S-MAX

アプリ

日本で正式スタートした「ポケモンGO」とマクドナルドがコラボ!日本では400店舗にジム、2500店舗にポケストップを設置ーー開発元CEOは開始が遅れたのはサーバー容量の制約のためと説明


ポケモンGOと日本マクドナルドのコラボ詳細が発表!

日本マクドナルドおよびNiantic、任天堂傘下のポケモンは22日、すでに紹介したように日本でサービス開始したスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてコラボレーション(コラボ)を実施することを発表しています。

コラボはポケモンGOとのスタート時の単独パートナーとして、日本国内のマクドナルド約2900店舗(一部店舗を除く)が同ゲーム内の特別な場所である「ジム」や「ポケストップ」として登場します。なお、ジムやポケストップはマクドナルド以外にも設置されています。

約400店舗は他プレイヤーのポケモンと戦う「ジムバトル」などが行われるジムとなり、残る約2500店舗が対象の「ポケストップ」ではプレイヤーはモンスターボールなどのゲームを進める上で必要となるさまざまな道具を手に入れることができます。

ポケモンGOの対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降の2GB内蔵メモリー(RAM)以上搭載機およびiOS 8.0以上のiPhone 5以降。すでにAndroidスマートフォン(スマホ)やiPhoneなどにてアプリ配信マーケット「Google Playストア」や「App Store」でもダウンロード・インストールして遊べます。

またアプリ配信マーケットでは各検索でも「ポケモンGO」や「Pockemon GO」で検索すると公式アプリが検索結果のトップに来てダウンロード・インストールできるようになっています。利用料は基本プレイ無料のアイテム課金制。

続きを読む

話題のスマホなど向けゲームアプリ「ポケモンGO」が日本でサービス開始!Google PlayストアやApp Storeでダウンロードが可能に


日本で「ポケモンGO」が提供開始!

Nianticと任天堂傘下のポケモンは22日、人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)を日本でサービス開始しています。

まだ公式のお知らせなどはありませんが公式リリースも行われ、筆者の手元で地図上にジムなどが表示されたほか、ポケモンの捕捉も行えました。また、Niantic CEOのJohn Hank氏とゲームフリークの増田順一氏による開発者メッセージが公開されたほか、安全対策などについても案内されています。利用料は基本プレイ無料のアイテム課金制。

アプリ配信マーケット「Google Playストア」や「App Store」でも検索でも「ポケモンGO」や「Pockemon GO」で検索すると公式アプリが検索結果のトップに来てダウンロード・インストールできるようになっています。

続きを読む

日本マクドナルドが話題のスマホなど向けゲームアプリ「ポケモンGO」とコラボすると正式発表!詳細案内や日本でのサービス開始は後日に


マクドナルドがポケモンGOとコラボすると発表!サービス開始は後日

日本マクドナルドホールディングスは20日、連結子会社の日本マクドナルドが話題のスマートフォン(スマホ)など向けゲームアプリ「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)とのコラボレーションを近々実施する予定であると発表しています。

現在、ポケモンGOのサービススタート時に不便がないように開発元が鋭意準備しているとのこと。環境が整い次第、速やかに詳細を含め、報告するとしています。

なお、ポケモンGOの日本でのサービス開始が本日20日であるとの予測もありましたが、どうやら後日になるようです。これまで開発元のNiantic LabのCEOは7月中で「もう間もなく」と発言しています。

続きを読む

話題のスマホなど向けゲーム「ポケモンGO」の日本でのサービス開始は本日7月20日?WSJが伝え、サーバーも準備中にーースポンサー提携でマクドナルドがジムスポットになる模様


話題のスマホなど向けゲーム「ポケモンGO」の開始は今日?

人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)の日本でのサービス開始が早ければ2016年7月20日(水)になるとWall Streat Journalなどが伝えています。

記事では日本マクドナルドと提携し、スポンサーとして全国のマクドナルドがジムスポットとなることが開始とともに発表されるとのこと。なお、ポケモンGOを開発するNiantic Labsは「(日本でのサービス開始について)未定」という回答を続けているものの、すでに紹介したように7月中で「もう間もなく」とのことなのでいつ開始されてもおかしくはなさそうです。

また、各オンラインゲームのサーバー稼働状況確認ができる「MMO Server Status」におけるポケモンGOのサーバー( http://www.mmoserverstatus.com/pokemon_go )に日本が追加され、準備段階に入っているのは間違いなさそうです。

続きを読む

話題のスマホなど向けゲームアプリ「ポケモンGO」のデータ通信料が1年間無料となるプランが日本でも登場!月額1220円からの「DTI SIM ノーカウント」が予約受付中


Pokémon GOのデータ通信が1年間は無料になる新プラン「DTI SIM ノーカウント」が発表!

フリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)は19日、同社がNTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「DTI SIM」( http://dream.jp/mb/sim/ )において特定アプリの利用において発生するデータ通信量を既定の通信容量に1年間含めない新プラン「DTI SIM ノーカウント」を発表しています。

対象アプリはスマートフォン(スマホ)など向けゲームとして日本でももう間もなく配信開始される予定の「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)。2016年7月19日(火)から予約受付を開始し、提供開始時期は日本でポケモンGOがリリースされた後を予定。

月当たりのデータ通信量は5GBまでで、データプランおよびデータSMSプラン、音声プランが用意されており、月額料金(税別)はそれぞれ1,220円および1,370円、1,920円。別途、初期費用3,000円やユニバーサル料2円/月がかかります。

続きを読む

話題沸騰のスマホなど向けゲーム「ポケモンGO」は日本で7月29日開始!?開発会社CEOが7月中で「もう間もなく」と発言


スマホなど向けゲーム「ポケモンGO」の日本での開始は7月中でもう間もなく!

Niantic Labsと任天堂傘下のポケモンは6日(現地時間)、人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)をアメリカおよびオーストラリア、ニュージーランドにて正式サービス開始したと発表しています。

その後もイギリスやドイツ、イタリアやスペイン、ポルトガルといったヨーロッパを中心に提供開始されており、現時点では35カ国・地域で公式に利用できるようになっていてアメリカを中心にかなり話題・人気となっています。

日本でも開始が待望されていますが、当初はNiantic Labs アジア統括マーケティングマネージャーの須賀健人氏が自身のTwitterアカウントにて「もうちょっとだけ先」としていましたが、Niantic Labs CEOのJohn Hanke氏が「7月末までに」や「もう間もなく」と発言しており、来週までには遊べそうです。

また、Pokémon GOでポケモンをゲットできる専用デバイス「Pokémon GO PLUS」がAmazon.co.jpにて一時的に商品ページが掲載されていたとのことで、発売日が7月29日になっていたとして最有力視されています。

続きを読む

スクウェア・エニックス、人気RPG「ファイナルファンタジー7」のAndroid向けアプリをついに配信開始!エンカウントオフやステータスMAX機能を搭載


ゼロから始めるスマートフォン

スクウェア・エニックス(以下、スクエニ)は7日、人気ロールプレイングゲーム「FINAL FANTASY(ファイナルファンタジー)」シリーズで最も売れた「FINAL FANTASY VII」(以下、FF7)のAndroid向けアプリを提供開始したとお知らせしています。価格は1,800円。対応OSはAndroid 4.3(開発コード名:JellyBean)以降。

これまでスマートフォン(スマホ)など向けとしては昨年8月にiPhoneなどのiOS向けアプリの配信が開始されていましたが、Android向けについてはこれまで提供の有無さえ案内されていませんでした。しかし今回、突如配信が開始されました。

続きを読む

やるべきことがあるときについついゲームなどをしてしまう誘惑をはねのける!?NTTドコモ、スマホの誘惑をはねのけてくれるアプリ「集中モード」のお試し版を配信開始


ゼロから始めるスマホ

NTTドコモは12日、Android向けにスマートフォン(スマホ)などの使いすぎを防止するためのアプリ「集中モード」のお試し版の配布開始したとお知らせしています。利用料金は無料で、NTTドコモ以外でも利用できます。

スマホは常に身近においておくものですから、ついついYouTubeやゲームなどに手が伸びてしまい、勉強や掃除、仕事など、本来やらなければならないことに身が入らなかったり、さぼってしまったりということが往々にして起こります。

今回、提供が開始された集中モードというアプリはスマホの誘惑をはねのけてくれる機能を持ち、スマホで遊び始めてしまった時でもやるべきことに引き戻してくれるので集中して頑張ることができるようになるということです。

続きを読む

iPhoneで簡単にオリジナル「ICカードステッカー」が作れるサービス「プリスマ」を試す!できるだけ個人情報は隠したい?好きなキャラにしたい?【レビュー】

ICカードステッカーをiPhoneで作ってみた!

これまでにも何度か紹介してきましたが、スマートフォン(スマホ)など向けアクセサリーを販売するジービーエス(GBS)が展開するiPhone向けのケースを簡単に作れる「プリスマ」は、オリジナルのiPhoneケースが1個から作ることができるサービスです。このプリスマに今年6月から新たに「ICカードステッカー」を作成できるサービスが追加されました。

ICカードステッカーとは、主にSuicaやPASMOなど交通機関用非接触型ICカード(交通系ICカード)に記載された情報を隠すことができるカード型のステッカー(シール)です。チャージ機を使ったチャージなどにおいて、機械にトラブルを起こす可能性があるため、繰り返し貼ったり剥がしたりできる点が特長です。

もちろん、交通系ICカード以外にもカードに記載されている情報を隠したい場合に貼っておくという使い方もありますが、やはりなによりも毎日持ち歩くカードにお気に入りのデザインのステッカーを貼るというシンプルな理由で楽しめる点も大きいです。

昨今では、さまざまなキャラクター系のICカードステッカーが販売されているほか、ネット上でもアニメやゲームに登場するキャラクターをデザインした「痛Suica」がまとめられていたりもします。

今回はそんなオリジナルICカードステッカーをiPhoneのプリスマアプリで簡単に使って作ってみましたのでご紹介します。

続きを読む

ヤマト運輸、iPhoneやAndroidのLINEアプリで荷物問い合わせ機能を提供開始!荷物の状況確認や配送日時・場所の変更に加え、AIを活用した会話botでより手軽に利用可能


ヤマト運輸がLINEで会話AIによる荷物問い合わせ機能を提供!

ヤマト運輸は27日、同社の公式LINEアカウント( @yamato_transport )に人工知能(AI)を活用した会話ボット(bot)による荷物問い合わせ機能を2016年6月27日(月)より追加し、荷物の状況の確認やお届けの日時・場所の変更がより一層スムーズになるとお知らせしています。

利用料は無料。利用には別途、LINEのAndroidやiPhone向けアプリにおいてクロネコメンバーズのクロネコIDを連携する必要があります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。