S-MAX

Spaces

Twitterが音声SNS機能「スペース」を正式提供開始!AndroidやiPhoneで利用可能。ホストは600人以上のフォロワーのみで、新機能も導入予定


Twitterの音声SNS「スペース」が正式提供開始!有料チケットやスケジュール機能なども導入予定

Twitter(以下、ツイッター)は3日(現地時間)、同社が提供・運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において音声チャット機能「Spaces(以下、スペース)」を正式提供開始したとお知らせしています。iPhoneなど向けiOSアプリやAndroidアプリで利用可能です。

正式提供に伴ってスペースの部屋(ルーム)を作れるホストにはTwitterのフォロワーが600人以上のアカウントが対象となっており、同社では600人以上とした理由としてある程度のリスナーが望め、スペースのホストとして適していると考えられるからとしています。

また今後、新機能としてホストのマネタイズを実現するための有料チケット制や複数アカウントで共同でホストになれる機能、開催予定の部屋を作れるスケジュール機能、それに伴うリマインダー機能、ライブキャプション(字幕)を改善するアクセシビリティーの向上の導入を予定しているということです。

なお、現在、AndroidおよびiOS向けアプリではフォローしている人がスペースの部屋を開始した場合にタイムラインの一番上に紫色のバブルが表示されるようになっていますが、さらにこの紫色のバブルに囲まれたプロフィール写真からそのスペースに入ることができる機能をテスト中だとしています。

続きを読む

Google、AIによるサポートに対応したメッセンジャーアプリ「Allo」と低速回線でも高画質なビデオ通話ができる「Duo」を今夏提供!グループコミュニケーションサービス「Spaces」も提供開始


Googleが新しいコミュニケーションサービス「Allo」や「Spaces」、ビデオ通話「Duo」を発表!

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催された開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、新たに開発された人工知能(AI)サービス「Google Assistant」によってサポートされるメッセージング(チャット)サービス「Allo」と低速回線でも高画質なビデオ通話ができるサービス「Duo」を今夏に提供開始すると明らかにしました。

対応プラットフォームはともにAndroidおよびiOSで、すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」では事前登録受付を実施しています。

さらに同社は、空間(部屋)を作ってそこで複数人でコミュニケーションが行えるサービス「Spaces」( https://spaces.google.com )も提供開始したことをお知らせしています。こちらもAndroidおよびiOS向けアプリで利用できるほか、パソコン(PC)などからもWebで利用可能です。

なお、Googleではこれらの新しいコミュニケーションサービスを提供しますが、これまで提供してきたメッセージングサービス「ハングアウト(Hangout)」やSNS「Google+」は継続するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。