperia」ブランドにおける一部機種についてデータ初期化不要かつ最短60分で完了する店頭即時修理サービスを提供する「Xperiaリペアコーナー」をドコモショップ恵比寿店に2024年4月15日(月)より開設するとお知らせしています。なお、定休日はドコモショップの営業体制とは異なり、毎週火曜・水曜とのこと。

対応機種はサービス開示点では「Xperia Ace II SO-41B」および「Xperia 10 III SO-52B」、「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」、「Xperia 10 V SO-52D」となっており、Xperia 1シリーズやXperia 5シリーズは含まれず、NTTドコモの正規店にて購入した製品が修理対象となります。

なお、来店の際にはドコモショップの公式Webページにて来店予約が可能で、各店舗予約Webページの「Xperia限定 店頭修理」より予約するようになっています。ただし、予約をした場合でも部品の在庫確保を約束するものではなく、各店舗の修理部品在庫状況によって修理の対応できない場合があるということなのでご注意ください。また来店時に修理依頼品と本人確認書類を持参する必要があります。

続きを読む

NTTドコモ、一部の5G SA契約者が携帯電話サービス(音声通話・データ通信)を4月3日1時6分より利用できない・しづらい状況!復旧済み


NTTドコモの携帯電話サービスを一部の人が通信障害で利用できない・しづらい状況に!

NTTドコモは3日、同社の携帯電話サービス(音声通話・データ通信)を利用者によっては利用できないまたは利用しづらい状況が2024年4月3日(水)に発生しているとお知らせしています。影響エリアは全国で、当初は発生時刻は確認中とし、対象サービスは同社の回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)を含め、緊急通報も利用者によっては利用できないまたは利用しづらい状況となっていると案内していました。

その後、発生時刻は同日1時6分頃とし、障害内容を再度確認して対象サービスも「5G(第5世代移動通信システム)」のスタンドアローン方式(以下、5G SA)における一部の利用者が音声通話およびデータ通信を利用できないまたは利用しづらい状況となっているとのことで、5Gのノンスタンドアローン方式(以下、5G NSA)や4G、3Gについては影響がないほか、緊急通報にも影響がなく、MVNOについても影響がないと修正しました。

さらに復旧へ向け作業中だとして利用者には大変迷惑をかけているとして謝罪していましたが、同日2時5分に復旧したことがアナウンスされ、原因は調査中となっているものの、対処・措置は完了しているため、現在でも利用しづらい場合は携帯電話の再起動か機内モードON/OFFを試すように案内しています。

続きを読む

NTTドコモがフィッシング詐欺被害の拡大を防ぐ「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」を7月下旬より提供!無料&申込不要で自動で適用


NTTドコモが「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」を7月上旬より提供!

NTTドコモは28日、ショートメッセージサービス(以下、SMS)を悪用したフィッシング詐欺への対策を目的に危険なWebページのURLなどが含まれるSMSを送信している送信元回線に注意喚起を送る「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」を2024年7月上旬(予定)から提供すると発表しています。

この機能では不正なコンテンツなどをインストールするよう誘導したり、個人情報を盗み出そうとするWebページへ誘導したりするSMSの送信をNTTドコモが検知した際に利用者の意図しない送信行為が行われた可能性があるという注意喚起を送信するとのこと。

また注意喚起では利用者がSMS通信料の確認をするとともに、身に覚えのないアプリがインストールされていないかの確認や削除の案内を実施します。なお、意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせを提供開始後、申込不要で自動で適用され、無料で利用できるようになっています。



続きを読む

NTTドコモ、フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip5 SC-54D」を2万2000円値下げで13万8820円!さらに最大2万2000円割引や返却で5万5440円免除


docomo向けフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip5 SC-54D」が値下げ!

NTTドコモは28日、同社が昨年9月に発売した5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip5 SC-54D」(Samsung Electronics製)について公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を2024年3月29日(金)より改定するとお知らせしています。

価格は160,820円(3,548円/月×23回+79,200円)から138,820円(3,625円/月×23回+55,440円)へと値下げとなり、さらに3月29日から「5G WELCOME割」によって他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引、新規契約で購入時に利用者が22歳以下の場合または料金プラン「eximo」を契約の場合にdポイントで20,000ポイント還元となるとのこと。これにより、残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」を利用した場合の実質負担額は61,380円からとなっています。

またドコモオンラインショップでは「オンラインおトク割」の対象に機種変更および契約変更にて「iPhone 15 Pro」(128GB、256GB)や「iPhone 15 Plus」(128GB、256GB)、「Pixel 7a」を3月29日より追加してiPhone 15 ProとiPhone 15 Plusは22,000円割引、Pixel 7aは4,400円割引とするほか、iPhone 15 Pro(128GB、256GB)は新規契約では購入時に利用者が22歳以下の場合またはeximoを契約の場合に20,000ポイント還元、MNPでは33,000円割引となっています。

さらに5G WELCOME割もGalaxy Z Flip5 SC-54D以外に「iPhone 14 Pro Max」(128GB)がMNPで22,000円割引、新規契約で20,000ポイント還元、「AQUOS wish3 SH-53D」がMNPで18,700円割引、新規契約で購入時に利用者が22歳以下の場合またはeximoを契約の場合に10,000ポイント還元となっています。その他にも各施策に変更があるので詳細は公式Webページをご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。