S-MAX

SONY

ソニー、5Gスマホ「Xperia 5 III」のメーカー版「XQ-BQ42」を大幅2万9700円値下げで4万9500円に!デュアルSIM対応で限定色ブラックも


SIMフリーフラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 III XQ-BQ42」がさらに29,700円値下げ!

ソニーマーケティングは15日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III」のメーカー版(SIMフリー製品)「XQ-BQ42」(Sony製)の価格を改定してさらに値下げしたとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格が発売時に114,400円でしたが、その後、2022年10月に15,400円値下げされて99,000円、2023年2月に9,900円値下げされて89,100円、2023年6月に9,900円値下げされて79,200円となっていましたが、今回、さらに29,700円と大幅に値下げされて49,500円となっています。

またソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされており、例えば、ヨドバシ・ドット・コムやビックカメラ.comなどでも同様に49,500円の1%(495ポイント)還元で実質負担額49,005円となっています。なお、Xperia 5 IIIのメーカー版は日本市場向けキャリア版と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、さらにメーカー版ではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、内蔵ストレージが256GBとなっているほか、さらに限定色「ブラック」がラインナップされています。

続きを読む

ソニー、5G対応モバイルルーター「ポータブルデータトランスミッター『PDT-FP1』」を発表!一眼カメラαなどと連携可能。3月22日発売、価格は15万9500円


ソニーから5G対応モバイルルーター「ポータブルデータトランスミッター『PDT-FP1』」が登場!

ソニーは30日、高速・低遅延映像伝送を実現する「5G(第5世代移動体通信システム)」に対応したモバイルルーター「ポータブルデータトランスミッター『PDT-FP1』」を発表しています。日本市場にて2024年3月22日(金)に発売され、発売に先立って2月7日(水)10時より予約受付を開始し、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびソニー公式Webショップ「ソニーストア」では159,500円。

PDT-FP1はチップセット(SoC)にQualcomm製「Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platfrom」を採用した高性能なモバイルルーターで、安定した連続通信を実現する冷却ファンとダクト構造を搭載し、報道写真や放送映像制作などの撮影から納品、放送や配信までスピードが求められる現場で活用する無線通信機器となっており、屋外だけでなく有線LANや無線LAN(Wi-Fi)などの安定した高速通信が使えない屋内でも高速・低遅延で安定したモバイルデータ通信を利用可能となっています。

またソニーのミラーレス一眼カメラαとの連携によって効率的でシンプルなシンプルなワークフローを実現し、接続端子としてLANポートやUSB Type-C端子、HDMI Type-A端子を搭載しているため、カメラ有線接続設定を行うことで撮影現場での設定時間を短縮でき、ケーブルで接続するだけで写真や動画をカメラから同機に取り込み、そのデータを指定したFTPサーバーやソニーが提供するクラウドサービスに自動転送が可能なほか、本体の充電用USB Type-C端子を併用して外部給電をしながらライブ配信やカメラからのデータ転送ができるようになっています。

なお、ソニー直営店(ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神)では2月中旬以降に先行展示を実施するということで、展示開始日が決定次第、同社の公式Webサイトにてお知らせするとしています。

続きを読む

ソニーストアで「Xperia 1 V」と「Xperia 5 V」のメーカー版が最大2万円キャッシュバックされるキャンペーン「シン・エクスペリア割」が実施中


ソニーストアでXperia 1 VとXperia 5 Vのメーカー版を購入すると最大2万円キャッシュバックキャンペーンが開始!

ソニーマーケティングは1日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 V」および「Xperia 5 V」(ともにSony製)の日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xperia 1 V(型番:XQ-DQ44)」と「Xperia 5 V(型番:XQ-DE44)」を購入した場合に最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン「シン・エクスペリア割」を実施するとお知らせしています。

シン・エクスペリア割は対象期間にXperia 1 V XQ-DQ44およびXperia 5 V XQ-DE44をソニーストアまたはソニー特約店で購入して応募するともれなく5,000円がキャッシュバックされるほか、購入者が30歳以下なら+5,000円キャッシュバックされ、さらに過去発売済みのXperiaスマホの日本向けメーカー版の利用者なら+10,000円がキャッシュバックされ、合計で最大20,000円がキャッシュバックされます。購入期間は2024年2月1日(木)0:00から4月5日(金)23:59まで、応募期間は2024年2月1日(木)15:00から4月12日(金)10:00まで。

続きを読む

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 V」と「Xperia 1 IV」のメーカー版「XQ-DQ44」と「XQ-CT44」を1万5400円値下げ!10万8900円からに


SONYの5Gスマホ「Xperia 1 V」と「Xperia 1 IV」のメーカー版が値下げ!

ソニーマーケティングは1日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 V」および「Xperia 1 IV」(ともにSony製)の日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xperia 1 V(型番:XQ-DQ44)」と「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」の価格を改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格およびソニーストアではXperia 1 V XQ-DQ44が発売時に194,700円でしたが、今回、初めて値下げされて15,400円安くなった179,300円(分割では4,900円/月×36回)となりました。

一方、Xperia 1 IV XQ-CT44は発売時に174,900円で、その後、昨年2月に25,300円値下げて149,600円に、昨年9月に9,900円値下げされて139,700円に、昨年11月に15,400円値下げされて124,300円になっていましたが、今回、さらに15,400円値下げされて108,900円(分割では3,000円/月×36回)となっています。

またソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされており、例えば、大手Webストア「Amazon.co.jp」やヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comなどでも同様にXperia 1 V XQ-DQ44が179,300円の1%(1,793ポイント)還元、Xperia 1 IV XQ-CT44が108,900円の1%(1,089ポイント)還元となっています。

なお、Xperia 1 VとXperia 1 IVの日本市場向けメーカー版は他のNTTドコモなどで販売されているキャリア版と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、さらにメーカー版のXperia 1 V XQ-DQ44およびXperia 1 IV XQ-CT44は内蔵メモリー(RAM)が16GB、内蔵ストレージが512GBになっており、さらにXperia 1 V XQ-DQ44は限定色のカーキグリーンが販売されています。

続きを読む

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」を発表!学生向け特別モデル。1月26日発売、価格は7万9860円


docomo向け5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」が登場!

NTTドコモは19日、同社が昨年7月より販売している5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 V SO-52D」(Sony製)において音楽や写真、動画などのエンターテインメントを十分に楽しみたい若年層に向けた特別モデル「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」を発表しています。発売日は2024年1月26日(金)で、発売に先立って2024年1月23日(火)10時より事前予約受付を実施します。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はオープンながらドコモオンラインショップなどの直営店では79,860円(分割では2,588円/月×23回+20,328円)となっています。

また残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、23カ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は2,588円/月×23回(総額59,532円)となります。さらにキャンペーンとして『「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」発売記念!dポイントキャンペーン』および『「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」発売記念!Google One & Spotify Premiumキャンペーン』が実施されます。

dポイントキャンペーン( https://www.sony.jp/xperia/campaign/dcm-10m5fe-10m5/ )はXperia 10 V Fun Edition SO-52Dを含む対象のXperia(単体購入は対象、中古品は対象外)とソニー製イヤホン「WF-C700N」を2024年3月31日(日)までに購入し、2024年4月7日(日)までに購入した製品にプリインストールされている「Xperia Lounge」アプリに必要情報を入力して応募すると、応募した月の翌月中旬以降順次にdポイント(期間・用途限定)を3,000ポイントがもらえます。

一方、Google One & Spotify Premiumキャンペーン( https://www.sony.jp/xperia/campaign/dcm-10m5fe/ )はXperia 10 V Fun Edition SO-52Dを購入して応募した人を対象にもれなく「Google One」のベーシック 100GBプランが1年間無料になるほか、抽選で500人限定で「Spotify Premium」のスタンダードプランが6か月間無料になるとのこと。Google Oneは購入期間が2025年3月31日(月)まで、応募期間が2025年4月7日(月)まで、Spotify Premiumは購入期間が2024年3月31日(日)まで、応募期間が2024年4月7日(日)まで。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。