S-MAX

Wi-FiAlliance

京セラがNTTドコモにもスマホを投入へ!Wi-Fi Allianceにて未発表製品「KY-51B」が認証取得。ソフトバンク向け「A101KC」も


未発表のKyoceraスマホ「KY-51B」と「A101KC」がWi-Fi認証通過!写真はDIGNO E

Wi-Fi Allianceが京セラ製の未発表のスマートフォン(スマホ)「KY-51B」と「A101KC」の認証をカテゴリー「Phone」で2021年9月2日(木)付で公開しています。Certification IDはKY-51Bが「WFA114153」、A101KCが「」。

型番ルールからKY-51BはNTTドコモ向け、A101KCはソフトバンク向けと見られ、ともにOSにはAndroid 11を搭載し、無線LAN(Wi-Fi)のWi-Fi 5(IEEE802.11ac)には対応するものの、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には非対応となっているため、ミッドレンジクラス以下の製品になると見られます。

なお、京セラではNTTドコモ向けに「カードケータイ KY-01L」や「DIGNO ケータイ ベーシック KY-41B」といったフィーチャーフォンを納入していますが、KY-51Bが正式発表されれば、初のNTTドコモ向けスマホとなり、ソフトバンク向けにはSoftBankやY!mobile向け「DIGNO」シリーズやY!mobile「かんたんスマホ」シリーズなどを展開しており、こうしたエントリーからミッドレンジとなるのではないかと予想されます。

続きを読む

NTTドコモ向け「SC-42A」とau向け「SCV49」となる未発表のサムスン電子製スマホ「SM-A102UJPN」がFCC通過!Galaxy A20の後継に


docomo SC-42Aとau SCV49が今秋冬に投入へ!写真はGalaxy A20

米連邦通信委員会(FCC)は9日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「SM-A102UJPN」が2020年9月9日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMA102UJPN」。公開されている資料から「SC-42A」および「SCV49」となっており、それぞれ型番規則からNTTドコモ向けと見られます。

一方、SM-A102Uは海外では日本でNTTドコモ向け「Galaxy A20 SC-02M」やau向け「Galaxy A20 SCV46」として発売された「Galaxy A20(型番:SM-A102JPN)」のベースモデルとなる「Galaxy A10e(型番:SM-A102)」のマイナーチェンジモデルとして同様に「Galaxy A10e」となっています。

ただし、海外向けSM-A102と日本向けSM-A102JPNは仕様が大きくことなっており、製品名もGalaxy A10eからGalaxy A20に変更されているため、SM-A102UJPNも恐らく海外向けSM-A102Uとは仕様が変更され、Galaxy A20の後継機種「Galaxy A21」として2020年秋冬に投入されると予想されます。

続きを読む

未発表のソフトバンク向けスマホと見られる「A002OP」がFCCやWi-Fi Allainceを通過!OPPO Reno3 Aまたは同等製品に


ソフトバンク・ワイモバイルから「A002OP」が登場へ!写真はUQ mobile版のOPPO Reno3 A

既報通り、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が新たに未発表のソフトバンク向けと見られるスマートフォン(スマホ)「A002OP」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて取得しており、日本で発売する準備を行っていると見られます。

その後、そのA002OPはTeleficationだけでなく総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースにも登録されていましたが、今回、米連邦通信委員会(FCC)およびWi-Fi Allianceの認証も通過しており、より多くの情報が判明しています。

中でもFCCが公開している資料からサイズが約160.9×74.1×8.2mm、バッテリー容量が4025mAhなどの仕様や背面のシルエットがすでに携帯電話サービス「UQ mobile」にて発表されている「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」と同じとなっており、A002OPはソフトバンク向けOPPO Reno3 Aまたは同等製品となりそうです。

UQ mobileのOPPO Reno3 Aは6月下旬以降に発売予定となっていることから近くソフトバンクからも発表されると見られ、携帯電話サービス「SoftBank」または/および「Y!mobile」向けとしてすでに発表されているSoftBank向け5Gスマホ「OPPO Reno3 5G(型番:A001OP)」に続いてOPPOのスマホがソフトバンクに納入されることになるようです。

続きを読む

ASUSの未発表スマホ「ASUS_I003DD」がWi-Fi Allianceを通過!次期高性能スマホ「ROG Phone III」または「ZenFone 7」か


エイスースの未発表スマホがWi-Fi Allianceに登録!写真はゲーミングスマホ「ROG Phone II」

Wi-Fi AllianceがASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の未発表のスマートフォン(スマホ)「ASUS_I003DD」の認証をカテゴリー「Routers」で5月14日付(Certification ID: WFA97561)、「Phone」で5月19日付(Certification ID: WFA97559)に公開しています。

無線LANの新規格であるWi-Fi 6(IEEE802.11ax)にも対応しており、ハイエンドモデルであることが予想され、次期フラッグシップスマホ「ZenFone 7」または次期ゲーミングスマホ「ROG Phone III」なのではないかと思われます。

なお、ASUS_I003DDはメーカー型番となっており、これまでの同社の製品のメーカー型番から鑑みると、直近の「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」が「ASUS_I01WD」、「ROG Phone II(型番:ZS660KL)」が「ASUS_I001D*」なのでROG Phone IIIの可能性が高そうです。

続きを読む

auから最上位フラッグシップスマホ「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」が発売へ!各種認証を通過。6.9型大画面や1億800万画素カメラなどを搭載


最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra」のau向けと見られる「SCG03」が認証機関を通過!日本でも発売へ

今年2月にSamsung Electronics(以下、サムスン電子)から発表された同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20」シリーズのうちの最上位モデル「Galaxy S20 Ultra」が日本でも発売される可能性が出てきました。

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは13日(現地時間)、未発表のサムスン電子製スマホ「Galaxy S20 Ultra(型番:SCG03)」が認証通過したとして情報を公開しています。Declaration IDは「D050414」。またSCG03はWi-Fi Allianceでも4月23日付で認証(Certification ID: WFA97785)を取得していました。

この型番「SCG03」はこの春からKDDIおよび沖縄セルラー電話が提供する携帯電話サービス「au」における5G対応スマホに付けられている規則(ルール)に沿っており、恐らくGalaxy S20 Ultraのau向け製品が開発(準備中)されていると見られます。

すでにauでは「Galaxy S20 5G(型番:SCG01)」と「Galaxy S20+ 5G(型番:SCG02)」を発表し、Galaxy S20 5G SCG01はすでに販売されていますが、新たに最上位モデルのGalaxy S20 Ultraも発売することになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。