S-MAX

DxOMark

ASUSが創業30周年記念として最新フラッグシップスマホの限定モデル「ZenFone 6 Edition 30」を発表!スピン加工や12GB RAM、512GBストレージで3000台限定販売


エイスースから創業30周年記念限定スマホ「ZenFone 6 Edition 30」が登場!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は27日(現地時間)、台湾・台北にて2019年5月28日(火)から6月1日(土)まで開催されているIT関連の展示会「2019 Computex Taipei」に合わせてプレスカンファレンス「ASUS Computex 2019 | Wiser Together」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」の創業30周年記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」を発表しています。

ZenFone 6 Edition 30は背面に「ZenFone」や「ZenBook」などの同社の「Zen」シリーズの象徴でもあるスピン加工が施され、基本仕様は同じながら内蔵メモリー(RAM)が12GB、内蔵ストレージ(UFS 2.1)が512GBに増強され、30ヶ月の保証を付けて世界で3000台限定で販売されるということです。

また合わせてZenFone 6 ZS630KLがカメラの評価団体であるDxOMarkにてフロントカメラ(セルフィー)としてはスマホで最高得点となる98点を獲得したことが紹介されました。なお、現時点ではDxOMarkにおいてリアカメラとしての評価は行われていません。

続きを読む

最新フラッグシップスマホのカメラ対決!?10倍ハイブリッドズーム対応のHUAWEI P30 ProはDxOMarkで112点の最高点を獲得!Galaxy S10+はセルフィーが最高点に


DxOMarkが最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P30 Pro」と「Galaxy S10+」をカメラレビュー!

カメラの評価団体であるDxOMarkが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 Pro」(Huawei Technologies製)や「Galaxy S10+」(Samsung Electronice製)のカメラレビューを掲載し、リアカメラについてはHUAWEI P30 Proがスマホでは最高点となる112点、Galaxy S10+は「HUAWEI P20 Pro」や「HUAWEI Mate 20 Pro」と同点2位の109点となっています。

詳細にはHUAWEI P30 Proは写真で119点、動画で97点、Galaxy S10+は写真で114点、動画で97点となっており、一方、フロントカメラについてはGalaxy S10+が96点で最高点となり、HUAWEI P30 Proは89点で「Pixel 3」や「Galaxy Note9」の92点に次いで3位となっています。あくまでDxOMarkの評価方法においてではありますが、それぞれ従来製品よりもカメラの性能は確実に上がっているようです。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「HTC U12+」が発表!縦長6インチQHD+液晶や前背面デュアルカメラ、防水・防塵、S845、6GB RAMなど。日本でも発売へ


最新フラッグシップスマホ「HTC U12+」が発表!日本でも発売へ

HTCは23日(現地時間)、アスペクト比9:18の約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)ISP液晶「Super LCD 6」(約537ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U12+」を発表しています。

グローバル市場で順次投入され、1次販売国・地域では6月中旬に発売予定で、日本でもすでに日本法人のHTC NIPPONが「日本のみなさま、乞うご期待」と公式Webサイトに掲載しており、技適も取得していることから何らかの形で販売されると見られます。

価格はアメリカ(シングルSIM版)では64GBモデルが799ドル(約88,000円)、128GBモデルが849ドル(約93,000円)、お膝元の台湾(デュアルSIM)では64GBモデルが23,900台湾ドル(約88,000円)、128GBモデルが24,900台湾ドル(約91,000円)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。