S-MAX

OPPOA54

KDDI、au向けエントリースマホ「OPPO A54 5G OPG02」を6月4日に発売!価格は2万8765円の実質2万2885円。機種変更なら5500円OFF


auスマホ「OPPO A54 5G OPG02」が6月4日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は31日、携帯電話サービス「au」向け5Gに対応しながらも価格を抑えたエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A54 5G OPG02」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2021年6月4日(金)に発売すると発表しています。発売に先立ってすでに各販売拠点で事前予約受付を実施しています。

販路はauショップや量販店などのau取扱店の店頭および公式Webストア「au Online Shop」などで、価格(金額はすべて税込)は28,765円で、機種変更では「5G機種変更おトク割」の対象で5,500円が割り引かれ、24回払いの残価方式「かえトクプログラム」の対象で適用時の実質負担額は995円/月×23回(総額22,885円)となっています。

またau Online Shopお得割で新規契約なら11,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円OFFとなります。その他、au公式アクセサリー「au +1 collection」からはより安心して使える「抗菌耐衝撃ハイブリッドカバー/クリア」や実用的なカードポケットと便利なスタンド機能付きの「ブックタイプケース」などの機能的なアクセサリーを順次発売されるということです。

続きを読む

オウガ・ジャパン、スタンダードスマホ「OPPO A54 5G」のSIMフリーモデル「CPH2303」を6月下旬に発売!価格は3万1800円


5G対応のSIMフリースマホ「OPPO A54 5G CPH2303」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は25日、都内にて「OPPO 2021 新製品・新CM発表会」を開催し、5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO A54 5G」(OPPO Mobile Telecommunications製)のSIMフリーモデル(型番:CPH2303)を日本にて2021年6月下旬以降に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式PayPayモール店やOPPO公式楽天市場店といった公式Webストアでは31,800円(税込)となっており、発売に先立って2021年6月15日(火)から予約販売を開始します。

またSIMフリーモデルは他にもエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピング、IIJmio、QT mobile、goo Simseller、BIGLOBEモバイル、FiiMo、LinksMateなどの量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)にて販売されます。

なお、この他にすでに発表されているようにキャリアモデルとして携帯電話サービス「au」から「OPPO A54 5G(型番:OPG02)」が5月下旬以降に発売されます。auにおけるOPPO A54 5G OPG02はすでに予約が開始されていますが、価格は未定となっています。

またauにて販売されるキャリアモデルとSIMフリーモデルの主な違いはキャリアモデルではシングルSIMですが、SIMフリーモデルはデュアルSIMに対応し、nanoSIMカード(4FF)のスロットが2つ搭載され、さらに別にmicroSDカードスロットも搭載したトリプルスロットとなっています。

続きを読む

未発表のOPPO製5Gスマホ「CPH2303」が技適を取得!OPPO A54 5GやOPPO A74 5Gと同等・類似製品がSIMフリーで発売か


未発表のOPPO製5Gスマホ「CPH2303」が技適を通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製スマートフォン(スマホ)「CPH2303」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年3月1日付け(認証番号:018-210071)で認証技術支援センターによって取得しています。

CPH2303はグローバルでも未発表の製品で、Bluetooth SIGにて3月28日付ですでに発表されているau向けスマホ「OPPO A54 5G(型番:OPG02)」や「OPPO A74 5G(型番:CPH2195およびCPH2197)」などとともに認証を取得しており(Declaration ID:D052756)、ともにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 480 5G Mobile Platform」を搭載しているため、同等または類似の製品になるのではないかと予想されます。

なお、Bluetooth SIGでは「OPPO Reno5 4G(型番:CPH2159)」も同じモジュールで認証されていますが、CPH2303やCPH2195、CPH2197、OPG02がともにディスプレイが液晶(LCD)かつ5G対応であるのに対し、CPH2159は有機EL(OLED)で4Gまでとなっているため、恐らくCPH2303はOPPO A54 5GやOPPO A74 5G寄りなのだと思われます。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話ではOPPO A54 5Gが日本国内の通信事業者としてはau限定だとしていますが、最近では「motorola razr 5G」が同じように日本国内の通信事業者としてはSoftBank限定だとしていながらモトローラ・モビリティ・ジャパンなどがSIMフリーモデルを販売しているため、OPPO A54 5GのSIMフリーモデルという可能性もなくはなさそうです。

一方でOPPOでは過去にau向け「OPPO Find X2 Pro(型番:OPG01)」とメーカー型番の「CPH2025」としても技適を通しており、仮にOPPO A54 5Gのメーカー型番がCPH2303であった場合にはCPH2025がSIMフリーモデルとして販売されなかったようにCPH2303も販売されない可能性も否定できません。どちらにしても発売されるとすれば、メーカー型番なのでSIMフリーモデルとなるでしょう。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「OPPO A54 5G OPG02」を発表!5月下旬以降発売。Snapdragon 480や1億800万画素相当撮影機能など


auスマホ「OPPO A54 5G OPG02」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は15日、携帯電話サービス「au」向けに新たに5Gに対応しながらも価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO A54 5G OPG02」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。なお、日本ではau限定販売とのこと。

発売時期は2021年5月下旬以降を予定し、販路はauショップや量販店などのau取扱店の店頭および公式Webストア「au Online Shop」などで、価格は現時点では未定とのこと。後日、事前予約受付も実施され、価格も案内される予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。