AppleがiOS 14やiPadOS 14、tvOS 14、watchOS 7の正式版をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14(18A373)」および「iPadOS 14(18A373)」を提供開始したとお知らせしています。

アップデートは各製品ともに本体のみでネットワーク経由によるOTA(On-The-Air)でダウンロードして行え、やり方としては「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えるほか、WindowsおよびMacのパソコン(PC)を用いて各製品をUSB-Lightningケーブルで接続してiTunesによっても行えます。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13と同様にiOS 14がiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPadOS 14がiPad(第5世代)およびiPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPad Proシリーズで、各製品にて無料でアップデート可能となっています。

なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、いくつかのアプリでは動作確認が取れるまでアップデートを待つように案内しています。その他にもApple TV向け「tvOS 14(18J386)」とApple Watch向け「watchOS 7(18R386)」、開発環境「Xcode 12(12A709)」の正式版もリリースされています。また手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む