S-MAX

macOS

iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」などを発表へ!Apple、開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日にサンノゼで開催


Appleが開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日に実施!

Appleは16日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」をアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)まで開催するとお知らせしています。

参加するには抽選となっており、チケットの申込期間(PDT)が現地時間3月27日(月)10時から開始されます。日本時間(JST)では3月28日(火)2時から。

例年通りなら初日の6月5日に基調講演が実施され、iPhoneやiPadなど向けの「iOS 11」やパソコン向け「macOS 10.13」(ともにバージョン番号は仮)、watchOSやtvOSなどを含めた次期プラットフォームが発表されると見られます。

基調講演についても通例ならiOSやmacOSのWebブラウザー「Safari」、Apple TV、Windows 10のWebブラウザー「Microsoft Edge」などのほか、専用アプリでもライブ中継が実施される見込み。

続きを読む

Apple、新型MacBook Proを発表!薄型・軽量化しつつ高性能に――ファンクションキーがタッチディスプレイ式「Touch Bar」になって指紋認証にも対応、非搭載の通常モデルもあり


Appleが新ノートパソコン「MacBook Pro」を発表!

Appleは27日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州クパチーノにある本社にて発表会「Apple Events - Keynote October 2016」を開催し、新型パソコン「MacBook Pro」やテレビ用「TV」アプリ、動画作成ソフト「Final Cut Pro X」などを発表しています。

新型MacBook Proは既存機種と同様に13インチと15インチの2つの画面サイズが用意され、小型化・薄型化・軽量化されながらも性能は向上しており、さらにキーボードの最上段にファンクションキー(Fnキーと同時に押すと「F1」や特殊キーになるキー)の代わりに表示を切り替えてタッチ操作できる「Touch Bar」やその最右列に指紋認証「Touch ID」を搭載しています。

また、13インチモデルにはTouch Barが搭載されておらず、通常のFnキーを搭載したモデルも用意され、大きく3つのモデルがラインナップされます。なお、新型MacBook Proの発売に合わせて既存の「MacBook Air」のうちの11インチモデルは販売を終了し、13インチモデルは値下げされています。

価格は発表会が行われたアメリカでは13インチのTouch Barなしモデルが1499ドル(約158,000円)から、13インチモデルが1799ドル(約190,000円)から、15インチモデルが2399ドル(約253,000円)から。

日本での価格(税別)は、13インチのTouch Barなしモデルが148,800円から、13インチモデルが178,800円から、15インチモデルが198,000円からで、すでに販売受付を開始しており、Touch Barなしモデルが即日出荷、Touch Barがある2モデルは2〜3週間後に出荷予定となっています。

続きを読む

Apple、Mac向け最新OS「macOS Sierra 10.12」を提供開始!2009年後期のMac全機種で無償アップデート可能


Appleがパソコン向け最新OS「macOS Sierra 10.12」の正式版をリリース!

Appleは20日(現地時間)、同社のパソコン「Mac」シリーズ向けプラットフォーム「macOS」の最新バージョン「macOS Sierra 10.12」へのOSバージョンアップを提供開始したとお知らせしています。

アップデートはMac本体のみでインターネット経由(OTA)でダウンロードして行え、方法としては「Mac App Store」のトップページに掲載されている「macOS Sierra」のバナーからダウンロードページに行き、無償で行えます。

なお、対応機種は2009年以降のMacBookおよびiMac、2010年以降のMacBook AirおよびMacBook Pro、Mac mini、Mac Pro。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け「iOS 10」やMac向け「macOS Sierra」の一般向けβ版を提供開始!無料で先行体験でき、不具合などをフィードパック可能


iOS 10とmacOS Sierraのパブリックベータがリリース!

Appleは7日(現地時間)、今年6月に開催した開発者向けイベント「WWDC 2016」にて発表したスマートフォン(スマホ)やタブレット向けプラットフォーム「iOS」とパソコン向けプラットフォーム「macOS」の次期バージョン「iOS 10」と「macOS Sierra」のパブリックベータ版を提供開始しています。

すでにWWDC 2016の基調講演終了後から開発者向けのデペロッパーベータ版を提供しており、先日にはデペロッパーベータ版第2弾がリリースされていましたが、7月に提供予定だった一般向けのパブリックベータ版がリリースされました。

パブリックベータ版は「Apple Beta Software Program」( https://beta.apple.com )に登録すれば誰でも無料で試すことができ、使ってみて不具合などを見つけたらフィードバックすることができます。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてパソコン向け次期プラットフォーム「macOS Sierra」を発表!OS Xから改め、Siriやユニバーサルクリップボードなど――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


OS XはmacOSに!AppleがWWDC 2016で次期バージョン「10.12 Sierra」を発表

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、MacやMacBookなどのパソコン向けのプラットフォーム「macOS」の次期バージョン「macOS Sierra(10.12)」を発表しています。

これまで「OS X」として提供されてきたAppleのパソコン向けプラットフォームですが、他の「iOS」や「watchOS」、「tvOS」と合わせて"OS"の前に対象を小文字で付けるmacOSに名称を変更しました。

またバージョンは10.12になり、現在提供されている10.11.xの「OS X El Capitan」などと同様に北米西海岸の名称であるSierraが名称として付けられています。

mac OS Sierraの開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種は2009年以降のMacBookおよびiMac、2010年以降のMacBook AirおよびMacBook Pro、Mac mini、Mac Pro。アップデートの価格は無料。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。