S-MAX

OPPO

SoftBank向けスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」が8万640円から3万1824円にに大幅値下げ!最大2万1984円割引や返却なら9816円免除で実質24円から


ソフトバンクがOPPO Reno10 Pro 5Gを約5万円値下げ!単体購入でも31,824円に

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向けに販売しているミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」(OPPO Mobile Telecommunications製)の公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を改定して大幅に値下げしています。

OPPO Reno10 Pro 5G A302OPは昨年10月に発売され、発売時の価格は80,640円でしたが、今回、改定後の価格は31,824円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:409円/月)と48,816円も値下げされており、販売施策「新トクするサポート」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残債が免除されて実施負担額917円/月×24回(総額22,008円)となっています。

さらにソフトバンクオンラインショップなどではキャンペーン「オンラインショップ割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,984円割引となるため、MNPなら実施負担額1円/月×24回(総額24円)で購入できるようになっています。なお、ソフトバンクオンラインショップでは各種手数料は無料で、単体購入する場合には本人確認書類の提出が必要となっています。

続きを読む

FeliCa対応の新スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」が発表!メーカー版「CPH2541」とSoftBank版「A302OP」が10月6日より順次発売で予約開始


5G対応ミッドハイスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は28日、都内にて「OPPO 2023 新製品発表会」を開催し、5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応した新しいミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(オッポ リノテン プロ ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。

OPPO Reno10 Pro 5Gはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」が同社の直営の公式Webストア「OPPO 公式オンラインショップ」や「OPPO 公式楽天市場店」、「OPPO 公式Yahoo!ショッピング店」に加え、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて販売されるほか、さらに移動体通信事業者(MNO)ではソフトバンクが提供する携帯電話サービス「SoftBank」から「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」も販売されます。

発表時点におけるメーカー版の販路は公式Webストア以外のECサイトではAmazon.co.jpおよびECカレント、ひかりTVショッピング、量販店ではエディオおよびケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、MVNOではIIJmioおよびmineoとなっており、発売日は2023年10月6日(木)より順次で、発売に先立って9月28日(木)14時より予約受付が開始され、価格(金額はすべて税込)は確認中です。

またOPPO Reno10 Pro 5Gを購入の上、2024年7月31日(水)23:59までにキャンペーンに申し込んだ場合に動画配信サービス「YouTube Premium」を3カ月無料で利用できる「YouTube Premium 初回3ヶ月無料キャンペーン」( https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/oppo-partnership-with-youtube/ )を実施するとのこと。申込はYouTube PremiumまたはYouTube Music Premium、YouTube Red、Google Play Musicのいずれかの定期購入や無料お試しを行ったことがない場合が対象となります。

続きを読む

オウガ・ジャパンが9月28日にワンダフルなことを起こすと予告!ディザーを公開。80Wの超急速充電対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」を発表か


オウガ・ジャパンが9月28日に何かを予告!超急速充電対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」を発表か

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は20日、同社が展開する「OPPO」ブランドの公式X(旧:Twitter)アカウント( @OPPOJapan )においてティザーを投稿して2023年9月28日(木)に「ワンダフルなこと、起こしたい」として何かしらの予告を行っています。投稿には「OPPOが考えるスマホのワンダフル」として添えられた画像にOPPOスマホの充電時の画面のイメージとともに薄っすらとその背景にスマホの影が写っています。

既報通り、同社では日本向けの非接触IC機能「NFC(Type F/FeliCa含む)」に関する「誘導式読み書き設備」の認証を未発表製品「CPH2541」および「A302OP」について取得していることが総務省の「高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示」おける「型式指定の型式名・指定番号・製造業者等の氏名又は名称の公示」にて明らかとなっています。

またすでに紹介しているようにこれらのCPH2541およびA302OPについてはGoogleがAndroid向けアプリやゲーム、動画、電子書籍などのコンテンツを配信するマーケット「Google Play ストア」に対応する製品を掲載している「Supported devices - Google Play Help - Google Support」においてこれらのCPH2541およびA302OPがすでに海外向けに発表されているミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」であることがグローバル向けモデル「CPH2525」とともに記載されています。

これにより、日本にてOPPO Reno10 Pro 5Gがオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」とソフトバンク版(携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向け)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」として発売されることが予想されています。

さらにOPPO Reno10 Pro 5Gの特長として最大80Wの超急速充電「SuperVOOC」に対応しており、ソフトバンクでは超急速充電に対応したスマホを「神ジューデン」として訴求するプロモーションを行っており、今回のティザー画像から推測すると、日本向けにOPPO Reno10 Pro 5Gが9月28日に発表されるのではないかと考えられます。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアにて5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno9 A」が値下げ!単体購入で2万6640円、MNPなら4980円などに


Y!mobileにて5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno9 A」が値下げ!

ソフトバンクは8日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」において5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno9 A(型番:A301OP)」(OPPO Mobile Telecommunications製)の価格(金額はすべて税込)を2023年9月8日(金)より改定したとお知らせしています。

これまでソフトバンクではOPPO Reno9 A A301OPをワイモバイルオンラインストアなどの直営店では本体価格41,400円(分割なら1,725円/月×24回または1,150円/月×36回)で、新規契約および他社から乗り換え(MNP)でシンプルM・Lなら21,600円割引の19,800円、シンプルSなら18,000円割引の23,400円、機種変更や単体購入なら4,320円割引の37,080円となっていました。

これが今回、各購入方法における端末値引によって14,760円の割引が追加されて値下げされており、販売価格は他社から乗り換え(MNP)でシンプルM・Lならの4,980円、シンプルSなら8,640円、新規契約でシンプルM・Lならの18,360円、シンプルSなら14,760円、機種変更なら22,320円、携帯電話サービス「SoftBank」や「LINEMO」などからの番号移行および単体購入なら26,640円となっています。なお、ワイモバイルオンラインストアでは事務手数料や送料は無料です。

続きを読む

Snapdragon 778G搭載スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」が日本で発売へ!日本向け認証を取得済みの「CPH2541」と「A302OP」の製品名が判明


ミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」が日本のオープン市場向けとソフトバンク向けとして発売へ!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧、オッポジャパン)が未発表製品「CPH2541」および「A302OP」について日本向けの非接触IC機能「NFC(Type F/FeliCa含む)」に関する「誘導式読み書き設備」の認証を取得していることが総務省の「高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示」おける「型式指定の型式名・指定番号・製造業者等の氏名又は名称の公示」にて明らかとなっています。

当初はCPH2541が一部で海外で発表されているエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A78 5G」としてグローバル向け型番「CPH2483」と並列して記載されていることがあったため、OPPO A78 5G(またはその同等製品として「OPPO A58 5G」)の日本向け製品になるのではないかと予想されていました。

一方、GoogleがAndroid向けアプリやゲーム、動画、電子書籍などのコンテンツを配信するマーケット「Google Play ストア」に対応する製品を掲載している「Supported devices - Google Play Help - Google Support」においてこれらのCPH2541およびA302OPがすでに海外向けに発表されているミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」であることがグローバル向けモデル「CPH2525」とともに記載されています。

これにより、日本でもOPPO Reno10 Pro 5Gがオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」とソフトバンク版(携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向け)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」として発売されることになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。