S-MAX

OPPOJapan

SIMフリースマホ「OPPO A73」が2万4800円に値下げ!ヨドバシカメラやAmazonなどではポイント還元で実質2万2320円に


SIMフリースマホ「OPPO A73」が値下げ!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が昨年11月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)が量販店やECサイトなどにて値下げされています。

これまで価格は(金額はすべて税込)オープンながら希望小売価格30,800円となっており、ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店では同じ価格となっていましたが、これが24,800円と6,000円値下げされており、ヨドバシカメラやビックカメラでは10%(2,480ポイント)還元となっているため、実質22,320円となっています。

また大手Webストア「Amazon.co.jp」でもこれに合わせて22,545円に値下げされており、1%(225ポイント)還元で同様に実質22,320円となっています。なお、現時点では同社の公式Webストアである「OPPO公式楽天市場店」および「OPPO公式PayPayモール店」では30,800円のままです。

続きを読む

実売2万円台の低価格なSIMフリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能を紹介!4眼で多様なシーンにて手軽に綺麗な写真が撮影可能【レビュー】


高コスパなエントリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)はOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製の最新スマートフォン(スマホ)「OPPO A73(オッポ・エーナナサン)」(型番:CPH2099)を日本でSIMフリーにて2020年11月20日(金)から順次販売している。そんなOPPO A73をオウガ・ジャパンからお借りし、前回のレビューに続いて今回はカメラ機能のレビューをしていく。

なお、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式の楽天市場店やPayPayモール店では30,800円となっている。一方、記事を執筆している2021年1月3日時点では大手Webストア「Amazon.co.jp」においてネービー ブルーが25,910円、ダイナミック オレンジが25,989円と2万円台半ばで販売されている。

取扱店としては上記のほか、ECサイトではひかりTVショッピング、量販店ではエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、通信事業者では移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルをはじめ、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateで取り扱われている。

続きを読む

2万円台半ばと低価格なSIMフリースマホ「OPPO A73」の外観や同梱品、基本機能など紹介!6.44インチのスタイリッシュモデル【レビュー】


実売2万円半ばの高コスパなエントリースマホ「OPPO A73」をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は日本市場向けにOPPO Mobile Telecommunications製の低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(オッポ・エーナナサン)」(型番:CPH2099)を2020年11月20日(金)から順次発売した。

メーカー希望小売価格(金額はすべて税込)は30,800円で、2021年1月2日時点ではOPPOの公式楽天市場店やPayPayモール店ではこの価格で販売されており、大手Webストア「Amazon.co.jp」においてはネービー ブルーが25,910円、ダイナミック オレンジが25,989円と2万円台中盤の価格で販売されている。

なお、取扱店としてはエディオンおよび上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOOといった量販店のほか、ECサイトのAmazon、ひかりTVショッピング、OPPO公式楽天市場店、OPPO公式PayPayモール店でも販売している。

また通信事業者では移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルをはじめ、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateでも取り扱われている。

今回、そんなOPPO A73をオウガ・ジャパンからお借りしたので、まずは外観や同梱品、基本的な仕様や特徴的な機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

UQ mobile、スタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」を値下げして1万5840円からに!大感謝キャンペーンで5千円キャッシュバックも


UQ mobileにてスタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」が値下げ!

KDDIは11日、携帯電話サービス「UQ mobile」における公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」において今年6月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を値下げしたとお知らせしています。

これまでは本体価格35,640円(金額はすべて税込)の「オトク割」によって11,880円割引の23,760円からとなっていましたが、オトク割の割引額が増額され、他社から乗り換え(MNP)では19,800円割引の15,840円、新規契約では11,880円割引の23,760円、機種変更では7,920円割引の27,720円となっています。

またメーカーの日本法人であるオウガ・ジャパン(旧、オッポジャパン)では2020年12月31日(木)までUQ mobileのOPPO Reno3 Aを購入してキャンペーンWebページ( https://www.oppojapan.com/opporeno3a_daikansha_campaign/ )にて応募した場合にau PAY残高へ5,000円(非課税)をキャッシュバックする「OPPO Reno3 A 大感謝キャンペーン」を実施しています。

その他、UQ mobileオンラインショップでは2020年12月11日(金)19:00~2021年1月4日(月)18:00まで「UQ mobile 年末年始感謝キャンペーン」( https://shop.uqmobile.jp/signup/mobilecampaign/aucertified/xmas/ )を実施し、au Certified(認定中古品)の「iPhone 8」を購入した場合に「CASH POST」によって5,000円(非課税)をキャッシュバックするということです。

続きを読む

SIMフリースマホ「OPPO A73」が発表!11月20日より順次発売、11月10日15時予約開始、価格は3万800円。6.44型FHD+有機ELやS662、eSIMなど


SIMフリースマホ「OPPO A73 CPH2099」が日本で11月20日より順次発売!価格は約3万円

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は10日、新たな4G対応のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて発売すると発表しています。発売日は2020年11月20日(金)以降順次となっており、本日11月10日(火)15時より予約受付を実施します。

価格はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式楽天市場店・公式PayPayモール店では30,800円(税込)となっており、販路は量販店・ECサイトではエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピングで販売されます。

また仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateが取り扱うとのことで、MVNOにおける価格は各社から別途案内がある予定です。

さらに移動体通信事業者(MNO)では「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )が取り扱いを発表しており、オンラインでは2020年12月1日(火)午前9時より販売開始し、全国の楽天モバイルショップ店舗でも12月1日の開店時に発売されます。なお、楽天モバイルにおける価格は現時点では未定だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。