S-MAX

Redmi125G

シャオミがFeliCa対応スマホ「Redmi 12 5G」を発表!メーカー版「23076RA4BR」とau・UQ版「XIG03」が10月6日より順次発売。価格は2万9800円


シャオミから高コスパスマホ「Redmi 12 5G」が日本でも登場!

Xiaomi(以下、シャオミ)は26日、オンラインにて「Xiaomi 事業戦略・新製品 発表会(未来への第二章~スマートなくらしを、すべての人へ~)」を開催し、新たに日本市場向けに5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「Redmi 12 5G 」(Xiaomi Communications製)を発表しています。日本ではオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Redmi 12 5G(型番:23076RA4BR)」とKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向け「Redmi 12 5G(型番:XIG03)」が販売され、各製品ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

発売日はメーカー版が2023年10月19日(木)以降順次、au版およびUQ mobile版が2023年10月6日(金)となっており、販路はメーカー版が販路は公式Webストア「Mi.com」や「Xiaomi公式 楽天市場店」のほか、エディオンやケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピング、XPRICES、murauchi.com、楽天ブックス、SoftBank SELECTIONといったECサイト、イオンモバイルやIIJmio、mineoといった仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびMi.comなどでは29,800円となっています。

一方、au版およびUQ mobile版の販路はau Styleやauショップ、UQスポット、量販店などのau取扱店・UQ mobile取扱店および公式Webストア「au Online Shop」や「UQ mobile オンラインショップ」などで、価格はauおよびUQ mobileともに29,800円となっており、auでは残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」で残価が7,753円と設定されているため、23カ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は958円/月×23回(総額22,047円)となります。

またキャンペーン「5G機種変更おトク割」で機種変更なら5,500円割引、キャンペーン「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。さらにUQ mobileでは割引が適用されて増量オプションIIに加入した場合のコミコミプランおよびトクトクプランなら他社から乗り換え(MNP)で22,000円OFF、新規契約で11,000円OFF、増量オプションIIに加入しない場合のコミプランおよびトクトクプランやミニミニプランならMNPで16,500円OFF、新規契約で5,500円OFF、機種変更やauや「povo」からの番号移行では割引なしとなるとのこと。

続きを読む

シャオミが日本向け「Xiaomi 事業戦略・新製品 発表会」を9月27日10時より開催!S4G2搭載スマホ「Redmi 12 5G」や「Redmi Pad SE」などを発表か


シャオミが9月27日に日本向け事業戦略・新製品 発表会を開催!

Xiaomi(以下、シャオミ)は19日、同社の日本向け公式X(旧:Twitter)アカウント( @XiaomiJapan )において「Xiaomi 事業戦略・新製品 発表会(未来への第二章~スマートなくらしを、すべての人へ~)」を2023年9月27日(水)10:00より開催するとお知らせしています。発表会は公式YouTubeチャンネル( @XiaomiJapan )にてライブ配信されるとのこと。

合わせてディザーWebページを掲載し、公式Webサイト内の公式Webストアで使える「miポイント」が貯まるサインインボーナスや公式Xアカウントをフォローして該当ポストをリポストするとXiaomi製品または特製グッズを抽選で1人にプレゼントするキャンペーンを実施しています。

発表会の内容は明らかにされていませんが、XではXiaomi AIoTプラットフォーム上で現在6億5400万台を超えるデバイスがつながっているなどといった投稿がされており、スマート家電などのAIoT製品を思わせています。

一方で同時にティザーWebページのHTMLソースを見るとスマートフォン(スマホ)「Redmi 12 5G」やタブレット「Redmi Pad SE」、スマートウォッチ「Xiaomi Smart Band 8」といった製品を示す記載があり、中でもRedmi 12 5Gはすでに紹介しているように日本向け製品の存在が明らかとなっていることもあり、これらの製品が発表される可能性があると考えられます。

続きを読む

Snapdragon 4 Gen 2搭載スマホ「Redmi 12 5G」が日本発売へ!メーカー版「23076RA4BR」とau版「XIG03」が認証通過。Note 12 JEか


XiaomiがSnapdragon 4 Gen 2搭載スマホを日本でメーカー版とau版を発売へ!製品名は「Redmi Note 12 JE」か

IEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにてフィンランドの電気製品・機械の安全性の試験を行っている第3者認証機関「SGS Fimko」の検査をXiaomi Communications(以下、Xiaomi)の未発表な製品「23076RN8DY」および「23076RA4BR」、「XIG03」が2023年6月12日付で通過したことが公開されていました。認証番号は「FI-55624」。

このうちの「23076RN8DY」はタイの電波関連の認証を管理・運営するNBTC(National Broadcasting and Telecommunications Commission)において製品名が「Redmi 12 5G」となることが示されており、Redmi 12 5Gは中国では「Redmi Note 12R」として展開されている製品のグローバル向けとしてすでにインドなどで販売されています。

また型番規則からXiaomiの製品は末尾「R」が日本向けとなるため、Qualcomm製の最新エントリー向けチップセット(SoC)「Snapdragon 4 Gen 2 Mobile Platform」を搭載したRedmi 12 5GやRedmi Note 12Rに相当する製品を日本へ投入する準備を進めていると考えられます。

さらにXIG03は型番規則からKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」向けとなるため、同様の製品がauなどからも発売されることになると見られ、そうなると日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応するなどのかなりのカスタマイズが行われる可能性が高いのではないかと推測されます。

そのため、製品名もグローバル向けのRedmi 12 5Gのまま発売されるとは限らず、過去にauやUQ mobileからは日本独自モデルとして「Redmi Note 10 JE」が発売されていることから23076RA4BRやXIG03も「Redmi Note 12 JE」となるのではないかと予想されます。Redmi Note 10 JEはソフトウェア更新も頻繁に行われるなど、エントリーモデルとして出来が良かったのでその後継機種であればかなり期待したいところです。

続きを読む

Xiaomi、Snapdragon 4 Gen 2搭載スマホ「Redmi Note 12R」を中国で発表!グローバル向けには「Redmi 12 5G」として展開


Snapdragon 4 Gen 2搭載スマホ「Redmi Note 12R」および「Redmi 12 5G」が登場!

Xiaomi(以下、シャオミ)が展開する「Redmi」ブランドにおける新商品としてQualcomm製エントリー向けチップセット(SoC)「Snapdragon 4 Gen 2」を世界初搭載したエントリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 12R(型番:23076RA4BC)」(Xiaomi Communications製)を発表しています。

すでに中国本土市場において2023年6月に発売されており、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なるモデルがあり、価格は4GB RAM+128GBストレージモデルが1,099中国元(約22,000円)、6GB RAM+128GBストレージモデルが1,199中国元(約24,000円)、8GB RAM+128GBストレージモデルが1,599中国元(約32,000円)、8GB RAM+256GBストレージモデルが1,799中国元(約36,000円)となっています。

なお、Redmi Note 12Rはグローバル市場では「Redmi 12 5G(型番:23076RN8DY)」として展開することが明らかとなっており、すでにインド市場向けに発売され、価格は4GB RAM+128GBストレージモデルが15,999インドルピーのところ11,999インドルピー(約21,000円)、6GB RAM+128GBストレージモデルが17,999インドルピーインドのところ13,499インドルピー(約23,000円)、8GB RAM+256GBストレージモデルが19,999インドルピーのところ15,499インドルピー(約27,000円)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。