S-MAX

au

auとUQ mobileのiPhone・iPad向け「故障紛失サポート with AppleCare Services」が保証期間を永年化&年2回に!Apple Watch向けも提供開始



KDDIおよび沖縄セルラー電話は24日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」において提供している「iPhone」や「iPad」の修理や紛失・盗難の補償、Apple公式テクニカルサポートを利用できる「故障紛失サポート with AppleCare Services」の補償範囲を2021年9月24日(金)より拡大するとお知らせしています。

これまで故障紛失サポート with AppleCare Servicesでは4年間の保証期間としていましたが、これを撤廃して永年化するほか、修理時や紛失・盗難時の各サポート回数を1年間で2回までに増やします。また「Apple Watch」の修理補償とApple公式テクニカルサポートを4年間適用可能な「修理サポート with AppleCare Services for Apple Watch」を同日から提供開始します。

続きを読む

KDDI、auとUQ mobile向けYouTube Premium無料提供期間を期間限定で3ヶ月から6ヶ月に拡大!9月22日から来年3月末までの申込分が対象


auとUQ mobileのYouTube Premium無料提供が期間限定で6ヶ月に拡大!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は21日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」において実施しているサブスクリプション「YouTube Premium」(個人プラン)の3カ月間の無料提供について2021年9月22日(水)から2022年3月31日(木)まで無料提供期間を6カ月間に拡大するとお知らせしています。

なお、対象者はauの4Gと5Gの対象となるスマートフォン(スマホ)向け料金プラン、UQ mobileの5G向け料金プラン「くりこしプラン +5G」を契約している人がはじめてau IDとGoogleアカウントを連携してYouTube Premiumを申し込む場合となっています。なお、無料期間終了後は自動課金となります。

続きを読む

iPhone 13・13 mini・13 Pro・13 Pro Maxの価格をまとめて紹介!アップルや楽天モバイルだけでなく、NTTドコモやau、SoftBankもSIMロックなし


docomoやau、SoftBank、AppleなどのiPhone 13シリーズの価格をチェック!

既報通り、Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」を発表し、各機種・各販路ともに9月24日(金)に発売されます。また発売に先立って9月17日(金)21時より予約受付が実施されています。

日本ではAppleに加え、ヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式Webストア、さらにNTTドコモおよびau、SoftBank、そして今年は楽天モバイルからも販売されます。これに伴い、各社ともに価格を案内しており、これまでに逐次紹介してきましたが、本記事ではまとめて紹介しておきます。

またこれまではNTTドコモやau、SoftBankでは購入時にSIMロックがかかっていましたが、総務省が今年10月よりガイドラインを改定することから先立ってiPhone 13シリーズについてNTTドコモやau、SoftBankでもSIMロックをかけずに販売するとのこと。金額はすべて税込。

続きを読む

KDDI、auの「iPhone 12 mini」およびUQ mobileの「iPhone 12 mini」と「iPhone 11」の価格を最大1万8415円値下げ!さらに最大2万2千円割引


auとUQ mobileがiPhone 12 miniなどを値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、携帯電話サービス「au」におけるApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および携帯電話サービス「UQ mobile」におけるiPhone 12 miniと「iPhone 11」の価格を2021年9月17日(金)より改定したとお知らせしています。

改定されたのはともに式Webストア「au Online Shop」や「UQ mobile オンラインショップ」などの直営店における価格で、各製品/モデルともに値下げされ、本体価格はauのiPhone 12 miniの64GBが71,650円、128GBが77,170円、UQ mobileのiPhone 12 miniの64GBが71,650円、128GBが77,170円、iPhone 11の64GBが66,235円となっています。

値下げ幅は最大18,415円。なお、au Online Shopでは各製品/モデルともに「au Online Shop お得割」によって新規契約で11,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で22,000円OFF、機種変更では5,500円相当のau PAY残高でキャッシュバック(店頭では5,500円OFF)、22歳以下なら「au Online Shop U22キャッシュバック」によって新規契約で10,000円相当のau PAY残高が追加でキャッシュバックされます。

また残価設定方式の「スマホトクするプログラム」の対象となっているため、プログラムを適用して25ヶ月目までに購入した機種を返却した場合に24回目の支払額(残価)が免除され、残価はiPhone 12 miniの64GBが30,480円、128GBが33,125円と設定されています。

一方、UQ mobile オンラインショップでは「UQ mobile オンラインショップ お得割」でiPhone 12 miniのMNPとiPhone 11の新規契約・MNPでは「くりこしプラン +5G」のSを契約で17,600円OFF、M/Lを契約で22,000円OFF、iPhone 12 miniの新規契約ならSを契約で12,100円OFF、M/Lを契約で16,500円OFF、MNPならSを契約で17,600円OFF、M/Lを契約で22,000円OFF、各機種/モデルの機種変更では5,500円OFFとなります。

続きを読む

防水&FeliCa対応!開くとタブレットスタイルの2つ折りスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」の実機を写真で紹介。NTTドコモとauから発売【レポート】


横開きフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」をフォトレポート!

サムスン電子製の折り畳めるディスプレイ搭載した2つ折りの最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」が10月上旬にNTTドコモとauから発売される。新たにNTTドコモからも販売されるほか、両機種ともに防水(IPX8)とおサイフケータイ(FeliCa)に対応したという点でも注目だ。

この記事ではこのうちの開くとタブレットサイズの大画面モデルに変形するGalaxy Z Fold3 5Gについて実機を触れる機会があったため、写真を交えてその特徴を紹介していく。なお、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などの直営店における価格(金額はすべて税込)もすでに案内されており、NTTドコモ版「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」は237,600円、au版「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」は237,565円となっている。

ともに残価設定方式の「いつでもカエドキプログラム」および「スマホトクするプログラム」の対象となっており、Galaxy Z Fold3 5G SC-55Bは6,198円/月×23回+95,040円(早期利用特典1,200円/月)で実質負担額129,354円から、Galaxy Z Fold3 5G SCG11は6,875円/月×23回+79,440円で実質負担額158,125円となる。

またNTTドコモでは「5G WELCOME割」で他社から乗り換え(MNP)なら22,000円が割り引かれ、auでは「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円、MNPなら22,000円、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円(au Online Shopでは5,500円相当がau PAY残高でキャッシュバック)が割り引かれる。

その他、Galaxy Z Flip3 5Gの発売を記念してサムスン電子ジャパンでは購入・応募した人全員にもれなくSペンが収納できる手帳型ケース「Flip Cover with Pen」と完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190)」(Phantom White)、「microSDカードリーダー」をプレゼントする予約・購入キャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/2021z-fold3-z-flip3/ )を実施する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。