S-MAX

SH-03J

NTTドコモが「2017年夏モデル」を新規契約で値下げ!端末購入サポートでXperia XZ PremiumやGalaxy S8・S8+、AQUOS Rを一括約1.6万円、Xperia XZsを一括約1万円に


docomoがXperia XZ PremiumやXperia XZs、Galaxy S8・S8+、AQUOS Rの新規を値下げ!

NTTドコモは19日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2017年夏モデル」のうちのハイエンドモデル5機種についてこれまで他社から乗り換え(MNP)だけだった「端末購入サポート」による割り引きを新規契約にも拡大するとお知らせしています。

対象機種は「Xperia XZs SO-03J」および「Xperia XZ Premium SO-04J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「AQUOS R SH-03J」で、端末購入サポートの割引後の支払額が新規契約・MNPで各機種とも同額となり、支払額はXperia XZs SO-03Jが一括10,368円(分割432円/月×24回)、残りの4機種は一括15,552円(分割648円/月×24回)となっています。

また、Xperia XZs SO-03J以外の4機種は「家族まとめて割」によって複数台同時購入ならさらに1台当たり5,184円が割り引かれ、新規契約・MNPなら一括約1万円で購入可能です。さらに「下取りプログラム」を利用すれば一括0円以下にすることもできるかと思われます。

なお、Galaxy S8 SC-02JとAQUOS R SH-03Jについては機種変更(Xi→Xi)における「月々サポート」の割引額もおよそ5千円増加して値下げされており、割引後の実質負担額はGalaxy S8 SC-02Jが25,920円(分割1,080円/月×24回)、AQUOS R SH-03Jが20,736円(分割864円/月×24回)になっています。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankでシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ含むソフトウェア更新を一時中断!通信不安定や圏外表示になる不具合


docomoスマホ「AQUOS R SH-03J」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが一時中断!

NTTドコモは17日、昨年7月に「2017年夏モデル」として発売したシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して2017年12月7日より提供していた最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を一時中断するとお知らせしています。

理由は、OSバージョンアップを実施した後、まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合が確認されたためとしています。同社ではこの不具合が発生した場合は近くの故障取扱窓口(ドコモショップ)へ来店するよう案内しています。

また同じくソフトバンクはSoftBank向け「AQUOS R(型番:605SH)」について1月12日より、KDDIはau向け「AQUOS R(型番:SHV39)」について1月18日よりそれぞれAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を一時中断しています。SoftBank向けは昨年12月21日よりau向けは昨年12月5日より提供していたもの。不具合の原因は3社とも同じ。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS R SH-03J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!4CAによる下り最大644Mbpsにも対応


docomoのAQUOS R SH-03JにAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは7日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年12月7日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約30分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能
 アプリを全画面で使いながら動画の閲覧が可能なので、そんな「ながら」の利用方法を実現できます。
2)スマートなテキスト選択
 電話番号を含むテキストをダブルタップするだけで選択することができるようになりました。誰でも簡単にコピーできます。さらに、電話番号の場合は電話アプリ、住所の場合は地図アプリのショートカット表示されるので、次の動作もスムーズです。
3)ログイン情報の入力が容易に(オートフィル)
 「自動入力」機能でアプリのログインで使う情報を記憶させ、素早くアクセスすることができます。
4)ロックフォトシャッフル機能
 ロック画面を表示するたびに壁紙を次々に切り替えることができます。「設定」→「ディスプレイ」 →「壁紙」 →「ロックフォトシャッフル」での設定が必要です。
5)カメラの機能追加
 タイマー機能を使ったインカメラ撮影時に、カメラに目線が合いやすくなるアニメーションを表示します。
6)高速通信(4CA)
 4つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーションに対応し、より広域で快適な通信を実現します。

◯改善される事象
7)Bluetooth接続中に着信があると、まれに着信音が正常に鳴動しない場合があります。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモが今夏スマホ「Xperia XZ Premium」や「Galaxy S8・S8+」、「AQUOS R」を一括約1.5万円に値下げ!他社から乗り換えが端末購入サポートに


docomoがXperia XZ PremiumやGalaxy S8・S8+、AQUOS Rを値下げ!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2017年夏モデル」として発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)4機種を他社から乗り換え(MNP)において12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に2017年12月1日(金)より追加したとお知らせしています。

今回、端末購入サポートに追加されたのは「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」(ともにサムスン電子製)、「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS R SH-03J」(シャープ製)で、先月に追加されていた「Xperia XZs SO-03J」に続いてとなり、追加された4機種はMNPなら一括15,552円(分割648円/月×24回)となっています。

なお、別途紹介しているようにXperia XZs SO-03Jの端末購入サポートにおける割引額は12月1日からさらに増額され、MNPなら一括10,368円(分割432円/月×24回)となりました。端末購入サポートなので13ヶ月目以内の解約などでは解除料(端末購入サポートの割引額の半額)がかかるのでご注意ください(金額はすべて税込)。

続きを読む

NTTドコモが国内最速の下り最大788Mbpsを提供開始!Galaxy S8+やXperia XZ Premium、AQUOS Rには対応するためのソフトウェア更新を配信、Wi-Fi STATION N-01Jは後日予定


docomoが国内最速の受信時788Mbpsをスタート!

NTTドコモは4日、すでに案内していた高速通信サービス「PREMIUM 4G」における下り(受信時)最大788Mbpsを2017年9月4日(月)より提供開始するとお知らせしています。

下り最大788Mbpsは2017年年9月末までに東名阪の一部地域における全国約250都市において提供され、それ以外の地域では下り最大738Mbpsとなります。なお、9月4日時点での利用可能エリアは関東甲信越管内とのこと。

対応製品は「Galaxy S8+ SC-03J」および「Xperia XZ Premium SO-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「Wi-Fi STATION N-01J」の4機種。これにより、auが9月1日より下り最大708Mbpsでサービス開始して国内最速となっていましたが、再び、NTTドコモが国内最速となりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。