S-MAX

au

前機種との変更点は?5Gスタンダードスマホ「OPPO Reno5 A」から新機種「OPPO Reno7 A」への買い替えはアリかナシか【レポート】


最新モデル「OPPO Reno7 A」への買い替えはアリ?ナシ?

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、5G通信に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月23日(木)から順次発売すると発表した。

OPPO Reno7 Aはオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」の他、移動体通信事業者(MNO)向けのキャリア版としてKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」と「UQ mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」版の「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」を提供する予定だ。

OPPO Reno7 A CPH2353は6月23日から順次販売開始され、希望小売価格(金額はすべて税込)は44,800円。公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」や「OPPO公式楽天市場店」、「OPPO公式PayPayモール店」のほか、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイト、エディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店、さらには仮想移動体通信事業者(MVNO)の「IIJmio」や「AEON MOBILE」、「QT mobile」、「goo Simseller」(OCN モバイル ONE)、「NUROモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「FiiMo」、「mineo」、「LinksMate」、MNOの楽天モバイルで取り扱われる。

au版やUQ mobile版、Y!mobile版も6月23日に発売される。詳細な価格や販路、発売記念キャンペーンについてはこちらの記事を参照して欲しい。今回はそんなOPPO Reno7 Aと、前機種「OPPO Reno5 A」を比較し、どこがどのように違うのかを確認し、OPPO Reno5 Aからの買い替えはアリかナシかを考えてみたいと思う。

なお、記事中の比較写真は6月16日に都内で開催された「OPPO 2022 新製品発表会」のタッチ&トライスペースに展示されていたOPPO Reno7 Aと、筆者が普段利用しているY!mobile向け「OPPO Reno5 A(eSIM)(型番:A103OP)」となっている。

続きを読む

オウガ・ジャパンの5Gスタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」を写真と動画で紹介!美しいデザインで充実した基本性能を搭載【レポート】


Reno Aシリーズ最新モデル「OPPO Reno7 A」をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、都内およびオンラインにて「OPPO 2022 新製品発表会」を開催し、5G通信やおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月23日(木)から順次発売すると発表した。

OPPO Reno7 Aは同社が展開する「OPPO Reno A」シリーズの最新モデルで、オープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」をはじめ、移動体通信事業者(MNO)向けキャリア版としてKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「Y!mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」をラインナップする。

メーカー版のOPPO Reno7 A CPH2353は事前予約が開始されており、2022年6月23日(木)から順次発売される。希望小売価格(金額はすべて税込)はオープンながら公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」や「OPPO公式楽天市場店」、「OPPO公式PayPayモール店」では44,800円となっている。

また、メーカー版は他にECサイトではAmazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピング、量販店ではエディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、仮想移動体通信事業者(MVNO)では「IIJmio」や「AEON MOBILE」、「QT mobile」、「goo Simseller」(OCN モバイル ONE)、「NUROモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「FiiMo」、「mineo」、「LinksMate」、MNOでは楽天モバイルで取り扱われる。

なお、au版やUQ mobile版、Y!mobile版も発売日は6月23日となっており、各社とも予約を開始している。一方、楽天モバイルでは6月30日(木)に発売予定となる。その他、詳細な価格や販路、発売記念キャンペーンについてはこちらの記事を参照して欲しい。

今回は発表会場のタッチ&トライスペースで実際にOPPO Reno7 Aに触れることができたので、写真や動画を交えながら外観や基本機能、特徴などをレポートする。

続きを読む

5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」がauやUQ mobile、Y!mobile、楽天モバイル、各MVNOから発売!発売日や価格をまとめ


5Gスマホ「OPPO Reno7 A」の各販路における発売日や価格をまとめて紹介!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。2022年6月23日(木)より順次発売され、発売に先立って6月16日(木)12時より順次事前予約が開始されるとのこと。

販売される製品はオープン市場向けメーカー版「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」のほか、KDDIおよび沖縄セルラー電話が提供する携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」から「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクが提供する携帯電話サービス「Y!mobile」から「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」といった移動体通信事業者(MNO)からも販売されます。

すでに紹介しているようにメーカー版のOPPO Reno7 A CPH2353は価格(金額はすべて税込)がオープンながら希望小売価格および公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」などでは44,800円となっています。本記事では他のauやUQ mobile、Y!mobile、楽天モバイル、仮想移動体通信事業者(MVNO)における発売日や価格、仕様の違いなどについてまとめて紹介します。

続きを読む

KDDI、auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を6月15日10時から提供


au向け高性能スマホ「AQUOS zero2 SHV47」がAndroid 12に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、携帯電話サービス「au」にて2020年1月に発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SHV47」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年6月15日(水)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約35分、更新ファイルサイズは約2.0GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。更新後のビルド番号は「03.00.01」、Androidセキュリティパッチレベルは「2022年4月1日」となるとのこと。

ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』をご確認ください。

<アップデート内容>
Android 12による機能・操作性の向上

○主な機能追加・変更内容/削除項目について
1)顔認証によるロック解除機能が変更されます。
2)ブレクリーナー機能が追加されます。
3)設定の「AQUOS便利機能」が「AQUOSトリック」へ変更されて一部項目が変更されます。
4)「3 ボタン ナビゲーション」の「ナビゲーションバーを隠す」機能が削除されます。

○その他OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(835KB)[PDF]
 ※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSHV47をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 12共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?


続きを読む

au向けフラッグシップスマホ「Galaxy S22 Ultra SCG14」と「Galaxy S22 SCG13」が機種変更で1万6500円OFFに!割引額が期間限定で増額


auのGalaxy S22・S22 Ultraの5G機種変更おトク割が期間限定で増額!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、携帯電話サービス「au」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22 SCG13」および「Galaxy S22 Ultra SCG14」(ともにSamsung Electronics製)のキャンペーン「5G機種変更おトク割」における割引額を期間限定で通常の5,500円OFFから16,500円OFFに増額するとお知らせしています。

期間は2022年6月10日(金)から7月31日(日)まで。なお、公式Webストア「au Online Shop」では注文月の翌月下旬以降にau PAY残高へ16,500円(不課税)相当を還元(チャージ)するということです。直営店における価格(金額はすべて税込)はGalaxy S22 SCG13が125,030円(3,130円/月×23回+53,040円)、Galaxy S22 Ultra SCG14が178,820円(4,660円/月×23回+71,640円)。

なお、auに登録されている直近の購入機種を12カ月目以上利用していることが条件となっているほか、購入時に対象料金プランと「故障紛失サポート」に加入していることが条件となっています。その他、キャンペーンの詳細な条件や注意事項はキャンペーンWebページ( https://www.au.com/mobile/campaign/5g-otoku/ )をご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。