マイクロソフトが2in1タブレット「Surface Pro 4」を発表!

Microsoftは6日(現地時間)、同社が開発する最新OS「Windows 10」を搭載した「新製品発表会」を開催し、Windowsを搭載したタブレット「Surfaceシリーズ」の最新モデル「Surface Pro 4」を発表しています。

Surface Pro 4はパソコンと同じ最新の「Windows 10 Pro」を搭載し、昨年6月に発表された「Surface Pro 3」の後継機種で、約12インチ2160×1440ドット(約216ppi)から約12.3インチ2763×1824ドット(約267ppi)に若干大画面化および高解像度化しています。アスペクト比は3:2のまま。また、第6世代Coreプロセッサー(開発コード名:Skylake)を採用し、30%高速化したほか、薄型化および軽量化しています。

発表会が行われたアメリカ(米国)では2015年10月26日(月)に発売され、10月7日から事前予約が開始されます。米国での価格はCore M3・4GB RAM・128GB SSDモデルが899ドル(約108,000円)、Core i5・4GB RAM・128GB SSDモデルが999ドル(約120,000円)、Core i5・8GB RAM・256GB SSDモデルが1,299ドル(約156,000円)、Core i7・8GB RAM・256GB SSDモデルが1,599ドル(約192,000円)、Core i7・16GB RAM・256GB SSDモデルが1,799ドル(約216,000円)、Core i7・16GB RAM・512GB SSDモデルが2,199ドル(約264,000円)。

続きを読む