S-MAX

Unihertz

3インチサイズの超小型な新スマホ「Unihertz Jelly Star」を写真や動画で紹介!外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなど【レビュー】


超小型スマホの新機種「Jelly Star」が登場!FeliCa非対応は残念なものの、性能向上でサクサク動作に

既報通り、Unihertz(ユニハーツ)は8日(現地時間)、以前に予告していた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期モデル「Jelly Star」をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」( https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/jelly-star-the-smallest-android-13-smartphone )にて現地時間(EDT)の2023年6月13日(火)8:00から支援募集開始するとお知らせしています。

日本時間(JST)では同日6月13日21:00から。すでに紹介しているようにJelly Starは前機種「Jelly 2」と同様の3インチサイズを継承しながらも背面はスケルトン仕様かつLEDが光って着信などがわかるようになっており、さらにスペックアップしています。ただし、Jelly 2のようにおサイフケータイ(FeliCa)に対応した日本向け製品は用意されておらず、現時点で対応製品の予定はないとのこと。

ただし、日本の認証(いわゆる「技適」)などは取得して日本向けにも出荷するということです。なお、クラウドファンディングにおける最も早く出資する個数限定のSuper Early Birdでは通常価格の39%OFFの139ドル(約19,000円)となるとされているため、通常価格は229ドル(約32,000円)となる見込み。またKickStarterにて支援した場合のリワードとして届くJelly Starの出荷は2023年10月を予定しているとのこと。

今回はそんなJelly Starのサンプル機をUnihertzよりいち早くお借りできたのでまずは開封して外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、Jelly Starは本体カラーとしてレッドとブルーがありますが、本記事で紹介するのはブルーとなっています。その他、同社ではクラウドファンディングの後に一般販売も行われることになると思われます。

続きを読む

Unihertz、超小型スマホ「Jelly Star」のクラウドファンディングを日本時間6月13日21時に開始!約1万9千円から。FeliCaには対応せず


3インチサイズの超小型スマホ「Unihertz Jelly Star」のクラウドファンディングが日本時間6月13日22時スタート!

Unihertz(ユニハーツ)は8日(現地時間)、以前に予告していた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期モデル「Jelly Star」をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」( https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/jelly-star-the-smallest-android-13-smartphone )にて現地時間(EDT)の2023年6月13日(火)8:00から支援募集開始するとお知らせしています。

日本時間(JST)では同日6月13日21:00から。すでに紹介しているようにJelly Starは前機種「Jelly 2」と同様の3インチサイズを継承しながらも背面はスケルトン仕様かつLEDが光って着信などがわかるようになっており、さらにスペックアップしています。ただし、Jelly 2のときにあったようなおサイフケータイ(FeliCa)に対応した日本版は用意されていないとのこと。

ただし、日本の認証などは取得して日本向けにも出荷するということです。支援(プレッジ)に対するリワードとしてのJelly Starの出荷は2023年10月を予定。また支援達成後には一般販売も計画しており、その場合の通常価格は1,799香港ドル(約32,000円)を予定しているとのこと。

KickStaterにおいてJelly Starをリワードとして受け取れる支援額はSuper Early Bird(100個限定)が通常価格の39%OFFの1,099香港ドル(約19,553円)、Early Bird(300個限定)が通常価格の35%OFFの1,179香港ドル(約20,977円)、KS VIP(500個限定)が通常価格の31%OFFの1,259香港ドル(約22,400円)、制限のないKS Specialが通常価格の26%OFFの1,329香港ドル(約23,646円)。

なお、Kickstarterにおける支援ではJelly Starが2台のCouple Package(500個限定)が通常価格の32%OFFの2,440香港ドル(約43,412円、約21,706円/台)、3台のFamily Package(500個限定)が通常価格の33%OFFの3,610香港ドル(約64,228円、約21,409円/台)、5台のFriends Package(500個限定)が通常価格の34%OFFの5,960香港ドル(約106,038円、約21,208円/台)、10台のWholesale Package(500個限定)が通常価格の34%OFFの11,840香港ドル(約210,653円、約21,065円/台)も用意されています。

続きを読む

Unihertz、超小型スマホ「Jelly Star」を発表!近くクラウドファンディング開始で早期出資で最大37%OFFに。3インチ&透明デザインに


超小型スマホ「Unihertz Jelly Star」が登場!近くクラウドファンディング開始に

Unihertz(ユニハーツ)は9日(現地時間)、同社が展開している超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期製品「Jelly Star」を発表しています。近くクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて支援募集を開始するとし、早期出資なら最大37%OFFになるということです。

現時点では詳細な仕様は明らかにされていませんが、初代「Jelly Pro」や2代目「Jelly 2」と同じく超小型な3インチサイズを継承しており、背面が同社の新シリーズ「Luna」と同様に透明なスケルトンパネルかつその下にLEDを搭載して光って通知する機能が搭載されていることが明らかにされています。

また外観はJelly 2にかなり近いデザインを採用しており、本体色も同社の超小型タフネススマホ「Atom」でアクセントカラーに使われていた「赤」がラインナップされているようで、背面は赤いクリアパネルとなっていてリアカメラパーツを囲うように「U」、さらにその下に「○」の形のLEDが搭載されていることが画像からわかります。

続きを読む

Unihertzが新製品発表を予告!超小型スマホ「Jelly」シリーズの次機種か?ティザーでスケルトンボディーや製品名「Jelly Star」を示唆


Unihertzが新スマホを発表予告!今度はJellyシリーズの新機種かも!?

Unihertz(ユニハーツ)は29日、同社の公式Twitterアカウント( @Unihertz )や公式Facebookページ( unihertz001 )などのSNSにて新しいスマートフォン(スマホ)を近日発表予定であるとしてティザーWebページをオープンしたとお知らせしています。

ティザーWebぺージではその新製品の一部箇所と見られる同社のロゴがあるデザインが確認できるほか、製品内部の基板、あるいは回路と思われる部分が透けて見えていることから半透明なクリアボディー(いわゆる「スケルトン」仕様)の製品である可能性があります。

また各SNSにはティザーWebページへのリンクが掲載されており、そのリンクを辿るとティザーWebページのURLに「Jelly Star」という引数(文字列)があることも確認できるため、Unihertzがこれまで展開してきた超小型スマホ「Jelly」シリーズの次機種であると思われます。

続きを読む

背面がカラフルに点灯する変わり種なUnihertzの新スマホ「Luna」を購入!まずは外観や同梱品、基本機能などを紹介【レビュー】


実際に手にしてみると思っていたのと違う!?ちょっと話題の“光るスマホ”な「Unihertz Luna」をレビュー

既報通り、Unihertzが今年3月14日から先行予約受付をしていた同社が開発する新しい4G対応Androidスマートフォン(スマホ)「Unihertz Luna」を出荷開始しています。先行予約は公式Webサイト内の公式Webストアでのみ行われていましたが、すでに紹介しているように先行予約分の出荷開始に合わせて大手ECサイト「Amazon.co.jp」でも販売開始しています。

価格は公式Webストアでは通常329.99ドル(約44,000円)のところ現在は30ドルOFFで299.99ドル(約40,000円)となっており、Amazon.co.jpでは39,799円(税込)となっており、それぞれ本体カラーとしてブラックとホワイトの2色がラインナップされています。なお、日本向けの認証(いわゆる「技適」)も取得済み。

Unihertz Lunaは背面パネルも透明なガラス製となっており、その名前のLuna(月)の動きを模したとされる6色に点灯可能なLEDをガラスの下に配置し、カラフルに光って通知などを確認できるデザイン性重視の4G対応のミッドレンジモデルとなります。

これまでUnihertz製のスマホはコンプリートしている……とまではいかないものの、何かと縁のある筆者ですが、今回も妙な縁を感じたことと、そして何よりも「点灯色に赤がある」ことが気に入ったので先行予約の段階で購入を決意しました。

その後、先行予約分の出荷に伴い、先日に実機が到着したため、さっそくレビューを行っていきたいと思います。まず本記事では開封して外観や同梱品を写真を交えて紹介し、さらに基本スペックのおさらいしつつ基本機能をチェックし、そして手にして感じたファーストインプレッションをお届けしたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。