S-MAX

アプリ

スポーツ専門のライブ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が日本上陸!Jリーグやブンデスリーガ、MLB、NBA、UFC、F1など130以上のコンテンツが視聴可能


ゼロから始めるスマートフォン

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」( https://www.dazn.com/ja-JP )が2016年8月23日(火)に日本でのサービスを提供開始しました。料金は月額1,750円(税抜)。なお、1カ月の無料お試しが利用できます。

マルチデバイスに対応し、テレビ(スマートテレビ)のほか、スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などで利用できます。さらに今後まもなくゲーム機にも対応する予定となっているとのこと。

続きを読む

楽天、定額制のスマホなど向け電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」を提供開始!月額380円で約200誌、独自キュレーションコンテンツも用意


ゼロから始めるスマートフォン

楽天は9日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどから約200誌の電子雑誌が定額制で読み放題できるサービス「楽天マガジン」を2016年8月9日(火)に提供開始したと発表しています。

利用料は月額380円(税別)・410円(税込)で、年間購読なら3,600円(税別)・3,888円(税込)となっています。対応プラットフォームはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降およびiOS 8.0以降。1アカウントにつき最大5台のスマートフォン・タブレット端末で利用可能。

続きを読む

ポケモンGOのアプリが再びバージョンアップ!最新バージョンはAndroidが0.35.0、iPhoneが1.5.0でポケモンの強さを評価してくれる機能が追加――不正行為対策や各種不具合修正も


Pokémon GOのアプリがまたまたバージョンアップ!

Niantic(ナイアンティック)は23日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップしたとお知らせしています。

最新バージョンはVersion 0.35.0となっており、新たに「ポケモンの強さを評価してくれる機能」を追加し、ボット(bot)による不正行為対策や各種不具合修正などが実施されています(iOS向けはVersion 1.5.0となっていますが、内部的には同じVersion 0.35.0に)。

続きを読む

ASUS、人気ゲームアプリ「ポケモンGO」がZenFoneシリーズで正式に使えるようになったと案内!野良apkファイル配信も終了に


ASUSのZenFoneシリーズでポケモンGOが正式にプレイ可能に!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにて人気ゲームアプリ「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)が正式に利用できるようになったとお知らせしています。

ZenFoneシリーズでは一部Intel製チップセットを搭載していたこともあってかそうでない製品も含めてポケモンGOの提供国・地域であってもアプリ配信マーケット「Google Playストア」からポケモンGOをダウンロードできない状態となっていました。

そのため、ASUSではこれまで公式にポケモンGOのapkファイルを独自に配信し、野良アプリとして自己責任で利用できるようにしていたりとできる限りの対策をしてきました。

今回、ようやく正式にZenFoneシリーズでGoogle PlayストアからポケモンGOのアプリをダウンロードできるようになったとして同社の公式FAQページにて対応機種一覧を案内しています。

続きを読む

Google、低速回線でも高画質なビデオ通話ができるサービス「Duo」を提供開始!Androidだけでなく、iPhoneなどのiOS向けアプリもリリース


GoogleがiPhoneやAndroidで使えるビデオ通話アプリ「Duo」を配信開始!

Googleは15日(現地時間)、今年5月に開催した開発者向けイベント「Google I/O 2016」にて発表した低速回線でも高画質なビデオ通話ができるスマートフォン(スマホ)など向けサービス「Duo」を順次提供開始するとお知らせしています。

対応プラットフォームは、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 9.0以降で、すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にてダウンロードが可能となっています。利用料は無料。

続きを読む

ポケモンGOのアプリがバージョンアップ!最新バージョン0.33.0でiPhoneなどではバッテリーセーバー機能が復活し、ニックネーム変更や近くにいるポケモン機能の改良、各種不具合修正など


Pokémon GOのアプリが再度バージョンアップ!

Niantic(ナイアンティック)は8日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップしたとお知らせしています。

最新バージョンはVersion 0.33.0となっており、トレーナーのニックネームを一度だけ変更できるようにしたほか、近くにいるポケモンで新機能をテストしながら追加し、モンスターボールを投げたときの不具合修正などの各種不具合修正などが実施されています(iOS向けはVersion 1.3.0となっていますが、内部的には同じVersion 0.33.0に)。

また、iPhoneなどではバッテリーセーバー機能が復活し、バッテリーセーバー機能の不具合も解消されているとのこと。その他、一定速度以上で走行している場合に車を運転している場合があることを考慮して運転していないか確認する画面が追加されています。

続きを読む

Google検索で「2016年リオオリンピック」のスケジュールや試合結果などの情報を簡単にチェック可能!NHKスポーツアプリでそのままライブ映像も視聴可能


ゼロから始めるスマートフォン

ブラジル・リオデジャネイロにて「2016年リオオリンピック」が2016年8月5日から開催されています。グーグル(以下、Google Japan)ではWeb検索サービス「Google検索」( http://google.com )を使えば、競技スケジュールや試合結果、選手情報などを簡単に調べることができるとお知らせしています。

使い方はWebブラウザーのGoogle検索窓またはGoogleアプリから「リオ2016」などのワードで検索すると、競技スケジュールや獲得メダル数、結果速報、選手の情報などが、特別なスタイルでわかりやすく表示されます。検索ワードは、選手の名前や競技名で検索してもOKです。

続きを読む

Pokémon GOでアプリアップデートによってポケモンが捕まりにくくなる不具合が発生中!開発元のNianticが修正していることを案内


ポケモンGOの最新バージョンではポケモンが逃げやすいバグが!

Niantic(ナイアンティック)は5日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップ後に不具合でポケモンが捕まえにくくなっていると案内しています。

現在、すでに紹介したAndroid版は0.31.0、iPhoneなどのiOS版は1.1.0(内部バージョンは0.31.0)の後にさらに不具合を修正した1.1.1(内部バージョンは0.31.1)をリリースしています。

今回、これらのバージョンにおいてポケモンを捕まえる際に投げるモンスターボールのスローの精度に影響を与える不具合が見つかり、ポケモンが逃げ出す確率を増加させ、XP(経験値)のボーナスをなくすようになっているとし、同社では修正に取り組んでいるとしています。

続きを読む

NTTドコモとエイベックス通信放送、スマホで360度パノラマ映像が楽しめるVR視聴専用アプリ「dTV VR」を提供開始!dTV会員以外も無料で視聴できるオリジナル作品も配信


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモとエイベックス通信放送は29日、スマートフォン(スマホ)などで360度パノラマの3D映像が楽しめるVR(バーチャルリアリティー)視聴専用アプリ「dTV VR」を配信開始したとお知らせしています。

対応プラットフォームはAndroid 4.3(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 7.0以降で、アプリは無料。また、dTV VRのリリースを記念して「dTV」の会員だけでなく誰でも無料で視聴できるオリジナルVR作品も配信開始。

またdTV会員限定となりますが、2016年8月27〜28日の2日間に東京・味の素スタジアムで開催される「a-nation stadiumfes. powered by dTV」のライヴステージのVR配信も行われます。配信時期は今秋を予定。

続きを読む

ポケモンGOのアプリがバージョンアップ!最新バージョン0.31.0でトレーナーアバターの再編集機能追加やメモリー問題改善、各種不具合修正など


Pokémon GOのアプリがバージョンアップ!

Niantic(ナイアンティック)は30日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップしたとお知らせしています。

最新バージョンはVersion 0.31.0となっており、トレーナーアバターの再編集機能追加やメモリー問題改善、マップ表示の不具合修正などの各種不具合修正などが実施されています(iOS向けはVersion 1.1.0となっていますが、内部的には同じVersion 0.31.0に)。

また、起動時に毎回「危険が予想される地域には、立ち入らないでください」や「歩きながら画面を見続けたり、運転中のプレイはやめてください」などの注意が表示されるようになっているほか、iOS向けでは電池の持ちを良くする「バッテリーセーバー機能」が削除されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。