S-MAX

Pixel6Pro

Google、Pixelスマホ・タブレットに2023年9月分のソフトウェア更新を提供開始!セキュリティー修正のみ。Android 14の正式版は後日に


Googleスマホ・タブレット「Pixel」シリーズに2023年9月分のソフトウェア更新を提供開始!

既報通り、Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」(自動車向け「Android Automotive OS」含む)やスマートウォッチ向けプラットフォーム「Wear OS」などにおける月次セキュリティーパッチの2023年9月分を告示しました。

またGoogleは18日(現地時間)、同社が開発・販売するスマホ「Pixel」ブランドのスマホやタブレットにおいて2023年9月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、更新内容はセキュリティー修正のみとなっています。

対象機種の「Pixel Tablet」および「Pixel Fold」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」では無料で実施できます。なお、2023年8月まで対象だった「Pixel 4a」はセキュリティー更新期限が終了したので配信されていません。また更新後のビルド番号は日本向け製品についてはPixel Foldのみブランチしていて「TQ3C.230901.001.A2」、それ以外はグローバル向け製品と同様にPixel Tabletが「TQ3A.230901.001.B1」、それ以外が「TQ3A.230901.001」となっており、グルーバル向け製品のPixel Foldが「TQ3C.230901.001.A1」です。

また他にブランチしている製品としてはアメリカのT-Mobileとそれらの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Google Fi向けのPixel 6およびPixel 6 Pro、Pixel 6aが「TQ3A.230901.001.C1」、Verizon WirelessとそのMVNO向けのPixel Foldが「TQ3C.230901.001.B1」、Pixel Tabletを除くそれ以外の製品が「TQ3A.230901.001.C2」となっています。なお、タイミング的には2023年9月分のソフトウェア更新は次期プラットフォーム「Android 14」の正式版のリリースとなると思われていましたが、Android 14の正式版は後日提供となり、今回は見送られています。



続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 14」のベータ版第5弾を公開!Pixel TabletとPixel Foldも対象に。近く正式版をリリースへ


GoogleがAndroid 14 Beta 5を公開!近く正式版がリリース

Googleは10日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 14(開発コード名:UpsideDownCake)」( https://developer.android.com/about/versions/14 )における一般向けベータ版の最終となる第5弾「Android 14 Beta 5」を公開したとお知らせしています。

すでに同社の「Pixel」ブランドにおけるスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a (5G)」以降やタブレットで利用可能で、対象機種は新たに「Pixel Tablet」と「Pixel Fold」が追加され、Pixel 4a (5G)および「Pixel 5」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 7a」の11機種。

またPixel向けのAndroid 14 Beta 4はビルド番号が「UPB5.230623.003」、Androidセキュリティーパッチレベルが「August 2023」となっており、Pixel製品以外でもx86(64bit)やARM (v8-A)といったAndroidエミュレーターでも試せます。またGoogle Play servicesも「23.18.18」となっているほか、APIレベルも正式版の「API 34」となっています。なお、Pixel以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込みです。

Android 14 Beta 5ではAndroid 14における安定版(Platform Stability)の第3弾かつベータ版の最終版となっており、特に問題がなければ次が正式版のリリースとなり、恐らく正式版は9月に提供開始される見込みとなっています。そのため、同社ではアプリなどの開発者に向けにAndroid 14へ対応したアップデートに着手し、Android 14の正式版に間に合うように対応するように促しています。

続きを読む

GoogleがAndroidセキュリティーパッチ2023年8月分を案内!Pixel FoldやPixel 4a以降のスマホ、Pixel Tabletにソフトウェア更新が提供開始


GoogleがAndroid向けセキュリティーパッチ2023年8月分を案内!Pixelスマホ・タブレットにはソフトウェア更新も配信開始

Googleは7日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年8月分を告示しています。またGoogleは7日、同社が開発・販売するスマホ「Pixel」ブランドのスマホやタブレットにおいて2023年8月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel Tablet」および「Pixel Fold」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号は日本向け製品についてはPixel Foldのみブランチしていて「TQ3C.230805.001.A4」、それ以外はグローバル向け製品と同様にPixel Tabletが「TQ3A.230805.001.B1」、それ以外が「TQ3A.230805.001」となっており、グルーバル向け製品のPixel Foldが「TQ3C.230805.001.A3」です。

また他にブランチしている製品としてはアメリカのT-Mobileとそれらの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Google Fi向けのPixel 6およびPixel 6 Pro、Pixel 6aが「TQ3A.230805.001.A1」、Verizon WirelessとそのMVNO向けのPixel Foldが「TQ3C.230805.001.B2」、Pixel 7aが「TQ3A.230805.001.A3」、Pixel Tabletを除くそれ以外の製品が「TQ3A.230805.001.A2」となっています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、複数の不具合修正や機能改善が含まれており、Pixel FoldとPixel TabletではBluetoothキーボードが接続できない場合がある問題、Pixel Foldでは向きが異なると特定のライブ壁紙が正しく表示されない問題やロック画面が時々反応しなくなる問題、ホーム画面ランチャーの検索入力が登録されないことがある問題、Pixel Tabletではハブモード中に時折ちらつきや不具合が発生する問題が修正されているということです。

続きを読む

楽天モバイル、Tensor搭載のGoogleスマホ「Pixel 6・7」シリーズで接続しづらくなる問題が発生すると案内!暫定的な対処方法を紹介


Google Pixel 6・6 Pro・6a・7・7 Pro・7aで楽天回線に接続しづらい問題!

楽天モバイルは21日、料金プラン「Rakuten最強プラン」などの同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において一部のGoogle製スマートフォン(スマホ)を利用する際に優先ネットワークの種類を「5G」に設定していると接続しづらくなる事象が発生しているとお知らせしています。

対象機種はGoogleが独自開発するチップセット(SoC)「Tensor」シリーズを搭載する「Pixel 7a」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 7」、「Pixel 6a」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6」で、いずれも楽天モバイルは販売していませんが、Rakuten最強プランなどのすべての機能が利用できることが確認されている「楽天回線対応製品」となっています。

なお、同社では現在、問題解消に向けた対応を進めているとのこと。また問題が解消されるまでは設定画面内の優先ネットワークの種類を「4G」に設定変更することによって本事象の暫定的な回避が可能だと案内しています。設定はアプリ一覧などから「設定」を開いて「ネットワークとインターネット」→「インターネット」の右上にあるメニューを開き、「優先ネットワークの種類」を「4G」にします。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 14」のベータ版第4弾を公開!今年後半の正式版リリースに向けて最終テスト段階に


GoogleがAndroid 14 Beta 4を公開!近く正式版がリリース

Googleは11日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 14(開発コード名:UpsideDownCake)」( https://developer.android.com/about/versions/14 )における一般向けベータ版の最終前となる第4弾「Android 14 Beta 4」を公開したとお知らせしています。

すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 4a (5G)」以降で利用可能なほか、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込みです。

対象機種は新たに「Pixel 7a」が追加されてPixel 4a (5G)および「Pixel 5」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」の9機種。

またPixel向けのAndroid 14 Beta 4はビルド番号が「UPB4.230623.005」、Androidセキュリティーパッチレベルが「July 2023」となっており、Pixel製品以外でもx86(64bit)やARM (v8-A)といったAndroidエミュレーターでも試せます。またGoogle Play servicesも「23.18.18」となっているほか、APIレベルも正式版の「API 34」となっています。

なお、Android 14 Beta 4ではAndroid 14における安定版(Platform Stability)の第2弾かつベータ版の最終段階となっており、動作の安定性が増して各種不具合も修正されているため、同社ではアプリなどの開発者に向けにAndroid 14へ対応したアップデートに着手し、今年後半にリリース予定のAndroid 14の正式版に間に合うように対応するよう促しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。