S-MAX

Xperia

KDDI、au向け5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 1 IV SOG06」と「Xperia 5 IV SOG09」にAndroid 14へのOSバージョンアップを提供開始


auスマホ「Xperia 1 IV SOG06」と「Xperia 5 IV SOG09」がAndroid 14に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は4日、携帯電話サービス「au」向け5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV SOG06」および「Xperia 5 IV SOG09」(ともにSony製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年4月4日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(5G・4G)によるオンライン経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間はXperia 1 IV SOG06が約35分、Xperia 5 IV SOG09が約40分、更新ファイルサイズはXperia 1 IV SOG06が約1.4GB、Xperia 5 IV SOG09が約1.5GBとなっており、ファイルサイズが大きいのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。

更新後のビルド番号はXperia 1 IV SOG06とXperia 5 V SOG09が「64.2.D.2.112」、Androidセキュリティパッチレベルは「2024年2月」。主な更新内容は以下の通りすが、OSバージョンアップに合わせて各アプリなどもアップデートされるとのことで、詳細はXperiaの公式Webページ『Android 14対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア) | ソニー』やスマホ本体における「ヘルプガイド」にて「Android 14へのアップデート後の変更点」をご確認ください。

<アップデート内容>
◯Android 14による機能・操作性の向上
・Android 14共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
 ※機種によっては一部機能に対応しない場合やメーカー独自の変更が加えられる場合があります。
◯Android 14以外の機能向上や操作性改善
・詳細は下記ページをご確認ください。
 Xperiaサポート情報


続きを読む

ソニーの未発表スマホ「XQ-EC**」が認証取得!次期フラッグシップ「Xperia 1 VI」か。FCCで「13187R」が通過でFeliCaにも対応


Sonyの未発表なハイエンドスマホがFCC通過!次期モデル「Xperia 1 VI」か

米連邦通信委員会(FCC)は26日(現地時間)、未発表のSony製スマートフォン(スマホ)「13187R」が2024年3月26日(金)付で認証を通過していることを公開しています。FCC IDは「PY7-13187R」。公開されている資料ではWi-Fi 6(IEEE802.11ax準拠)やワイヤレス給電(WPT)に対応していることを示されていることからハイエンドモデルだと思われ、次期フラッグシップスマホ「Xperia 1 VI」(仮称)ではないかと予想されます。また資料にては型番が「XQ-EC72」であることが記載されています。

この「E」の部分は2020年に発売された製品から1年ごとにアルファベット順となっており、例えば、2020年の「Xperia 1 II」は「XQ-AT**」、2021年の「Xperia 1 III」は「XQ-BC**」、2022年の「Xperia 1 IV」は「XQ-CT**」、2023年の「Xperia 1 V」は「XQ-DQ**」となっており、逆に「C」の部分は任意のアルファベットで特に規則性はなく、これまでにCだった製品はXperia 1 IIIのXQ-BC**や「Xperia 10 IV」の「XQ-CC**」、「Xperia 10 V」の「XQ-DC**」となっています。

一方、すでに紹介しているようにXperiaの未発表スマホとしては型番「XQ-EC54」が決済サービスの普及促進や認証を行う業界団体のEMVCoの認証を取得しており、こちらは他のフィンランドの認証機関「Fimko」の認証などを含めて考えると、次期スタンダードスマホ「Xperia 10 VI」(仮称)ではないかと推測でき、XQ-EC54のモデル名が「PM-148*-BV」となっていることから現時点でモデル名「PM-147*-BV」は空いているので、Xperia 1 VI(型番:XQ-EC**)がこれに相当することになるのではないかと思われます。

続きを読む

au&UQ mobile向けエントリースマホ「Xperia Ace III SOG08」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


au&UQ mobileスマホ「Xperia Ace III SOG08」がAndroid 14に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は26日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向けに2022年6月に発売した5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「Xperia Ace III SOG08」(Sony製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2024年3月26日(火)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間は約35分で、更新ファイルサイズは約1.0GBとなっており、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されています。

更新後のビルド番号は「63.2.C.0.289」、Androidセキュリティパッチレベルは「2024年2月」。更新内容は以下の通りとなっていますが、Android 14へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 14対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア) | ソニー』も合わせてご確認ください。

<アップデート内容>
○Android 14による機能・操作性の向上
・Android 14共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
 ※機種によっては一部機能に対応しない場合やメーカー独自の変更が加えられる場合があります。
○Android 14以外の機能向上や操作性改善
・詳細は下記ページをご確認ください。
 Xperiaサポート情報


続きを読む

楽天モバイル、5G対応スマホ「Xperia 5 IV」と「Xperia 10 IV」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Rakuten Mobile向け5Gスマホ「Xperia 5 IV XQ-CQ44」と「Xperia 10 IV XQ-CC44」がAndroid 14に!

楽天モバイルは14日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」および「Xperia 10 IV(型番:XQ-CC44)」(ともにSony製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年3月14日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、恐らく更新ファイルサイズが大きいのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号はXperia 5 IV XQ-CQ44が「64.2.A.2.124」、Xperia 10 IV XQ-CC44が「65.2.A.2.124」。

主な更新内容は楽天モバイルでは「OSアップデート(Android 14)」と案内していますが、Android 14へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 14対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア) | ソニー』も合わせてご確認ください。なお、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」における「ビルド番号」にて確認可能です。

続きを読む

ワイモバイル向け5G対応エントリースマホ「Xperia Ace III A203SO」にAndroid 14へのOSアップデートを含むソフトウェア更新が提供開始


Y!mobileスマホ「Xperia Ace III A203SO」がAndroid 14に!

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「Xperia Ace III(型番:A203SO)」(Sony製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年3月14日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間は最大80分で、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。ただし、契約時に提供したUSIMカード以外を利用したり、契約または登録内容と異なる用い方をした場合などでは通信料が発生するときがあるとのことなのでご注意ください。

更新後のビルド番号は「63.2.D.0.301」。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容はワイモバイルでは以下ように案内していますが、ソニーの公式Webページ『Android 14対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア) | ソニー』も合わせてご確認ください。

・Android 14へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上

※ Xperia Ace III最新バージョンの詳細については<メーカーサイト>にてご確認ください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。