S-MAX

OPPOJapan

オウガ・ジャパンが次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」を6月20日に発表へ!公式Twitterアカウントにて予告。67W急速充電などに対応


次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が6月20日に発表へ!ティザー画像が投稿

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が一部のメディア向けに「OPPO Reno Aシリーズ 最新機種」予告カードを送付して近く次期スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 A」を発表すると案内しています。予告カードは新製品のスペック・特徴などにまつわる英数字を散りばめたカードとなっており、合わせてハッシュタグ「#RenoA止まらない進化」と次期製品への思いが記載されていました。

またすでに紹介しているようにOPPO Reno11 Aは海外で発表されている「OPPO Reno11 F 5G」がベースとなっていることが明らかとなっており、これらの英数字は11Aが「OPPO Reno11 A」、67が67W急速充電、7050がチップセット(SoC)のMediaTek製「Dimensity 7050(型番:MT6877TT)」、64がリアカメラのメインカメラの約6400万画素CMOS、4Kが4K動画撮影、5000が5000mAhバッテリー、7.6が薄さ7.6mmあたりを示していると考えられます。

一方、同社は7日、公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )にて「#RenoA止まらない進化」とともに予告カードにもあった67という数字に加えて「2024.06.20」と書かれたティザー画像を投稿し、OPPO Reno11 Aを2024年6月20日(木)に発表することを示唆しています。なお、過去の例から発表後7〜10日くらいには発売されているケースが多いため、発売日は2024年6月27日(木)あたりとなりそうです。正式発表が楽しみですね!

続きを読む

未発表のエントリースマホ「OPPO A3 5G」が日本で発売へ!Google Play対応端末にソフトバンク版「A402OP」とメーカー版「CPH2639」が追加


5G対応エントリースマホ「OPPO A3 5G」が日本で発売へ!画像は中国向けOPPO A3 Pro

Googleは30日(現地時間)、同社が提供しているAndroid向けコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」を利用できるかどうかを確認できる『Supported devices - Google Play Help - Google Support』にOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製スマートフォン(スマホ)「OPPO A3 5G」として未発表型番「A402OP」および「CPH2639」(ともに開発コード名:OP5B05L1)を掲載しています。

型番規則からA402OPはソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」)向けだと推察されるため、日本市場にてOPPO A3 5Gを発売する準備を進めていることが明らかになりました。なお、OPPO A3 5Gは現時点では海外でも未発表なので詳細は不明ですが、CPH2639は「OPPO A3 Pro 5G」や「OPPO A80 5G」としても展開されるとされており、中国向けにはすでに「OPPO A3 Pro 5G(型番:PJY110)」が発表されています。

またこれまでの製品展開からソフトバンク向け「OPPO A3 5G(型番:A402OP)」とともにOPPOの日本法人であるオウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)から日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)として「OPPO A3 5G(型番:CPH2639)」も合わせて投入されると予想されます。

なお、OPPO A3 Pro 5G PJY110はBluetooth SIGにて認証を通過しており、現在販売されている「OPPO A79 5G」(メーカー版「CPH2557」およびソフトバンク版「A303OP」)と同じモジュールを使っているようなので、OPPO A80 5Gとしても展開されることもあり、OPPO A3 5Gが実質的にOPPO A79 5Gの後継機種になるのではないかと考えらます。

続きを読む

オウガ・ジャパンが「OPPO Reno Aシリーズ 最新機種」予告カードを送付!近く次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が発表へ


次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が近く登場へ!予告カードが届く

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は13日、一部のメディア向けに「OPPO Reno Aシリーズ 最新機種」予告カードを送付しています。予告カードは新製品のスペック・特徴などにまつわる英数字を散りばめたカードとなっており、「67」や「7050」、「11A」、「64」、「4K」、「5000」、「7.6」といった文字が浮かび上がるように記載されています。

また裏面には「これまでユーザーニーズに応えて進化を遂げてきたOPPO Reno Aシリーズがさらに進化して最新モデルとして登場します。発表に先立ち、OPPOファンの皆様に予告状をお送りいたします。新機種がいったいどのような進化を遂げたのか想像を膨らませながら楽しみにお待ちください。」といった文面とともにハッシュタグ「#RenoA 止まらない進化」と書かれています。

なお、すでに紹介しているように同社が展開する「OPPO」ブランドの次期スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 A」が各種認証などを通過しており、認証情報から海外ですでに発表されているミッドレンジスマホ「OPPO Reno11 F 5G」と同等製品となることが判明しており、少なくとも日本ではオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「CPH2603」とソフトバンク向け「A401OP」が投入される見込みとなっています。

そのため、これらの数字は11Aが「OPPO Reno11 A」、67が6.7インチディスプレイ、7050がチップセット(SoC)のMediaTek製「Dimensity 7050(型番:MT6877TT)」、64がリアカメラのメインカメラの約6400万画素CMOS、4Kが4K動画撮影、5000が5000mAhバッテリー、7.6が薄さ7.6mmあたりを示しているのだと思われます。正式発表が楽しみですね!

続きを読む

総務省などの認証取得済みの「A401OP」と「CPH2603」は次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」に!海外向け「OPPO Reno11 F 5G」がベース


次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が登場へ!写真は既存機種のOPPO Reno9 A

既報通り、総務省が『高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示』おいて「型式指定の型式名・指定番号・製造業者等の氏名又は名称の公示」を2024年4月4日(水)に更新して「平成29年4月17日~令和6年2月29日」を公開し、このうちの非接触IC機能「NFC(Type F/FeliCa含む)」に関する「誘導式読み書き設備」としてオウガ・ジャパンが未発表製品「A401OP」および「CPH2603」を申請したことが掲載されています。

これらの製品はさらに以前に日本オーディオ協会の登録機器にも掲載されており、型番規則からA401OPはソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」)版、CPH2603はオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)であることが推察でき、CPH2603はすでに海外にてミッドレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 F 5G」(OPPO Mobile Telecommunications製)として発表されているため、これまでは日本でOPPO Reno11 F 5Gもしくはそれと同等製品が日本で発売されると紹介していました。

今回、新たにGoogleが提供しているAndroid向けコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」を利用できるかどうかを確認できる『Supported devices - Google Play Help - Google Support』を2024年4月27日(土)付で更新し、CPH2603(開発コード名:OP5A0BL1)が「OPPO Reno11 A」や「OPPO F25 Pro 5G」としても展開されることが記載されています。

これにより、日本ではCPH2603が日本向けの独自モデルとして人気となっているスタンダードスマホ「OPPO Reno A」シリーズにおける次期製品のOPPO Reno11 Aのメーカー版として、A401OPがそのソフトバンク版として投入されることになりそうです。なお、例年通りであれば、OPPO Reno Aシリーズは初代「OPPO Reno A(型番:CPH1983)」以外は毎年6月に発売されているため、OPPO Reno11 Aについても6月頃に発売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

おサイフケータイ対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」を写真や動画で紹介!メーカー版「CPH2541」とSoftBank版「A302OP」が販売中【レポート】


ミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」をフォト&ムービーレポート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が昨年9月に5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(オッポ リノテン プロ ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表し、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」が販売されています。

オープン市場向けはオウガ・ジャパンの直営の公式Webストア「OPPO 公式オンラインショップ」や「OPPO 公式楽天市場店」、「OPPO 公式Yahoo!ショッピング店」に加え、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて販売され、SoftBank版はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながらメーカー版が希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップなどでは86,800円で、すでに多少値下げされて7万円台となっており、SoftBank版が発売当初は80,640円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:2,443円/月)でしたが、今年2月に大幅に値下げされて31,824円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:409円/月)となっています。

またSoftBankでは販売施策「新トクするサポート」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残債が免除されて実施負担額917円/月×24回(総額22,008円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップなどではキャンペーン「オンラインショップ割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,984円割引となるため、MNPなら実施負担額1円/月×24回(総額24円)で購入可能です。

その他、OPPO Reno10 Pro 5Gを購入の上、2024年7月31日(水)23:59までにキャンペーンに申し込んだ場合に動画配信サービス「YouTube Premium」を3カ月無料で利用できる「YouTube Premium 初回3ヶ月無料キャンペーン」を実施しています。ただし、申込はYouTube PremiumまたはYouTube Music Premium、YouTube Red、Google Play Musicのいずれかの定期購入や無料お試しを行ったことがない場合が対象となります。

今回はかなり遅くなりましたが、昨年9月にオウガ・ジャパンが実施した「OPPO 2023 新製品発表会」における展示会場にてOPPO Reno10 Pro 5Gの実機をタッチ&トライしたほか、その後にも製品版を手に入れて試してきたのでまずは外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。