S-MAX

アプリ

JR北海道の石北線・釧綱線にてスマホで定期券を予約・購入・乗車できるサービスが4月1日提供開始!ウェルネットのアプリ「バスもり!」を利用


JR北海道の石北線・釧綱線でスマホ定期券がスタート!

北海道旅客鉄道(以下、JR北海道)は17日、同社が運行する「石北線」および「釧綱線」における一部エリアを対象にスマートフォン(スマホ)で予約・購入・乗車ができる「スマホ定期券」を2018年4月1日(日)に提供開始すると発表しています。

これはウェルネットが提供するスマホなど向けアプリ「バスもり!」を利用し、利用者がスマホなどにアプリを導入し、定期券を購入でき、スマホなどの画面に購入した定期券を表示させて駅員に見せる仕組みとなっています。

これにより、クレジットカードやコンビニエンスストア(コンビニ)などでの支払いで24時間いつでもどこでも定期券を購入可能となります。なお、スマホなどに表示させる定期券は利用日から表示でき、有効期間を過ぎると表示されなくなります。

また偽造防止のため、表示される定期券の中央にある乗り物が右から左へスクロールする仕様になっており、一定期間経過後に乗り物の「色」が変わるようになっているとのこと。

続きを読む

コミュニケーションアプリ「LINE」がサービス向上のためにプライバシーポリシーを変更!トークの相手や使ったスタンプ、公式アカウントとのトーク内容などの情報を活用へ


LINEがプライバシーポリシー変更!トークの相手などの情報をグループ会社で活用へ

LINE Corp.は15日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( https://line.me )において不正利用の防止やサービスのさらなる改善・開発などのために特定の情報利用に関する案内およびプライバシーポリシーの変更を行うとお知らせしています。

これにより、今後はLINEのトークの相手や日時、既読、取消機能などの利用状況や使用したスタンプ・絵文字・エフェクト・フィルター、さらに相手が公式アカウントの場合にはトークの内容を含むコミュニケーションなどを同社およびグループ会社間で共同利用するとのこと。

すでに同日よりAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリの最新版8.0.0をリリースし、アップデートすると起動時に「同意画面」が表示され、少なくともプライバシーポリシーの変更には同意しないと継続して利用できないようになっています。情報利用についてはチェックを外せるほか、一度同意後にも設定からをオフにすることが可能です。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」がiPhone 5や5cなどのiOS 11非対応機種で利用できなくなるように!日本時間3月1日より配信予定の次回アップデートから


iPhone 5などのiOS 11未満製品でポケモンGOがプレイ不可に!

Niantic(ナイアンティック)は9日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において「iPhone 5」や「iPhone 5c」などの「iOS 11」にOSバージョンアップできない製品で利用できなくなるとお知らせしています。

日本時間3月1日より配信予定のポケモンGOアプリの次回ソフトウェアアップデート配信後から対象機種ではアプリが起動できなくなるとのこと。ただし、アカウントは消失せず、他のポケモンGOアプリ対応機種でプレイすることが可能ということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singurality:スマホゲームのセールスランキングは正義なのか?加熱するゲーム内課金の問題点とこれからを考える【コラム】


もはや切っても切れない「スマホゲームと課金ガチャ」の関係について考える!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は4日、2017年に日本のGoogle Playにおいて最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「Google Play ベスト オブ 2017」の表彰式を開催しました。表彰式ではエンターテイメント部門やソーシャル部門、イノベーティブ部門などさまざまな部門が用意され、また今年からユーザーによる人気投票を反映したユーザー投票部門も新設されてゲームやアプリの大賞が選考・表彰されました。

ゲーム部門ではCraft Eggの「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」がアトラクティブ部門の大賞とユーザー投票部門のゲーム大賞をダブル受賞するなど、今年も新たなゲームの登場がゲーム業界を沸かし、大いに盛り立ててくれました。

かくいう筆者も毎日スマートフォン(スマホ)でゲームを楽しむ1人ですが、スマホゲームを遊んでいていつも悩ましく感じてしまうのは「課金」の瞬間です。筆者の大好きなガンホーの「パズル&ドラゴンズ」(以下、パズドラ)でも毎週のようにイベントが組まれ、ゲームを楽しむためには課金による継続プレイや有料ガチャで排出される強力なモンスターを手に入れる必要があります。

ここで常に問題視されるのが「有料ガチャ」や「課金ガチャ」と呼ばれているものなのは皆さんもご存知の通りです。ガチャの名の通りそこで手に入るキャラクターやアイテムは一定確率となっており、運次第ではたった1回で手に入ることもあれば、運が悪いと何十回も課金しなければいけない場合もあります。

この課金システムがいわゆる重課金や廃課金といった問題を起こしているわけですが、これだけ問題とされながらもなぜゲームメーカーは自粛や自主規制の方向へと進められないのでしょうか。また中毒的に課金ガチャへ依存してしまうユーザー心理に解決策はないのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singurality」。今回はゲーム内課金にまつわる問題点とこれからについて考えます。

続きを読む

Google Playの人気アプリを表彰する「ベスト オブ 2017」が開催!2017年大賞はアプリが「AWA」とゲームが「ファイヤーエムブレム ヒーローズ」に【レポート】


2017年のベストゲームとベストアプリノミネート作品を紹介!

グーグル(以下、Google Japan)は4日、都内にて2017 年に 日本のGoogle Play において最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「ベスト オブ 2017」の表彰式を開催し、ベストアプリおよびベストゲームの2つを発表した。

ベストアプリは、エンターテイメント部門、ソーシャル部門、デイリーヘルパー部門、イノベーティブ部門、隠れた名作部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門からノミネートされたアプリから1作品が選ばれた。

一方のベストゲームは、エキサイティング部門、アトラクティブ部門、インディー部門、クリエイティブ部門、キュート&カジュアル部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門から、ノミネートされたゲームから1作品が選ばれた。

2016年の大賞はベストアプリが「Abema TV」、ベストゲームが社会問題にもなった「Pokémon GO(ポケモンGO)」だった。今回は、2017年のベストアプリおよびベストゲームにノミネートされた作品と受賞作品を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。