S-MAX

カウントフリー

秋吉 健のArcaic Singularity:「音楽」復活の日。かつて凋落の一途かと思われていた音楽への支出が増えている背景を通信業界視点で考察する【コラム】


音楽聴取の変遷について考えてみた!

みなさんは、最後にCDで音楽を聴いたのはいつか思い出せますか? 筆者は思い出せません。パソコン(PC)にインストールしたiTunesに5000曲以上も音楽を詰め込み、毎日のように大好きな音楽を聴いていますが、それをCDから直接聴いたことは、もう10年近くない気がします。

2000年代後半あたりから「若者の音楽離れ」のような言葉をよく聞くようになり、本連載でも2018年3月に「本当に若者は音楽を聴かなくなったのか?」と題して考察を行ったことがありました。その時点では「若者は音楽から離れていない」、「大衆音楽から個の音楽へ変遷している」とまとめました。

あれから2年半。人々の音楽聴取の形や音楽の流行に変化はあったのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は音楽聴取スタイルの変遷を絡めつつ、通信業界の視点から見た現在の音楽事情について考察します。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」のSNS音楽データフリーにSpotifyとAWAが追加!LINE MUSICオプションポイント還元キャンペーンも


LINEモバイルのSNS音楽データフリーにSpotifyとAWAが追加!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは21日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において「SNS音楽データフリーオプション」加入時のデータフリー対象として新たに音楽配信サービス「Spotify」と「AWA」を2020年7月21日(火)より追加したと発表しています。

なお、すでにSNS音楽データフリーオプションに加入している場合は7月20日よりSpotifyとAWAも自動的にデータフリー対象となるとのこと。ただし、au回線の場合は順次適用となり、7月22日中に完了予定だとしています。またSpotifyはポッドキャストの再生およびダウンロードはデータフリーの対象外。

さらに音声通話SIMで月3GB以上を契約した場合に月額基本利用料とSNS音楽データフリーオプションが合わせて最大2ヶ月間0円となる「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」および「データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン」も終了日未定で実施中です。

加えてSpotifyとAWAが新たにLINEモバイルのデータフリー対象に追加されたことを記念して2020年7月31日(金)までの期間限定でLINEモバイルの公式Twitterアカウント( @LINEMOBILE_JP )をフォロー&リツイートすると、ソニーのハイスペックヘッドフォンなどの“音楽を楽しむ”ことができる豪華商品が当たるTwitterキャンペーンを実施します。

その他、9月30日(水)までの期間中にLINE MUSICオプションに初めての申し込みで、LINE MUSICオプションの月額料金825円(金額はすべて税込)相当のLINEポイント825ポイントを最大2ヶ月分プレゼントする「LINE MUSICオプション ポイントバックキャンペーン」も同時開催しています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:勉強もいいけど、たまにはゲームもね?通信各社の通信容量支援策や料金・サービス見直しから自宅での過ごし方を考える【コラム】


通信の視点から自宅での過ごし方を考えてみた!

日本マイクロソフトは8日、100タイトル以上の人気ゲームが定額料金で遊び放題となる「Xbox Game Pass」を発表しました。Xbox向けの「Xbox Game Pass for Console」は月額850円(以下、すべて税込)、パソコン(PC)向けの「Xbox Game Pass for PC (Beta)」は月額425円、Xbox向けとPC向けの両方が遊べ、Xboxのオンラインサービス「Xbox Live Gold」が統合されたフルプラン「Xbox Game Pass Ultimate」は月額1,100円となります。

ゲームアプリ(ゲームソフト)を購入するのではなくレンタル方式であるため、1つのゲームを長くやり込むよりも、いろいろなゲームを楽しみたいというライトユースにピッタリです。世界が新型コロナウイルスの蔓延で危機的状況にある中、自宅待機や外出自粛を余儀なくされている人々に朗報とも言えるサービスでしょう。

一方で通信業界を見れば、主に25歳以下を対象とした追加データ容量無償化を各社が一斉に発表しており、自宅での勉強で通信環境が確保できなくなる不安を取り除く施策が講じられています。もちろん、本来は学習のための施策ですが、ゲームのダウンロードなどでも便利に使えます。

外出自粛が叫ばれる非常事態に私たちがストレスのない生活を維持するにはどうすれば良いのでしょうか。通信の視点から何かできることはないでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は「通信の世界から見た自宅での過ごし方」を考えます。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」が新料金プランを発表!すべてLINEで通信量は消費せず音声・データの500〜12GBまでの8種類。他のカウントフリーはオプションに


LINE MOBILEが新料金プランやキャンペーンを発表!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは10日、都内にて春商戦に向けた事業戦略を発表する記者発表会を開始し、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において新料金プランや対象のSNSが最大2ヶ月間使い放題0円のキャンペーンなどの新しい3つの取り組みを発表しています。

まず新料金プラン「ベーシックプラン」は月当たりの高速データ通信容量が500MBおよび3GB、6GB、12GBの音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の8通りが2020年2月19日(水)から提供開始され、それぞれにコミュニケーションサービス「LINE」のデータ通信容量がカウントされないオプション「LINEデータフリー」が無料で付属します。

月額利用料は音声通話SIMが500MBで1,100円、3GBで1,480円、6GBで2,200円、12GBで3,200円、データSIMが500MBで600円、3GBで980円、6GBで1,700円、12GBで2,700円(金額はすべて税別)。これにより、同社では音声通話SIMの3GBまでなら月額1,480円で使え、主要な「格安SIM」の中では最安としています。

また別途、3GB以上ならTwitterとFacebookを加えた3つのサービスがカウントフリーとなる月額280円のオプション「SNSデータフリー」、さらにInstagramやLINE MUSICも加えた5つのサービスがカウントフリーとなる月額480円のオプション「SNS音楽データフリー」が用意されます。さらにSNS音楽データフリーは今夏以降にカウントフリーとなる対象の音楽配信サービスを追加予定とのこと。

続いて対象のSNS使い放題0円など4つのキャンペーンを実施するとのこと。キャンペーンは『月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン』および『データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン』、『全スマホ対象!格安スマホ大還元祭』、『SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン』、『TwitterシェアでAmazonギフト券最大19万円分が当たる!「ギフトが貰える!心理テストTwitterキャンペーン』。

最後にLINEモバイルは音声通話SIMでの契約が75%を超え、メイン回線としての利用が増加している一方で、格安SIMの業界全体としてみると、いきなり乗り換えて大丈夫かといった不安の声もあり、同時にインバウンド需要の増加に伴い、短期間利用といったニーズの拡大も見込まれているため新たにプリペイドSIMの提供を今夏に開始予定だとしています。

その他、女優の本田翼さんを起用した新しいTVCM「LINEモバイルダンス・サプライズ」篇を2020年2月22日(土)から全国(一部地域を除く)にて放映開始します。本シリーズは第1弾が2018年11月度の作品別CM好感度ランキングで4位、第2弾が2019年3月度の作品別CM好感度ランキングで2位を獲得して好評となっているということです。

続きを読む

SoftBank向け料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のカウントフリー「動画SNS放題」に動画配信サービス「Amazon Prime Video」が2020年1月31日より追加


ウルトラギガモンスター+では来年1月31日より「Amazon Prime Video」のデータ容量もカウントフリーに!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」における料金プラン「ウルトラギガモンスター+」において高速データ通信容量を消費することなく動画・SNSを楽しめる「動画SNS放題」の対象サービスにオンデマンド動画配信サービス「Amazon Prime Video(Amazonプライム・ビデオ)」を2020年1月31日(金)より追加すると発表しています。

すでに動画SNS放題の対象サービスとなっているYouTubeやAbemaTV、TVer、GYAO!、クラシル、Hulu、LINE、スタディサプリ、Instagram、Facebook、Twitter、TikTokに加え、Amazon Prime Videoが加わることで13サービスとなります。なお、動画SNS放題の対象サービスは順次拡大する予定だとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。