S-MAX

FCC

サムスン電子の次期フォルダブルスマホは「Galaxy Z Flip」に!6.7インチの縦折りでコンパクトに持ち運び。au向け「SCV47」がFCC通過で日本でも発売へ


次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」がauから「SCV47」として発売へ!写真はサムスン電子によるコンセプト

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SM-F700F」が2020年1月13日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF700F」。同製品は公開された資料から追加型番として「SM-F700F/DS」および「SCV47」も掲載されています。

SM-F700は次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)の型番として知られており、海外メディアでは製品名は「Galaxy Z Flip」(開発コード名:Galaxy Bloom)となると伝えており、型番ルールからSCV47はau向けとなると見られ、日本でもau向け「Galaxy Fold SCV45」と同様に発売されることになりそうです。

なお、Galaxy Z Flipは現地時間2月11日(火)11時からアメリカ・サンフランシスコにて開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」にて発表される見込み。発表会は日本時間(JST)では2月12日(水)4時からとなり、発表会の模様は公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどでライブ中継も行われます。

続きを読む

Samsung、廉価スマホ「Galaxy S10 Lite SM-G770」と「Galaxy Note10 Lite SM-N770」を投入へ!各種認証機関を通過し、インドなどで販売予定


廉価スマホ「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy Note10 Lite」が登場へ!写真はGalaxy Note10+

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズおよびペン入力に対応した最新プレミアムモデル「Galaxy Note10」シリーズにてそれぞれ廉価版を投入すると海外メディアが報じています。

廉価版は製品名が「Galaxy S10 Lite(型番:SM-G770**)」と「Galaxy Note10 Lite(型番:SM-N770**)」となると見られ、それぞれ認証機関を通過して存在が明らかにとなっています。インドでは今月にも発売されると伝えられており、恐らくグローバル向けに発表されてその他の国・地域でも投入されると予想されます。なお、日本で販売されるかどうかは不明。

続きを読む

日本市場向けミッドレンジスマホ「Galaxy A10e(SM-A102JPN)」がFCC通過!NTTドコモ向け「SC-02M」およびau向け「SCV46」として発売へ


日本向けGalaxy A10eがFCC通過!docomo向け「SC-02M」とau向け「SCV46」に

米連邦通信委員会(FCC)は10日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy A10e(型番:SM-A102)」の日本向けモデル(型番:SM-A102JPN)が2019年9月9日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMA102JPN」。

また公開された資料からこの製品が「SC-02M」および「SCV46」となることが示されており、それぞれ型番ルールよりNTTドコモおよびau向けとして2019年10月以降に「2019年秋冬モデル」として発表・発売されると見られます。

製品名はauは過去に「Galaxy A30 SCV43」を発売していることもあり、そのまま「Galaxy A10e SCV46」となりそうですが、NTTドコモはサムスン電子製のミッドレンジスマホは「Galaxy Feel」シリーズとしているので「Galaxy Feel3 SC-02M」となるのか、改めて「Galaxy A10e SC-02M」となるのかは不明です。

続きを読む

Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」と見られる未発表の6つの型番「G020I・J・M・N・P・Q」がFCC通過!60GHz帯のSoliに対応


Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズと見られる6つの型番がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は3日(現地時間)、Google製スマートフォン(スマホ)として「G020I」および「G020J」、「G020M」、「G020N」、「G020P」、「G020Q」という6つの型番が認証取得していることを公開しています。FCC IDはG020Iが「A4RG020I」、G020Jが「A4RG020J」、G020MとG020Nが「A4RG020MN」、G020PとG020Qが「A4RG020PQ」です。

それぞれすでにGoogleが明らかにした次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズで対応するジェスチャー操作で利用される60GHz帯におけるモーションセンサー「Soli」(Low Power Transmitter)に対応していることからPixel 4シリーズだと見られ、例年通りならベースモデル「Pixel 4」と大画面モデル「Pixel 4 XL」になると思われます。

なお、直近の「Pixel」シリーズは日本向けに「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」と販売されており、各々がおサイフケータイ(FeliCa)に対応するものの、eSIMに対応しないという日本市場限定のハードウェアとなっていますが、現時点ではざっと公開された資料を見る限りでは日本向けと考えられる情報は見当たりません。

一方で認証を受けている通信方式・周波数帯からG020IとG020Jは北米向け、G020MとG020NおよびG020PとG020Qはともに共通のハードウェアでグローバル向けと予想されますが、型番のアルファベット順で言えば「G020K」と「G020L」が抜けているため、もしかしたらそれらがPixel 3・3 XLやPixel 3a・3a XLのような日本向けとなる可能性もありそうです。

続きを読む

日本市場向けSペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+(SM-N975JPN)」がFCC通過!NTTドコモ向け「SC-01M」およびau向け「SCV45」として発売へ


日本向けGalaxy Note10+がFCC通過!docomo向け「SC-01M」とau向け「SCV45」に

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が8月7日に発表した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+」の日本市場向けモデル「SM-N975JPN」(FCC ID: A3LSMN975JPN)の認証を2019年8月20日付で通過したことを公開しています。

公開された資料には「SC-01M」および「SCV45」となることが記載されており、それぞれ型番ルールからNTTドコモ向け「Galaxy Note10+ SC-01M」およびau向け「Galaxy Note10+ SCV45」となり、10月以降に「2019年冬モデル」として発売されると見られます。

なお、すでに紹介しているように「Galaxy Note10」シリーズにはベースモデルの「Galaxy Note10」も存在しますが、筆者の予想では日本市場向けの少なくともNTTドコモやauからは発売されないのではないかと考えており、サムスン電子製としては別のミッドレンジスマホ「SC-02M」や「SCV46」が存在することが明らかとなっています。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。