S-MAX

ゲーム

秋吉 健のArcaic Singurality:スマホゲームのセールスランキングは正義なのか?加熱するゲーム内課金の問題点とこれからを考える【コラム】


もはや切っても切れない「スマホゲームと課金ガチャ」の関係について考える!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は4日、2017年に日本のGoogle Playにおいて最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「Google Play ベスト オブ 2017」の表彰式を開催しました。表彰式ではエンターテイメント部門やソーシャル部門、イノベーティブ部門などさまざまな部門が用意され、また今年からユーザーによる人気投票を反映したユーザー投票部門も新設されてゲームやアプリの大賞が選考・表彰されました。

ゲーム部門ではCraft Eggの「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」がアトラクティブ部門の大賞とユーザー投票部門のゲーム大賞をダブル受賞するなど、今年も新たなゲームの登場がゲーム業界を沸かし、大いに盛り立ててくれました。

かくいう筆者も毎日スマートフォン(スマホ)でゲームを楽しむ1人ですが、スマホゲームを遊んでいていつも悩ましく感じてしまうのは「課金」の瞬間です。筆者の大好きなガンホーの「パズル&ドラゴンズ」(以下、パズドラ)でも毎週のようにイベントが組まれ、ゲームを楽しむためには課金による継続プレイや有料ガチャで排出される強力なモンスターを手に入れる必要があります。

ここで常に問題視されるのが「有料ガチャ」や「課金ガチャ」と呼ばれているものなのは皆さんもご存知の通りです。ガチャの名の通りそこで手に入るキャラクターやアイテムは一定確率となっており、運次第ではたった1回で手に入ることもあれば、運が悪いと何十回も課金しなければいけない場合もあります。

この課金システムがいわゆる重課金や廃課金といった問題を起こしているわけですが、これだけ問題とされながらもなぜゲームメーカーは自粛や自主規制の方向へと進められないのでしょうか。また中毒的に課金ガチャへ依存してしまうユーザー心理に解決策はないのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singurality」。今回はゲーム内課金にまつわる問題点とこれからについて考えます。

続きを読む

Google Playの人気アプリを表彰する「ベスト オブ 2017」が開催!2017年大賞はアプリが「AWA」とゲームが「ファイヤーエムブレム ヒーローズ」に【レポート】


2017年のベストゲームとベストアプリノミネート作品を紹介!

グーグル(以下、Google Japan)は4日、都内にて2017 年に 日本のGoogle Play において最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「ベスト オブ 2017」の表彰式を開催し、ベストアプリおよびベストゲームの2つを発表した。

ベストアプリは、エンターテイメント部門、ソーシャル部門、デイリーヘルパー部門、イノベーティブ部門、隠れた名作部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門からノミネートされたアプリから1作品が選ばれた。

一方のベストゲームは、エキサイティング部門、アトラクティブ部門、インディー部門、クリエイティブ部門、キュート&カジュアル部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門から、ノミネートされたゲームから1作品が選ばれた。

2016年の大賞はベストアプリが「Abema TV」、ベストゲームが社会問題にもなった「Pokémon GO(ポケモンGO)」だった。今回は、2017年のベストアプリおよびベストゲームにノミネートされた作品と受賞作品を紹介していく。

続きを読む

スマホでもeスポーツ!auゲームで先行配信中の「ハチャメチャ STARJAM」イベントで田村淳さんがeスポーツを熱く語る――2020年オリンピックアジア大会では正式種目に【レポート】


スマホでもeスポーツ!auゲーム配信の「ハチャメチャ STARJAM」イベントで田村淳さんが熱く語る

Team STARJAMが日本eスポーツ協会(以下、JeSPA)主催としては初となるeスポーツイベントを11月11日に開催し、イベントのメインとなるトーナメント戦には優勝賞金100万円と豪華賞品が用意された。

渋谷区が開催する「Dive Diversity Summit Shibuya(以下、DDSS)」サテライトプログラムの一環として実施されたこのイベントでは、JeSPA公式イベントで初起用されたスマートフォン(スマホ)など向けモバイルゲーム「ハチャメチャ STARJAM」が正式発表された。

medibaが運営するゲームプラットフォーム「auゲーム」で配信された本作だが、大会開催前にスペシャルサポーターであるロンドンブーツ1号2号の田村淳さん、X-GUNの西尾季隆さん、渋谷区観光協会 理事長の金山淳吾氏、JeSPA 事務局長の筧誠一郎氏、Team STARJAMエグゼクティブプロデューサーの枝廣憲氏によるトークセッションが行われた。

今回はこのトークセッションで語られたeスポーツの魅力について紹介していく。

続きを読む

任天堂がスマホなど向けゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を配信開始!当初はアクセス過多で通信トラブルがあったものの、現在は解消されスムーズにプレイ可能


ゼロから始めるスマートフォン

任天堂が新しいスマートフォン(スマホ)など向けゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を2017年11月22日(水)より配信すると発表しました。当初、11月22日配信開始予定と発表していましたが、先行して11月21日より配信が開始されています。

対応OSはAndroid 4.2(開発コード名:JellyBean)以上およびiOS 9.0以降となっており、それぞれの公式アプリストアから無料でダウンロードでき、有料のアイテムも用意されています。

ダウンロードするにはスマホなどの本体記憶領域に350MB程度の空き容量が必要で、ダウンロードするまでに準備して欲しいと案内しています。

また配信開始直後はアクセス過多によってサーバーの通信トラブルが発生し、ゲームが遊べない状態がしばらく続いていましたが、現在はトラブルが解消されている模様で、問題なくプレイすることができます。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:落とすだけの簡単操作!ジョイントメディア、ふわふわもちもち「いやしましゅまろ」のスマホなど向けパズルゲーム「ましゅまろどろっぷす」を展示【レポート】


狙って落とすだけの簡単操作で誰でも簡単に遊べる癒し系パズル!遊んで癒されてみませんか?

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました(9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日)。

今回の記事では会場内のスマートフォン(スマホ)アプリゲームゾーン内に出展していたジョイントメディアのブースにて、現在配信中のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けゲームアプリ「いやしましゅまろ~ましゅまろどろっぷす~」が展示されていたので紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。