S-MAX

ahamo

NTTドコモ、新宿・渋谷・池袋・新橋の都内4エリアにおける通信品質改善状況と今後の取り組みを発表!概ね改善も駅構内はもう少しかかる


docomoが都内4エリアにおける通信品質改善状況と今後の取り組みを公表!

NTTドコモは28日、同社が今年4月に開催した「5Gネットワーク戦略に関する記者説明会」において明らかにしていた主に過密地域などの一部混雑エリアにおける4Gネットワークにて通信速度が低下するなどの事象が発生している問題について特につながりにくい状況となっていた都内4エリア(新宿・渋谷・池袋・新橋)の通信品質改善状況および今後の取り組みについて発表しています。

まずこれらの4エリアにおいて基地局ごとのカバーエリアの調整や周波数間の偏りをなくす分散制御、基地局設備の増設といった対策を行い、実施後に対象エリア内でスマホなどが不便のない状態で利用可能になったかどうかを現地で通信品質を測定したとのこと。

これにより、新宿駅東口周辺や渋谷駅東口周辺、渋谷駅西口周辺、渋谷駅ハチ公口周辺、池袋駅東口周辺、新橋駅烏森口周辺では改善したものの、渋谷駅山手線・埼京線のホーム中央付近では以前として時間帯によってはご利用しづらい場合があるということです。また引き続き全国エリアでの通信品質向上の取り組みを実施していくとしています。

具体的にはこれまで取り組んでいるカバーエリアの調整や周波数間の分散制御、基地局設備の増設などの抜本的な通信品質改善へ向けた対策についても積極的に実施していき、通信品質向上に向けた取り組みを強化するため、全国横断のプロジェクト体制を構築して今後も継続的に対策を推進していくということです。

なお、渋谷駅構内における通信環境の確保のために駅ホームに屋内アンテナ(他の携帯電話事業者と共用)を設置していましたが、駅改良工事に伴って2023年2月から屋内アンテナを一時的に取り外す必要が生じており、現在、屋内アンテナの再設置工事を2023年9月目途に実施する予定で準備を進めているとし、この工事によって改善する見込みとなっているため、もうしばらく改善には時間がかかるとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:NTTグループの戦略と思惑が透けて見える?ドコモの新料金プラン「exmo」と「irumo」を詳しく考察する【コラム】


NTTドコモの新料金プランについて考えてみた!

NTTドコモは20日、都内にて「今後の料金戦略に関する記者発表会」を開催し、新たな料金体系のとなるデータ容量選択型の低容量データ通信向け料金プラン「irumo(イルモ)」と段階従量制の大容量データ通信向け料金プラン「eximo(エクシモ)」を発表しました。

これまでNTTドコモが展開してきた「ギガホ プレミア(5Gギガホ プレミア)」および「ギガライト(5Gギガライト)」を置き換えることが主な目的であり、さらにドコモショップで取り扱ってきた仮想移動体通信事業者(MVNO)の「OCN モバイル ONE」の価格帯やユーザー層への訴求も視野に入れています。

再編が進むNTTグループの動きに連動したかたちでの料金体系の刷新ですが、これによってユーザーはどこまで恩恵を受けられるのでしょうか。またデメリットはないのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はNTTドコモの新料金体系について考察します。

続きを読む

NTTドコモ、料金プラン「ahamo」が500万契約突破!先着50万人に機種変更でスマホなどが5500円OFFになる記念キャンペーンを実施


アハモの契約数が500万を突破!記念キャンペーンで5500円OFFクーポンが先着順で配布中

NTTドコモは16日、オンライン専用の料金プラン「ahamo」( https://ahamo.com )の契約数が2023年6月7日(水)に500万契約を突破したとお知らせしています。ahamoは2021年3月26日(金)に提供開始して以来、約2年2ヶ月で突破したことになるとのこと。

また同社では提供開始から2年が過ぎ、これからも長くahamoを使ってもらえるように「祝!500万人突破ahamoからのキモチですキャンペーン」( https://ahamo.com/special/fivemillion/ )を実施し、先着50万人に公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で使える最大5,500円(税込)相当の機種変更割引クーポンをahamoアプリの「クエスト」にてプレゼントしています。

期間は2023年6月16日(金)15時00分から2023年7月16日(日)23時59分までですが、配布枚数が50万に達した時点で終了となるとのこと。なお、同社ではahamoの提供を通じて今後もデジタルネイティブ世代に寄り添って一緒に成長していくことをコンセプトにより多くの人に使ってもらえることをめざしていくとしています。

続きを読む

NTTドコモ、障害時などのつながりにくい時にau回線に切り替えて使える「副回線サービス」を6月1日より提供!eSIMのみ&Web申込のみ


NTTドコモも副回線サービスを6月1日より順次提供!個人向けは5月11日10時より先行受付開始

NTTドコモは9日、同社の携帯電話サービス(ahamo含む)をスマートフォン(スマホ)で利用している場合に障害時などで使えない時にデュアルSIMによってau回線に切り替えて使えるオプション「副回線サービス」を2023年6月1日(木)より順次提供開始すると発表しています。これにより、例災害時や通信障害時などの有事の際の備えとしても有用となるということです。

オプション料は個人向けが月額429円(金額はすべて税込)、法人向けが月額550円となっており、個人向けが月々の利用可能なデータ量が0.5GBまで通信速度が送受信時最大300kbps、法人向けが月1GBまで最大1Mbpsでau回線の4G LTEによるデータ通信が利用可能となっています。なお、法人向けは2023年6月以降の提供開始となり、提供開始日は現時点では未定で、決まり次第、別途案内するとのこと。

またサービス開始に先立って個人向けについては2023年5月11日(木)10時から申込受付が開始されます。申込は個人向け( https://www.docomo.ne.jp/service/hukukaisen/ )および法人向け( https://www.ntt.com/business/lp/business-daccount/service/ )ともに専用受付Webページから行い、法人向けについては利用法人営業担当者経由での事前登録が必要とのこと。提供されるSIMはどちらもeSIMのみで、対応機種はeSIM対応機種となっています。

続きを読む

NTTドコモがネットワーク戦略説明会を開催!一部混雑エリアで通信速度が低下する問題は瞬速5Gを活用するなどで今夏までに解消めざす


docomoが「5Gネットワーク戦略に関する記者説明会」を開催!

NTTドコモは26日、オンラインにて「5Gネットワーク戦略に関する記者説明会」を開催し、直近で主に過密地域などの一部混雑エリアにおける4Gネットワークにて通信速度が低下するなどの事象が発生している問題について説明した上で今夏までに対策を行うことを明らかにしました。

また5Gの新たな取り組みとして新しいユースケースへの対応を挙げ、そのためにもスタンドアローン(SA)方式の5G(以下、5G SA)の提供場所を今年度中にもこれまでの主要駅や商業施設だけでなくスタジアムや大学、空港などの施設にも拡大するほか、2024年度以降は面展開できるように進めていくということです。

さらに2024年度のネットワークスライシング対応に先駆けて2023年度に1端末複数スライス制御や無線区間制御の実証実験を予定しているとのこと。その他、これまでは5G向けに割り当てられた周波数帯を利用した「瞬速5G」を優先的に展開してきましたが、5G SAを面展開するためにも今後は4G向け周波数帯の転用による5Gも積極的に可能な地域から進めていくとしました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。