S-MAX

TikTok

携帯電話サービス「NUROモバイル」にて月20GBで月額2090円の新料金「NEOプランLite」を提供開始!最大2万円キャッシュバックも


NEOデータフリーやGigaプラス、あげ放題に対応しないNEOプランLiteが登場!

ソニーネットワークコミュニケーションズは30日、オンラインにて記者発表会を開催し、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NUROモバイル」( https://mobile.nuro.jp )において音声通話やSMSにも対応して月間高速データ通信容量20GBを2,090円(金額はすべて税込)で利用できるシンプルな料金プラン「NEOプランLite(ネオプランライト)」を2022年4月1日(金)10時頃より提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでも月間高速データ通信容量20GBの料金プラン「NEOプラン」(月額2,699円)を提供してきましたが、NEOプランLiteではこのNEOプランで提供している「NEOデータフリー」や「Gigaプラス」、「あげ放題」といったサービスに対応しないことで月額基本料金を安くしています。

一方、NEOプランLiteでもNEOプランの肝である専用帯域とソニーのAI技術を応用した帯域利用の効率化によって高品質で快適な通信を提供するコンセプトはそのままに、さらに月間高速データ通信容量を超過したときの通信速度も1MbpsとNEOプランと同等となっています。

またNEOプランLiteの提供開始を記念してキャンペーン『「NEOプランLite」特典』( https://mobile.nuro.jp/plan/neoplan/campaign/ )を実施し、新規契約または他社から乗り換え(MNP)でNEOプランまたはNEOプランLiteを契約した場合にNEOプランなら20,000円、NEOプランLiteなら15,000円をともに利用開始月を除く8か月目にキャッシュバックするということです。

条件はキャッシュバックを受け取るまで申し込み時の月額基本料金を下回るプランへ変更せずに継続利用すること。さらにNEOプランで利用できる「NEOデータフリー」の対象に新たに「TikTok」を追加し、これまでのLINEおよびTwitter、Instagramに加えて動画の閲覧・投稿、検索、メッセンジャーの送受信などの機能がデータ容量を消費せずに使うことができるようになっています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:SNSとともに生きる世界。5Gでパケ死を免れる?利用実態の変遷や世代別利用率から通信量との関連を読み解く【コラム】


SNS利用の変遷について考えてみた!

みなさんはTwitterを使い始めた頃を覚えているでしょうか。筆者はかなりの長期ユーザーで13年以上も利用しています。2007年当時はまだ日本語化もされておらず、モバイルギークだけが知ってるマイナーなコミュニケーションツール、といった雰囲気でした。

当時は画像の添付機能もなく、単に140文字以内(日本語は70文字以内だった)で「つぶやく」だけの機能だったTwitterはその後、画像だけでなく動画も添付できるようになり、今やタイムラインでは常に動画が流れています。また企業の広告も多くが動画になりました。

もちろん、Twitterだけではなく、FacebookやInstagramも同様の写真から動画といった変遷を経てきました。さらに動画コンテンツや音楽コンテンツでもスマートフォン(スマホ)の普及とともにダウンロード(DL)販売からストリーミング配信へと進化しています。

こうしたSNSやエンターテインメントコンテンツの利用形態の変化は今の私たちに何を教えてくれるでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はSNSの利用形態の変遷を中心に、これからの通信サービスについて考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。