S-MAX

FCC

Xiaomi製スマホ「Mi Note 10」の廉価版が日本で発売へ!未発表の「M2002F4LG」が技適取得。1億画素から6400万画素へダウン


Xiaomiの未発表スマホ「M2002F4LG」が技適通過!日本で発売へ

Xiaomi Communications(以下、シャオミ)が新たに未発表のスマートフォン(スマホ)「M2002F4LG」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年3月24日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-190821 / 01」、技術基準適合認定(電気通信事業法)が「ADF 19 0195 201 / 01」。

それぞれ日本で販売されている「Mi Note 10(型番:M1910F4G)」および「Mi Note 10 Pro(型番:M1910F4S)」と同じ「201-190821」および「ADF 19 0195 201」となっており、M2002F4LGは2020年3月26日に米連邦通信委員会(FCC)の認証も取得し、Mi Note 10とRF部などが電気的に同一であると示されているほか、Mi Note 10との違いについて公開されています。

FCCの資料によれば、画面や電池容量、チップセット(SoC)などはMi Note 10と同じで、M2002F4LGはリアカメラが約6400万画素CMOS+約800万画素CMOS+約800万画素CMOS+約500万画素CMOS+約200万画素CMOSのペンタ(5眼)構成となり、レーザーオートフォーカスに非対応となるなどするとされています。

またMi Note 10はソフトウェアで日本で利用されているBand 41に非対応となっているのに対し、M2002F4LGは対応。またM2002F4LGはOSがAndroid 10ベースとなっているとのこと。なお、海外ではMi Note 10の廉価版「Mi Note 10 Lite」(仮称)として投入されると噂されています。

続きを読む

5Gやデュアルスクリーンに対応した新フラッグシップスマホ「LG V60 ThinQ 5G」は日本ではNTTドコモとソフトバンクから発売へ!FCCを通過


日本向けの5Gスマホ「LG V60 ThinQ 5G」がFCC通過!NTTドコモとSoftBank向けか

米連邦通信委員会(FCC)は5日(現地時間)、LGエレクトロニクス(以下、LG)製の5G対応スマートフォン(スマホ)が2020年2月3日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「ZNFOA2001」で、同製品は「OA2001」とは別のモデル名「KA2004」も併記されています。

同製品は公開されている資料からデュアルスクリーン「LM-V605N」に対応することが記載されており、LM-V6**シリーズは先ごろ発表された「LG V60 ThinQ 5G」となり、日本向けの認証(いわゆる「技適マーク」)が電子式表示に記載されているため、日本向けのLG V60 ThinQ 5Gとなると見られます。

また過去のLG製品のFCC IDからモデル名が「O」で始まるものはNTTドコモ向け、「K」で始まるものはソフトバンク向けであるため、これまで韓国メディアが日本でLG V60 ThinQ 5Gが3月末に発売されると報じてしましたが、日本では恐らくNTTドコモとソフトバンクから販売されることになりそうです。

続きを読む

サムスン電子の次期フォルダブルスマホは「Galaxy Z Flip」に!6.7インチの縦折りでコンパクトに持ち運び。au向け「SCV47」がFCC通過で日本でも発売へ


次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」がauから「SCV47」として発売へ!写真はサムスン電子によるコンセプト

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SM-F700F」が2020年1月13日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF700F」。同製品は公開された資料から追加型番として「SM-F700F/DS」および「SCV47」も掲載されています。

SM-F700は次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)の型番として知られており、海外メディアでは製品名は「Galaxy Z Flip」(開発コード名:Galaxy Bloom)となると伝えており、型番ルールからSCV47はau向けとなると見られ、日本でもau向け「Galaxy Fold SCV45」と同様に発売されることになりそうです。

なお、Galaxy Z Flipは現地時間2月11日(火)11時からアメリカ・サンフランシスコにて開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」にて発表される見込み。発表会は日本時間(JST)では2月12日(水)4時からとなり、発表会の模様は公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどでライブ中継も行われます。

続きを読む

Samsung、廉価スマホ「Galaxy S10 Lite SM-G770」と「Galaxy Note10 Lite SM-N770」を投入へ!各種認証機関を通過し、インドなどで販売予定


廉価スマホ「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy Note10 Lite」が登場へ!写真はGalaxy Note10+

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズおよびペン入力に対応した最新プレミアムモデル「Galaxy Note10」シリーズにてそれぞれ廉価版を投入すると海外メディアが報じています。

廉価版は製品名が「Galaxy S10 Lite(型番:SM-G770**)」と「Galaxy Note10 Lite(型番:SM-N770**)」となると見られ、それぞれ認証機関を通過して存在が明らかにとなっています。インドでは今月にも発売されると伝えられており、恐らくグローバル向けに発表されてその他の国・地域でも投入されると予想されます。なお、日本で販売されるかどうかは不明。

続きを読む

日本市場向けミッドレンジスマホ「Galaxy A10e(SM-A102JPN)」がFCC通過!NTTドコモ向け「SC-02M」およびau向け「SCV46」として発売へ


日本向けGalaxy A10eがFCC通過!docomo向け「SC-02M」とau向け「SCV46」に

米連邦通信委員会(FCC)は10日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy A10e(型番:SM-A102)」の日本向けモデル(型番:SM-A102JPN)が2019年9月9日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMA102JPN」。

また公開された資料からこの製品が「SC-02M」および「SCV46」となることが示されており、それぞれ型番ルールよりNTTドコモおよびau向けとして2019年10月以降に「2019年秋冬モデル」として発表・発売されると見られます。

製品名はauは過去に「Galaxy A30 SCV43」を発売していることもあり、そのまま「Galaxy A10e SCV46」となりそうですが、NTTドコモはサムスン電子製のミッドレンジスマホは「Galaxy Feel」シリーズとしているので「Galaxy Feel3 SC-02M」となるのか、改めて「Galaxy A10e SC-02M」となるのかは不明です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。