S-MAX

F-12D

NTTドコモ、らくらくスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」を10月30日から提供開始


NTTドコモがらくらくスマートフォン向けに無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」を提供開始!

NTTドコモは30日、スマートフォンなどで人気の無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」をシニア層向けスマートフォン「らくらくスマートフォンシリーズ」向けに2013年10月30日(水)10時から提供開始したとお知らせしています。

対象機種が「らくらくスマートフォン F-12D」および「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。アプリは無料。なお、アプリのダウンロード制限のない「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」は対象外。

NTTドコモでは、らくらくスマートフォンを利用しているユーザーから孫などの家族同士でLINEを使ってコミュニケーションしたいといった要望が数多くあったため提供するとしていました。

続きを読む

NTTドコモ、スマホをらくらくスマートフォンとセットで購入すると最大5250円引きになる「セット割らくスマ」を開始


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモは、新しい割引サービス「セット割らくスマ」を開始しています。2013年9月30日(月)まで受け付けています。

セット割らくスマは、ドコモスマートフォンと「らくらくスマートフォン」を同日・同一店舗にてセット購入すると、ドコモスマートフォンの購入代金が5,250円引きされるというものです。

セット購入する2回線は、同一ファミリー割引グループ内の回線である必要があります。

続きを読む

NTTドコモ、ELUGA X P-02EやAQUOS PHONE EX SH-04E、らくらくスマートフォン F-12Dをデビュー割やご愛顧割などの対象に!GALAXY S III α SC-03Eなどの割引額も増額

b5366013.jpg

最新ハイスペックモデルが「ARROWS X F-02E」に続いて「ELUGA X P-02E」もデビュー割などの対象に!

NTTドコモは15日、2013年春モデルとして販売中の最新スマホ「ELUGA X P-02E」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)や「AQUOS PHONE EX SH-04E」(シャープ製)、さらにシニア層など向けに簡単に操作できるスマホ「らくらくスマートフォン F-12D」を「デビュー割」や「ご愛顧割」、「ありがとう10年スマホ割」、「はじめてスマホ割」といったの対象機種に追加したことをお知らせしています。

他にも、これまでも上記割引施策の対象機種になっていた「GALAXY SIIIα SC-03E」や「ARROWS X F-02E」、「Ascend HW-01E」の3機種についてもデビュー割の割引額が増額されています。

続きを読む

MWC 2013:Fujitsuブース、海外版らくらくスマートフォン「STYLISTIC S01」などを展示

80949b11.jpg

富士通が海外版らくらくスマホで世界に羽ばたく!?

スペイン・バルセロナにおいて2013年2月25日(月)~28日(木)にかけて開催されていた世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC 2013)」におけるFujitsu(富士通)のブースでは、同社初の海外市場向けのスマートフォン「STYLISTIC S01」などを中心に展示が行われていた。

STYLISTIC S01は、国内でNTTドコモ向けに販売された「らくらくスマートフォン F-12D」をベースにしたモデルで、シニア層向けのユーザーインターフェース(UI)を採用したAndroid搭載スマートフォン。

今回は、そんなMWC 2013における富士通ブースの様子をSTYLISTIC S01を中心に写真で紹介してく。


続きを読む

らくらくスマートフォンがフランスデビュー!NTTドコモ、富士通製の「らくらくスマートフォン F-12D」がフランスのOrangeで「STYLISTIC S01」として採用されたことを発表

b73a6603.jpg

らくらくスマートフォンをベースに開発された「STYLISTIC S01」

NTTドコモは19日、昨年8月に発売を開始した富士通製のAndroidスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)において、フランスの通信事業者「France Telecom-Orange」(以下、Orange)向けの「STYLISTIC S01」(以下、S01)として正式に採用されたことを発表した。

ドコモでは、これまでに富士通とともにOrangeに対してF-12D導入の提案を進めてきていたのだという。S01は、2013年6月からフランスにて提供が開始される予定。

続きを読む

【究極にカスタマイズされたAndroidスマートフォンが遂に登場!使いやすさに特化した「らくらくスマートフォン F-12D」特集】

98a23cef.jpg


らくらくスマートフォン F-12D特集!

NTTドコモから2012年8月1日(水)に発売されたAndroidスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(富士通製)は、これまで従来型のケータイで長らく人気を博した「らくらくホン シリーズ」の初のスマートフォンとなるモデルです。

スマートフォンと言えばパソコンのようになんでもできる!といったイメージを持っている人も多いかと思いますが、らくらくスマートフォンは、これまでのスマートフォンの常識を覆し“機能を限定することで使いやすくしたスマートフォン”です。

そのため、プラットフォームにAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用していますが、Googleアカウントの設定はなく、G-Mailの利用やGoogle Playからのアプリのダウンロードもできない仕様となっています。

その分、通話やドコモの提供するメールサービス(spモードメール)、従来型のケータイのようにワンタッチダイヤル、通話のしやすさ、アラームといった携帯電話機としての基本機能やタッチパネルを活かした手書き入力といった部分がしっかりと作りこまれています。

AndroidでありながらAndroid標準機能を封じ込め従来型のらくらくホンの機能性を継承しつつ、さらに使いやすくしようといった試みがなされた“究極のカスタマイズAndroidスマートフォン”と言えるのではないでしょうか。

そんならくらくスマートフォン F-12Dについて当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、発表時点から発売後に至るまでにレポートやレビューなどの記事を掲載していますので、特集としてそれらを一気にまとめて紹介したいと思います。是非参考にしてみてください!

続きを読む

NTTドコモ、らくらくスマートフォン F-12Dに電源オンでiチャネルおよび時計が正しく表示されない不具合があるとしてソフトウェア更新を提供開始

08fba38f.jpg

らくらくスマートフォン F-12Dにソフトウェア更新!

NTTドコモは27日、シニア層向けにユーザーインターフェイス(UI)や操作性を工夫されている「らくらくスマートフォン F-12D」(富士通製)において電源オンでiチャネルおよび時計が正しく表示されない不具合が見つかったとしてネットワーク経由による本体ファームウェアアップデートサービス「ソフトウェア更新」を提供開始したとお知らせしています。

今回のソフトウェア更新で修正される不具合は以下の1点のみです。更新にかかる時間は約5分で、らくらくスマートフォン F-12Dのソフトウェア更新は今回がはじめて。更新期間は2015年8月31日まで。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象
・携帯電話(本体)の電源をOFF/ONすると、待受画面のiチャネルおよび時計が正しく表示されない場合ある。


続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」のメール機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

従来通りに電話とメールができるの?と言った点で前回は電話機能を中心にレビューしましたが、今回はメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」の電話機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

やはり、気になるのがスマートフォンに変えて従来通り普通に電話とメールができるの?と言った点ではないでしょうか。どんなに便利な機能が追加されても、基本の電話とメールが不便になったら困りますよね。今回は、そんな気になる電話機能とメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む

本当に中身はらくらくなのか?シニア向けドコモスマホ「らくらくスマートフォン F-12D」のソフトウェアをチェック【レビュー】

20f83f94.jpg

本当にらくらくに使えるのか?

NTTドコモから1日(水)に発売開始されたシニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(富士通製)は、シニア向けユーザーインターフェース(UI)を搭載し、Androidの標準アプリ配信マーケット「Google Play」に対応しない、従来のAndroidスマートフォンとはまったくく違うモデルとなっています。

また、らくらくスマートフォン F-12D専用のパケット定額プラン「らくらくパケ・ホーダイ」の上限額が2,980円と安価に設定されているのも大きな魅力です。

今回は、そんな異端児(?)とも言えるらくらくスマートフォン F-12Dの中身をチェックしてみましたので、詳しく紹介したいと思います。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。