S-MAX

Windows8.1

マイクロソフトの4G LTE内蔵Windows 8.1タブレット「Surface 3」の性能をベンチマークで試す!3Dゲームは快適か?!【レビュー】

Surface 3を性能をベンチマークでチェック!

日本マイクロソフトから6月19日に発売された4G LTE対応Windows 8.1タブレット「Surface 3」(Microsoft製)は「Intel Atom x7-Z8700」プロセッサーを搭載している。この新しいAtomプロセッサーは1.6GHzクアッドコアCPUで、TurboBoost時には最大2.4GHzで動作する。

この数字から性能の期待値が高く感じられる一方で、これまでAtomプロセッサーは性能よりも価格を重視してきた面もあるため、数字ほどには性能が得られないのではないかと心配もある。そこで、今回は各種アプリケーション(アプリ)でベンチマークテストを行い、Surface 3の性能を「数値」で把握していきたいと思う。

続きを読む

今度のAtomは全然違う!マイクロソフトの4G LTEに対応したWindows 8.1搭載10インチタブレット「Surface 3」を購入して使ってみた【レビュー】

Surface 3発売開始!進化したAtom入ってる!

日本マイクロソフトから6月19日に発売されたWindows 8.1タブレット 「Surface 3」(Microsoft製)。LTEモデルの発売は日本が世界初となるといった良いニュースがある一方で、Intel製のCPU「Atom」を採用している点、価格が高い点、日本では一般向けにはLTEモデルしか販売されないことに加え、そして、SIMフリーであるにも関わらず対応バンドの少なさといったネガティブな話題も挙げられている。

そこで今回、実際にSurface 3の128GBモデルを購入してみたので、これから数回に渡って使用感をレポートしていきたい。なお、この原稿はSurface 3と「タイプカバー」で書いているのだが、ごく普通のノートパソコンと同じ感覚で使用できていることをまずは報告しておく。


続きを読む

インテル、テレビなどにHDMI接続して利用するスティック型ミニPC「Compute Stick」の発売日を延期!Windows版は5月12日、Linux版は未定


Intelのスティック型ミニPC「Compute Stick」が発売延期!

インテルは23日、今月2日に日本国内での発売を発表したテレビなどのHDMI端子のあるディスプレイに接続して利用するスティック型ミニパソコン(PC)「Compute Stick」の発売日を延期すると発表しています。
Windows 8.1搭載とLinux搭載の2モデルが用意されており、それぞれ2015年4月30日(木)に発売予定とされていましたが、今回、両モデルともに発売を延期し、Windows 8.1モデルは2015年5月12日(火)に、Linuxモデルは未定で後日別途案内するとしています。

同社では延期の理由を「製品出荷前手続きに時間を要しており、また、十分な供給量を確保するため」としています。Compute Stickは国内の主要家電量販店や代理店、主要PCショップで販売され、価格はオープンながら市場予想価格(税抜)はWindows 8.1モデルが2万4,800円程度。

続きを読む

VAIOスマホは後日!新生VAIOの攻めたPCの商品化発表もあった「VAIO新商品発表会」を写真と動画で紹介【レポート】

新生VAIOが攻めたPCを発表

既報通り、VAIO(バイオ)は16日、新商品発表会を行い、約13.3インチのノートパソコン「VAIO Z」の発売と、キャンバススタイルの約12.3インチタブレットPC「VAIO Z Canvas」の商品化を発表した。

発表会には同社代表取締役社長の関取高行氏と同じく、商品プロデューサー商品企画担当ダイレクターの伊藤好文氏が登壇し、ゼロ(Zero)から作り始めた2つのVAIOについてプレゼンを行った。

続きを読む

バイオ、モバイルノートPC「VAIO Z VJZ13A」とクリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」を発表!新会社として初めてゼロから開発した新商品


「VAIO Z」および「VAIO Z Canvas」が発表!

VAIO(バイオ)は16日、ソニーから独立した新会社として初めてゼロから開発した新商品「VAIO Z(型番:VJZ13A)」と「VAIO Z Canvas」を発表しています。

VAIO Zは13.3インチディスプレイを搭載したクラムシェルとしても使える「VAIO Fit」シリーズのようなフリップ型の2-in-1なモバイルノートパソコン(PC)&タブレットで、VAIO Z CanvasはN-Trigによるデジタイザーペン対応タブレットで、どちらもOSはWindows 8.1を採用。なお、VAIO Z Canvasはこれまで「VAIO Prototype Tablet PC」として開発途中のプロトタイプとして展示などがされていた製品です。

VAIO Zは2015年2月16日(月)15時から受注開始し、VAIO Z Canvasは商品化決定とともに今年5月発売をめざすとのこと。価格はオープンながらVAIO Zは最小構成時の市場予想価格が約19万円(税抜)から、VAIO Z Canvas(Core i7および8GBメモリー、256GBストレージという構成時)は市場予想価格が20万円台後半(税抜)からとなっています。

また、ファッションブランド「BEAMS(ビームス)」とコラボレーションした「VAIO Z | BEAMS 特別仕様」モデルも発表され、ソニー公式Webショップ「ソニーストア」にて2015年3月13日(金)より受注開始するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。