S-MAX

アプリ

スマホ向け決済サービス「LINE Pay」が最大20%還元キャンペーン「Payトク!!!」を6月1〜9日まで実施!専用アプリ利用で還元上限が2倍の1万円相当に。100万円分チャレンジも


LINE Payの最大20%還元キャンペーンが6月1〜9日に実施!5月はなしに

LINE Payは20日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において期間中いつでもLINE Payボーナスの15%還元が受けられるキャンペーン「Payトク!!!」を2019年6月1日(土)0:00から6月9日(日)23:59まで実施するとお知らせしています。

Payトク!!!では同社が実施している「マイカラー」のポイント(0.5〜2%)還元や2019年7月末までの「コード支払い」に+3%を上乗せするキャンペーンと合わせて最大20%還元となり、還元上限は通常5,000円相当までですが、今年4月より提供している専用アプリ「LINE Payアプリ」を利用すれば2倍の10,000円相当までとなります。

対象店舗はLINE Payの全加盟店で、支払方法はコード支払いおよびAndroid限定のタッチ払い(QUICPay+/Google Pay)、オンライン支払い、請求書支払いとなっており、今回はLINE Payカードは含まれないとのこと。Payトク!!!の還元時期は8月初旬頃を予定しています。

またすでに紹介している本日5月20日11:00より開始されたタダで友だちに1,000円相当のLINE Payボーナスをプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」に合わせて『「#100万円分チャレンジ」Twitterキャンペーン』も開始されています。期間は祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭と同じく2019年5月29日(水)23:59まで。

期間中に条件を満たしたLINEの利用者のうちで抽選で10人に最大100万円分のLINE Payボーナスがプレゼントされるキャンペーンで、条件は祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭にて10人以上の友だちにLINE Payボーナスを送り、LINE Payの公式Twitterアカウント( @linepay_jp )をフォローし、ハッシュタグ「#100万円分チャレンジ」を付けてTwitterにて10人以上に送ったことをツイートすることとなっています。

続きを読む

スマホ向け決済サービス「LINE Pay」にて友だちにタダで千円分をプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月20〜29日に実施


LINE Payにて「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」が開催!

LINEおよびLINE Payは16日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において2019年5月20日(月)11:00~5月29日(水)23:59にキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」( https://linepay.line.me/campaign/30bill.html )を実施すると発表しています。

祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は上記キャンペーンページから自分のLINEの友だちにLINE Payの送金機能を利用するような感覚で「LINE Payボーナス」を送ることができ、期間中に友だちからLINE Payボーナスが送付されると、特典としてLINE Payボーナス1,000円相当がプレゼントされます。

この送られた特典の総額が300億円相当分すべて付与されるまで実施され、特典額としてはLINEグループ史上最大の還元祭となるとのこと。期間中であれば、LINEの友だちやグループに送ることができるので、普段から親しくしている人から久しぶりに連絡してみたい人までたくさんの友だちと新時代を迎えたコミュニケーションを楽しくとれるということです。

またキャンペーンに参加して友だちに1,000円相当のLINE Payボーナスを送信完了すると、キャンペーンキービジュアルや元号発表をモチーフにしたLINEキャラクター起用の「LINEスタンプ」(全8種類)もプレゼントされます。自分で無料でダウンロードする必要がありますが、キャンペーンを通してLINEの友だちとやりとりする際に楽しく使えます。

続きを読む

スマホなど向けコード決済サービス「PayPay」の「第2弾100億円キャンペーン」が終了!6月からは「ワクワクペイペイ」と「PayPayチャンス」が開始


ペイペイの第2弾100億円キャンペーンが終了!

ソフトバンクとヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは13日、同社のスマートフォン(スマホ)向け決済サービス「PayPay」において2019年2月12日(火)から実施していた支払額の一部または全額を還元する「第2弾100億円キャンペーン」( https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/ )を2019年5月13日(月)23:59に終了すると発表しています。

本キャンペーンは還元額が100億円相当に達するか、5月31日(金)までで終了するとしていましたが、先に5月13日付けで100億円に達したので終了となりました。なお、昨年末に実施された第1弾では内容が異なっているとはいえ10日間で終了したのに対し、第2弾はおよそ3ヶ月とかなり長い期間実施されていたことになります。

なお、同社ではすでに発表しているように6月からは「ワクワクペイペイ」と「PayPayチャンス」の2つのキャンペーンが実施されます。その他、同社では経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」においてA型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)およびB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)として登録されたことを発表しています。

続きを読む

電子マネー「iD」のAndroid向けアプリが5月14日にアップデート予定!NTTドコモのPixelシリーズやSIMフリースマホなどでもdカード・dカードminiが登録可能に


Androidスマホ向けiDアプリがアップデート!SIMフリーなどでdカードが登録可能に

NTTドコモは8日、同社が展開する電子マネーサービス「iD(アイディー)」のAndroidスマートフォン(スマホ)向け「iDアプリ」を2019年5月14日(火)午前10時以降にVer.25.00.0へアップデートするとお知らせしています。

これにより、現在、同社の「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」およびSIMフリー製品などの同社以外から販売されている製品では「dカード」(dカードGOLD含む)および「dカードmini」が登録できませんが、これらの製品でも登録できるようになるということです。

なお、これらの製品ではアプリ配信マーケット「Google Payストア」から「iDアプリ(MVNO/SIMロックフリー端末版)」をインストールする必要がありますが、dカード・dカード miniを登録するためにはspモードに接続する必要があるということです。

続きを読む

Webブラウザー「Microsoft Edge」のmacOS向けが近くリリース!コレクションやInternet Explorerモードなどの新機能が提供予定。ChromiumベースのWindows 10向けプレビュー版は配信中


Microsoftが開発者イベント「Build 2019」を開催!Edgeなどの最新情報を紹介

Microsoftは6日(現地時間)、同社の本社があるアメリカ・シアトルにおける「Washington State Convention Center」で開催している開発者向けイベント「Build 2019」の基調講演にてWebブラウザー「Microsoft Edge」のmacOS版を近くリリースすると発表しています。

Microsoft EdgeはすでにWindowsやAndroid、iOS向けに提供されており、昨年末に新たにオープンソースの「Chromium」(HTMLレンダリングエンジン「Blink」+JavaScript実行エンジン「V8」)を採用することを発表し、今年4月よりWindows 10向けにプレビュー版を提供しています。

同社ではMicrosoft Edgeのクロスプラットフォーム化を進めており、ChromiumベースのMicrosoft EdgeについてWindows 10版に加えてWindows 7および8、8.1、そしてmacOS版も近日中に提供する予定で、Build 2019ではMicrosoft Edgeの新機能について説明がありました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。