S-MAX

Qualcomm

Qualcomm、4シリーズ初の5G対応SoC「Snapdragon 480」を発表!今年初頭より搭載製品が投入予定。OPPOやOnePlusなどが採用へ


Qualcomm Snapragon 480 5G Mobile Platformが発表!今年初頭に搭載スマホなどが投入予定

Qualcomm子会社のQualcomm Technologiesは4日(現地時間)、新たに同社の「Snapdragon」シリーズのエントリー向け4シリーズ初の5G対応チップセット(SoC)「Snapdragon 480 5G mobile platform(SM4350)」(以下、Snapdragon 480)を発表しています。

2021年初頭にSnapdragon 480を搭載した商用製品が発売される予定となっており、Snapdragon 480を搭載したスマートフォン(スマホ)を投入予定のNokia(HMD Global)やOnePlus、OPPO、vivoがそれぞれコメントを寄せています。

続きを読む

GoogleとQualcommがSnapdragon 888などを搭載したAndroidで4世代のOSバージョンと4年間のセキュリティー更新をサポート!Project Trebleを強化


GoogleとQualcommが連携してAndroidのOSバージョンアップやセキュリティー更新のサポート期間を延長!

GoogleおよびQualcomm傘下のQualcomm Technologiesは16日(現地時間)、Googleが提供するスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」においてより多くの製品で最新のOSバージョンを利用できるように「Project Treble」を拡張して強化すると発表しています。

Project Trebleは各メーカーなどが独自に機種ごとに実装する部分とAndroidのOSフレームワークを切り離すことでOSバージョンアップを簡単に行えるようになる仕組みで、2017年に発表されてAndroid 8.x(開発コード名:Oreo)より実装されてきました。

これにより、Qualcomm Technologiesが発表した新しいハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」などのProject Trebleの拡張機能に対応した「Snapdragon」シリーズではAndroidの4世代のOSバージョンと4年間のセキュリティーアップデートをサポートするようになるということです。

続きを読む

Qualcomm、5G対応の次期ハイエンドSoC「Snapdragon 888」を発表!ソニーやシャープ、OPPO、Xiaomi、LG、ASUSなどが採用を表明


次期ハイエンドSoC「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」が発表!XperiaやAQUOSなども採用予定

Qualcomm傘下のQualcomm Technologiesは1日(現地時間)、オンラインにてイベント「Snapdragon Tech Summit Digital 2020」を開催し、同社のスマートフォン(スマホ)など向けチップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズとして7nmプロセスで製造されるハイエンド向け「Snapdragon 888 5G Mobile Platform(型番:SM8350)」(以下、Snapdragon 888)を発表しています。同社ではSnapdragon 888を搭載するスマートフォン(スマホ)などの製品が2021年第1四半期(1〜3月)より順次発売されるとしています。

またイベントにはNTTドコモ 常務執行役員兼最高技術責任者の谷 直樹氏やソニーモバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長の岸田 光哉氏などもコメント出演したほか、イベントの特設Webページには各メーカーからのムービーも掲載されており、シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部事業部長の小林 繁氏もコメントを寄せていることからソニーブランドの「Xperia」シリーズやシャープの「AQUOS」シリーズにおいてSnapdragon 888を搭載した次期フラッグシップスマホが投入されると見られます。

またXiaomi Communicationsは次期フラッグシップスマホ「Mi 11」がSnapdragon 888を搭載することを明らかにし、Qualcommではその他にもASUSTeK ComputerやBLACKSHARK TECHNOLOGIES、Lenovo、LG Electronics、Meizu Technology、Motorola Mobility、Nubia Technology、RealMe Mobile Telecommunications、OPPO Mobile Telecommunication、vivo Mobile Communication、ZTEもSnapdragon 888を採用するとしています。

続きを読む

アメリカがQualcommに対してファーウェイへ4G対応SoCなどの販売を許可とロイターが報じる!5G対応製品は含めず、弱体化狙う


ファーウェイ、SoCの備蓄が尽きてスマホ事業継続が困難になる可能性も!

Reuters(以下、ロイター)は15日(現地時間)、アメリカ政府がQualcommに対して中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業に携帯電話など向けの4Gに対応したチップセット(SoC)の販売を2020年11月13日に認可したと報じています。

ファーウェイは昨年5月にアメリカの商務省・産業安全保障局(BIS)によって輸出規制リスト(Entity List)に追加されており、アメリカが保有する技術やアメリカの企業の製品を購入できない状況となっており、特にSoCについては今年5月から制限が厳しくされています。

そうした中で今回、Qualcommがファーウェイに対して4G対応のSoCを販売できる許可を得たとされ、今後、ファーウェイがQualcommのSoCを購入すれば、スマホの開発・製造を継続できるようになります。なお、具体的なSoCは開示されず、5Gに対応したSoCについて認可するかどうかは不明だとしています。

続きを読む

チップセット「Snapdragon」シリーズに400以上の脆弱性!セキュリティー企業がQualcommなどに調査結果「Achilles」を通知


QualcommのSoC「Snapdragon」に400以上の脆弱性「Achilles」が見つかる!

イスラエルのセキュリティー企業であるCheck Point Software Technologies(以下、チェック・ポイント)は6日(現地時間)、Qualcomm Technologiesが提供するチップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズに400以上の脆弱性が見つかったと発表しています。

これらの脆弱性をまとめて「Achilles(アキレス)」と名付け、Qualcomm Technologiesに調査結果を報告したほか、関連するメーカーに通知し、脆弱性情報データベースにCVE-2020-11201およびCVE-2020-11202、CVE-2020-11206、CVE-2020-11207、CVE-2020-11208、CVE-2020-11209として登録されたとしています。

なお、同社では脆弱性の概要や影響、対策方法などを8月13日(現地時間)に開催したウェビナーで紹介しつつ、脆弱性を悪用したリスクを軽減するために包括的なソリューションを提供するまでは、これらの脆弱性の技術的な詳細を公開しないということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。