S-MAX

QWERTYキーボード

PCライクなフルキーボード搭載の5Gスマホ「Astro Slide 5G Transformer」がついに到着!パッケージや付属品、基本機能などを紹介【レビュー】


世界初のフルキーボード搭載な5G対応スマホ「Astro Slide 5G」がやってきた!

Planet Computers(以下、プラネットコンピューターズ)がクラウドファンディングにて出資を募っていたスライド収納式のQWERTYキーボードを搭載した5G対応のAndroidスマートフォン(スマホ)「Astro Slide 5G Transformer(アストロスライド 5G トランスフォーマー)」についてリワード品の最初の製造ロット分を出荷したと告知しました。

同社では発送開始の告知以降、出資者のもとへ順次、発送していくと案内しており、同機は2020年5月に発表され、出資受付開始から1年半近く経ち、いくつかの仕様変更などを経て、ついに出資者への発送が開始されたことになります。なお、同社では初期出荷の多くは日本向けであるとしています。

そして先日、早期出資をしていた筆者のもとにもついに到着しましたので、本機のレビューを数回に渡ってお送りしたいと思います。まずはAstro Slide 5G Transformer製品版レビュー初回となる本記事では同梱品のチェックとプリインストールアプリの紹介をお送りいたします。

なお、Astro Slide 5G Transformerの製品情報や外観については以前に参加した内覧会でのレポート記事を掲載していますので、そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

スライド型になって生まれ変わった!QWERTYキーボード搭載スマホ「Astro Slide 5G Transformer」の外観などを写真とともに解説【レビュー】


世界初(!)のスライド式QWERTYキーボード搭載の5Gスマホがもうすぐお目見え!その特徴的な外観をチェックしよう!

Planet Computers(以下、プラネットコンピューター)は25日、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で出資を募っていたAndroidスマートフォン(スマホ)「Astro Slide 5G Transformer」を出資者向けのリワードとして2021年11月頃に発送する予定であることをアナウンスしています。

Astro Slide 5G Transformerはパソコン(PC)などと同じQWERTY配列の物理キーボードをスライド式で出し入れ可能な形で搭載したAndroid搭載製品で、同様の特徴を持ったスマホは国内向けでは過去にLGエレクトロニクス製「Optimus chat L-04C」やシャープ製「W-ZERO3」シリーズなどがありましたが、ここ最近はありませんでした。

そんなAstro Slide 5G Transformerですが、開発元であるプラネットコンピューターは去る9月某日に国内のIndiegogo出資者向けにAstro Slide 5G Transformerの試作品のお披露目イベント「Astro Slide Fitst Look」を開催しました。試作品の段階ではあるものの、全世界に先駆けてAstro Slide 5G Transformerの(試作モデル)実機を間近に見ることのできるイベントとなりました。

筆者もこのイベントに運よく(?)参加することができ、会場に展示されていたAstro Slide 5G Transformerをタッチ&トライできましたので、外観を写真で紹介しつつ、本機の特徴やスペックなどについて解説を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

Unihertz、小型&軽量化した新しい前面QWERTYキーボード搭載スマホ「Titan Pocket」を発表!近くクラウドファンディングを開始


QWERTYキーボード搭載スマホ「Unihertz Titan Pocket」が登場!

Unihertz(ユニハーツ)は7日(現地時間)、事前の予告通りに前面にQWERTYキーボードを搭載した新しいスマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan Pocekt」を発表しています。近くクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて開発・製造資金の募集を開始するとのこと。

公式Webサイト内に特設Webページを開設し、クラウドファンディングの開始などのUnihertz Titan Pocektのお知らせを受けられる事前登録を受付開始しています。なお、外観写真やプロモーション動画が掲載されているのみで、詳細はクラウドファンディング開始とともに案内される見込み。

現時点で判明しているのは前機種「Unihertz Titan」がタフネス仕様でかなり大きく重かったのに対し、名称に“Pocket(ポケット)”と付けれているようにかなりサイズが小さくなって軽くなり、本体カラーはブラックが用意され、OSにはAndroid 11が搭載されているといったあたりとなります。

またその後、同社の公式Twitterアカウントにて「オリジナルのTitanより30%軽い」と投稿されており、Unihertz Titanが約303gなのでぴったり30%減だとすると、約212gとなることが示唆されており、おおまかに30%減だとしても200gオーバーにはなりそうで、確かにUnihertz Titanからはかなり小型化&軽量化するようですが、少なくとも一般的なスマホと比べるとヘビー級となりそうです。サイズは約132.5×73.2×16.8mm、バッテリー容量は4000mAhとのこと。

続きを読む

Unihertz、BlackBerryのようなQWERTYキーボード搭載の次期スマホを4月7日に発表へ!ティザーで予告。タフネスモデル「Titan」の後継機種か


UnihertzがQWERTYキーボード搭載の新スマホの発表を予告!

Unihertz(ユニハーツ)は2日(現地時間)、同社の次期スマートフォン(スマホ)としてQWERTYキーボードを搭載した新製品を2021年4月7日(水)に発表すると予告しています。同社では2019年に「BlackBerry Passport」をオマージュした「Unihertz Titan」を開発・発売しました。

またティザーではQWERTYキーボードに加えて「#小さいスマホ」というハッシュタグも付けられており、どういった製品になるのか楽しみです。なお、同社では少し前に今後の新製品にどういった機能が欲しいかアンケートを募っていますので、これはという機能がある人は要望してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

魅惑のスライド式QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」を実際に使ってみて気が付いた良かった点と気になった点を紹介【レビュー】


みんな気になる!?QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」を使って気が付いたアレコレ

最近のスマートフォン(スマホ)として非常に珍しいスライド式QWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「F(x)tec Pro1(型番:QX1000)」(FX Technology製)が日本にてリンクスインターナショナルから7月11日より販売されています。SIMフリーモデルで、価格は89,900円(税抜)。

日本では横スライドタイプのQWERTYキーボード搭載モデルとしては本当に久しぶりのスマホで(先日紹介したPlanet Computers製「Cosmo Communicator」は通話機能をサポートしているものの、製品ジャンルとしてはコミュニケーターという位置付けですし、何よりスライド型ではなくクラムシェル型)、スライド式キーボードを収納した状態では普段使いできる一般的な板状のAndroidスマホとしても使えますし、スライドさせてキーボードを出して横持ちで使ってもどちらでも快適に利用できるのが魅力となっています。

そんなF(x)tec Pro1をリンクスインターナショナルにお借りしており、前回は外観やプリインストールアプリなどを紹介しましたので、今回は本機を実際に使って気に入った点と気になった点を併せて紹介しつつ、実際にしばらく使ってみた感想をお送りしたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。