S-MAX

povo2.0

KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」の本人確認に時間がかかる状態を解消!スタッフを増員。楽天モバイルからの流入が増加


povo2.0の申込集中による本人確認に時間がかかる状態が解消!スタッフ増員で対応

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において2022年5月14日(土)9時頃から続いていた申し込み集中によって本人確認に時間がかかっている状態が2022年5月16日(月)19時頃に解消したとお知らせしています。

povo2.0では本人確認にオンライン上で本人確認を完結できる「eKYC」を用いていますが、裏ではスタッフによる作業が必要となっており、今回は対応スタッフの増員によって解消したとのこと。またKDDIでは申し込みが集中した理由として「楽天モバイルからの流入が増加したため」としています。

楽天モバイルでは5月13日に1回線目で月間データ通信量が1GB未満だと0円となる料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止し、新しい「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行することを発表していました。

なお、すでに紹介していますが、povo2.0では高速データ通信容量などのトッピングを購入しなければ月額基本料0円からはじめられますが、トッピングの購入が長期間ない場合には自動解約となり、完全にずっと0円で維持できるわけではないのでご注意ください。

続きを読む

楽天モバイルの0円スタート廃止が影響か!?KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」の申込集中で本人確認に時間がかかると案内


povo2.0が申込過多で本人確認に時間がかかっていると案内!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において申し込み集中によって本人確認に時間がかかっているとお知らせしています。本人確認は完了したらメールで連絡されるため、それまでしばらく待つよう案内されています。

特に申し込みが集中した理由などについては明らかにされていませんが、ちょうど前日5月13日には楽天モバイルが1回線目で月間データ通信量が1GB未満だと0円となる料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止し、新しい「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行することが発表されたこともあり、そうした影響があるのかもしれません。

なお、すでに紹介していますが、povo2.0では高速データ通信容量などのトッピングを購入しなければ月額基本料0円からはじめられますが、トッピングの購入が長期間ない場合には自動解約となり、完全にずっと0円で維持できるわけではないのでご注意ください。

続きを読む

KDDI高橋社長が料金プラン「povo2.0」の“月額0円から”を現時点では変更しないと発言!ただし、長期間無料だと利用停止を順次案内


povo2.0は月額0円から始められるオールトッピングの料金プラン!

KDDIは13日、都内にて「2022年3月期決算説明会」を開催し、月額基本料0円から始められるオンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )について同社代表取締役社長の高橋 誠氏が「今のところ(0円からを)やめる理屈がない」と発言しました。

同日に楽天モバイルが1回線目なら月間高速データ通信容量1GB未満だと月額基本料0円を廃止する新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表したことを受けて質疑応答にて回答したもの。同氏は続けて「0円から始められるが、その上でトッピングによる価値を提供しており、トッピング込みで新規利用者も増えているため、今のところ大きく変更する予定はない。」と回答しました。またpovoの契約数は120万くらいだとのこと。

ただし、povo2.0についてはサービス開始当初より注意事項として「最後の有料トッピングの有効期限の翌日(有料トッピングのご購入がない場合、povo2.0のSIMを有効化した日)から180日の間、有料トッピングのご購入がない場合、順次利用停止」(期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合を除く)と案内しています。

また実際に長期間トッピングを購入せずに無料で利用している人に対してトッピングを購入しない場合は順次利用停止する旨のメールを送信しており、利用停止後30日の間に有料トッピングの購入がない場合には順次契約解除(自動解約)となります。なお、この場合の解約解除についても解約料はかかりません。

続きを読む

アマゾンにてオンライン専用プラン「ahamo」や「povo2.0」、「LINEMO」が取扱開始!申込は公式と同じながら限定特典が用意


Amazon.co.jpにてahamoやpovo2.0、LINEMOの取り扱いがスタート!ただし、契約は公式と同じ

アマゾン ジャパンは9日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )においてNTTドコモの「ahamo」やKDDIおよび沖縄セルラー電話の「povo2.0」、ソフトバンクの「LINEMO」といったオンライン専用プランの取り扱いを開始したとお知らせしています。

ただし、実際には申し込みはそれぞれ公式Webサイトや公式アプリで行うようになっており、違いとしてはAmazon.co.jp限定の特典が用意されていること、そしてpovo2.0はデータトッピング「3GB(30日間)」および「20GB(30日間)」を購入するエントリーコードとなっています。

そのため、購入時に送られてくる案内に従って「povo」アプリから申し込むとトッピングの購入をしないですぐに高速データ通信が利用可能となっています。またahamoとLINEMO(ミニプラン、スマホプラン)はそれぞれの公式Webサイトへ申し込みページに誘導するだけとなっています。

続きを読む

KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」にてGWを応援するためにトッピング「データ使い放題(24時間)」(1回分)を無料配布


povo2.0にてゴールデンウィークのギガ不足を応援!「データ使い放題(24時間)」を無料配布

KDDIおよび沖縄セルラー電話は28日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において外出先や自宅などにおいてギガ消費が増えるゴールデンウィーク「ギガウィーク(GW)」を応援するために「データ使い放題(24時間)」を1回分無料で利用できるプロモコードを無料配布するとお知らせしています。

プロもコードはpovo2.0の公式Twitterアカウント( @povo_official )および公式Instagramアカウント( @povo_official )にて配布され、スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「povo」にてこのプロモコードを適用すると、高速データ通信容量無制限(24時間)が追加されます。プロモコードの入力期間は2022年4月29日(金)10:00から5月8日(日)23:59まで。

またpovo2.0では「#ギガ活」の対象店舗に2022年5月1日(日)より「ほっかほっか亭」を追加し、一方で2022年5月13日(金)をもって「銀座deフットサル」および「3×3 Hoop City」、「手ぶら de BBQ」、「Plywood」、「三島スカイウォーク」を終了すると発表しています。ほっかほっか亭はau PAYで500円以上の購入すると、300MB(3日間)がもらます。

さらにpovo2.0の動作確認端末として新たに「AQUOS sense6s SHG07」(SIMカード・eSIM)や「Galaxy S22 Ultra SCG14」(SIMカード)、「Galaxy S22 SCG13」(SIMカード)、「Galaxy M23 5G SM-M236Q/DS」(SIMカード)、「Redmi Note 10T 22021119KR(SIMカード・eSIM)、「Redmi Note 11 2201117TL」(SIMカード)、「Xiaomi 11T Pro 2107113SR」(SIMカード)、「OPPO A55s 5G CPH2309」(SIMカード・eSIM)などを追加すると案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。