S-MAX

アプリ

LINEから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」が提供開始!出前館と提携し、全国1万4千店舗に注文可能――パソコンからは近日提供予定


デリバリーサービス「LINEデリマ」がスタート!

LINE Corp.は26日、コミュニケーションサービス「LINE(ライン)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」( https://delima.line.me )を2017年7月26日(水)より提供開始したと発表しています。

同社では夢の街創造委員会が運営する日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」と業務提携を行い、2016年7月よりLINE公式アカウント上から注文できるサービス「出前館 on LINE」を展開し、普段使用しているLINEを入り口にすることで、女性を中心に幅広い年齢の人が利用しています。

そういった中で人・情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がりすべてが完結する「スマートポータル戦略」を担うサービスの1つとして「いますぐどこからでも」というコンセプトのもと、LINEデリマをスタートさせるということです。

LINEデリマでは注文すると「LINEポイント」を受け取ることができ、貯まったポイントは出前注文の際に「1ポイント=1円」として使うことはもちろん、決済サービス「LINE Pay」やスタンプ購入などに使える「LINEコイン」と交換することが可能。

サービス開始に合わせてキャンペーン企画『出前がもっと楽しくなる「絶妙出前チャレンジ」』を実施し、加盟店スタッフやLINEデリマスタッフがLINEデリマで注文できる出前に絶妙なアレンジを加えたオススメの食べ方をLINEデリマ内で紹介しています。

また「オープニングキャンペーン」として2017年8月7日(月)までに先着5万人にLINEデリマの初回注文でLINEポイントを300ポイントプレゼント、先着5000組にLINEデリマを紹介した人とされた人の双方にLINEポイントを500ポイントプレゼント(ともに対象店舗はLINEポイント利用可能店舗)しています。

さらに2017年8月9日(水)まではガストやサルヴァトーレクオモ、大阪王将、デリズ(一部対象外の店舗あり)などの対象店舗にてLINEデリマで初回注文した場合に入金額の10%ポイントバックするキャンペーンを実施。

続きを読む

Torを利用した秘匿性の高いAndroid向けメッセンジャーアプリ「Briar」のベータ版がGoogle Playストアで提供開始!BluetoothやAdhoc Wi-Fiを使ったP2Pモードも用意


Torを利用した秘匿性の高いメッセンジャーアプリ「Briar」が登場!

Briar Projectは21日(現地時間)、秘匿性の高いネットワーク「Tor」を利用することで傍受などがされにくいAndroid向けメッセンジャーアプリ「Briar」のベータ版「Briar Beta」を提供開始したと発表しています。

アプリ配信マーケット「Google Playストア」にて配信されており、利用料は無料で条件がAndroid 4.0(開発コード名:KitKat)以上となっています。ベータ版ながらCure53から「脆弱性もなく」というお墨付きも掲載されています。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」にて伝説のポケモン「ルギア」と「フリーザー」が出現開始!サンダーとファイヤーも準備中で、ほしのすなやアメ、XPが2倍などのボーナスイベントも


ついにポケモンGOにてついに伝説のポケモンが出現!

Niantic(ナイアンティック)およびポケモンは22日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてついに「伝説のポケモン」が出現するようになったと発表しています。

伝説のポケモンはすでに紹介しているように同日7月22日(現地時間)にアメリカ・シカゴで開催されたポケモンGO初のリアルワールドイベント「Pokémon GO Fest」にて集まったトレーナーやグローバルチャレンジに挑戦した世界中のトレーナーによって伝説のポケモン出現を含む多くのボーナスが開放されました。

まずは伝説のポケモン「ルギア」、そしてもっとも多くのポケモンを世界で捕まえたチームミスティックを称えて「フリーザー」がすでに出現するようになっており、さらに「サンダー」や「ファイヤー」も登場準備中とのこと。

またこのボーナスでは7月24日(日本時間)まで「ほしのすな」が2倍多く手に入ったり、ポケモンの「アメ」が2倍多く手に入ったり、XP(経験値)も2倍獲得することが可能なほか、出現する野生のポケモンたちが増加、「タマゴ」がかえるまでの時間が3分の1に短縮、「相棒」が「アメ」を見つけるまでの距離が3分の1に短縮されます。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」においてまもなく「伝説のポケモン」が登場と正式発表!最新アプリもリリースされ、Android版0.69.0、iOS版1.39.0が配信開始


ポケモンGOにてついに伝説のポケモンが登場に!

Niantic(ナイアンティック)およびポケモンは20日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてサービス開始1周年を記念して「伝説のポケモン」が間もなく登場すると発表しています。

またNianticは18日(現地時間)にポケモンGOのAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップし、Android向け0.69.0、iOS向け1.39.0がそれぞれアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にて配信開始されています。変更点は以下の通り。

・ポケモンの情報画面に、どのモンスターボールで捕まえたかをアイコンで表示
・レイドバトル勝利後でも、ジムのフォトディスクを回転できるよう仕様を変更 -トレーナーがジムに設置した自分のポケモンに、ポケモンの情報画面から遠隔で「きのみ」をあげられるように仕様を変更しました。遠隔で「きのみ」をあげると回復量は少なくなります。
・ジムに設置されているポケモンが「やる気マンマン」の状態でも、「きのみ」をあげられるように仕様を変更
・自分の捕まえたポケモンの検索機能を改善 -トレーナーがレイドバトルを完了できない問題を修正
・ポケモンがジムから戻る際に発生していたバグを修正
・一部のバグを修正


続きを読む

データを暗号化する代わりに情報漏洩させるAndroid向けランサムウェア「LeakerLocker」がGoogle Playストアで見つかる


データを暗号化する代わりに情報漏洩させるランサムウェア「LeakerLocker」が登場!

McAfeeは7日(現地時間)、Android向けアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて個人情報を拡散しない代わりに金銭の支払いを要求をしてくるランサムウェア「LeakerLocker」を発見してGoogleに報告したと発表しています。

このランサムウェアを含むアプリは複数見つかっており、マカフィーでは「Wallpapers Blur HD」および「Booster & Cleaner Pro」を例として挙げていますが、これらのアプリはすでにGoogle Playストアからは削除されていると見られます。なお、Googleは調査中とのこと。

続きを読む

iPhoneやiPadなど向けGithubクライアントアプリ「GitPoint」が提供開始!React Nativeで開発されており、今後の機能向上や不具合修正、さらにAndroid版のリリースも期待


Githubのモバイルクライアント「GitPoint」がリリース!

Houssein Djirdehは5日(現地時間)、ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス「Github」のiPhoneやiPadなどのiOS向けクライアントアプリ「GitPoint」を提供開始しています。すでに6日(現地時間)には不具合を修正したVersion 1.1がリリースされており、対応OSはiOS 8.0以降で利用料は無料。

iOSやAndroidなどのスマートフォン(スマホ)やタブレット向けGithubクライアントアプリはこれまでにも存在はしていましたが、機能が足りなかったり、基本的な機能を使うためだけに課金する必要があったり、ユーザーインターフェース(UI)があまり良くないものが多く見受けられたので、GitPointを作ることにしたと作者は語っています。

またGitPointはReact Nativeで書かれているので、Android向けもリリースできますし、また作者もその必要性を理解しているとのことですので、しばらく待てばAndroid版もリリースされそうに思われます。筆者はiPhoneを持っていないので、Android版のリリースを待つのみです!

続きを読む

Canonical、Windows 10用Linuxアプリ「Ubuntu」をMicrosoft ストアにてリリース!現在はInsider Preview Build 16215以降で利用可能で、近日中に「SUSE」や「Fedora」も配信予定


Microsoft ストアにて「Ubuntu」が配信開始!

Microsoftは10日(現地時間)、アプリ配信マーケット「Microsoft ストア」にてLinuxディストリビューションアプリ「Ubuntu」を配信開始しています。これにより、より簡単に「Bash on Ubuntu」が利用できるようになります。料金は無料。

なお、現時点では先行β版「Windows 10 Insider Preview」におけるBuild 16215以降にて利用可能となっており、今秋以降にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定です。

続きを読む

Google、WindowsやmacOSなどとファイル共有ができるAndroid向けSambaクライアントアプリ「Android Samba Client」を提供開始!シンプルながら純正で安心


GoogleがAndroid向けのSambaクライアントアプリを配信開始!

Googleは5日(現地時間)、WindowsやmacOSなどとネットワーク経由でファイルをやり取りできるAndroid向けのSambaクライアントアプリ「Android Samba Client」をリリースしています。現在のバージョンは1.0で、要件はAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降となっています。

今までサードパーティーのSambaクライアントアプリであればアプリ配信マーケット「Google Playストア」にいくつかありましたが、とうとうGoogle純正のSambaクライアントアプリがリリースされました。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」においてTVアニメ「ポケットモンスター」の20周年アニバーサリーイヤーに合わせて主人公「サトシ」の帽子をかぶったピカチュウが7月7〜23日に出現


ポケモンGOの1周年記念企画はまだまだ続くよ!

Niantic(ナイアンティック)は6日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において「1周年記念企画」がまだ続くとお知らせしています。

Pokémon GOは昨年7月6日(現地時間)にオーストラリアおよびニュージーランドにて正式版がはじめてリリースされ、ちょうど1年が経過しました。これまでにユーザーは1250億匹以上のポケモンを捕まえたことが明らかにされました。

続きを読む

NTTドコモ、SHA-1の安全性低下によってSHA-2に対応していない機種におけるドコモアプリのサポート・動作保障対象外を案内!Android 4.2以前および一部のG型番以前などが対象


SHA-2に対応していない機種でドコモアプリがサポート・動作保障対象外に!

NTTドコモは3日、同社が提供している新たに「SHA-2」方式に対応していないAndroid 4.2以下の機種もしくは一部のAndroid 4.3~G型番以前の機種対して一部のスマートフォン(スマホ)など向けドコモアプリでサポート対象の変更を実施するとお知らせしています。

これは同社が提供するアプリでは安全に利用できるように電子署名を付与して提供しており、現在使用している「SHA-1」という方式の安全性低下のため、さらにセキュリティーレベルの高い「SHA-2」方式へ移行を進めているため。

同社では「サービス提供条件変更があるサービス名およびアプリ名一覧」より現在利用中のサービスサイトにアクセスし、今後の対応状況について確認するよう案内されています。

なお、おサイフケータイ(TypeA/B方式)に関連した「おサイフケータイ TSMプロキシ」アプリではH~J型番機種も対象。アプリにもよりますが、一部のG型番以前までが対象になる場合もあり、かなり範囲は広いのでご注意ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。