S-MAX

FCC

サムスン電子のフォルダブルスマホが5Gに対応した「Galaxy Z Flip 5G」がauから発売へ!型番「SCG04」がFCC通過。Snapdragon 865+搭載か


auから5G対応フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G SCG04」が登場へ!写真はGalaxy Z Flip

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「SM-F707B」が2020年6月17日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF707B」。

SM-F707Bは各種認証情報からフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」の5G対応モデル「Galaxy Z Flip 5G」になることがわかっており、FCCが公開した資料にはSM-F707Bには別モデルとして「SCG04」があると記載されています。

このことから型番規則によってau向けに5Gに対応したフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G SCG04」が投入されると考えられ、今夏以降に発売されると見られます。なお、グローバルモデルのSM-F707Bと同じハードウェアとなるため、すでに販売されている「Galaxy Z Flip SCV47」と同様におサイフケータイなどには対応しないと予想されます。

続きを読む

次期廉価スマホ「Pixel 4a」と見られる未発表の型番「G025J」および「G025N」、「G025M」がFCCを通過!正式発表へ期待


次期Googleスマホ「Pixel 4a」と見られる型番がFCC通過!写真はPixel 3a

米連邦通信委員会(FCC)は25日(現地時間)、Google製スマートフォン(スマホ)「G025J」および「G025N」、「G025M」が2020年4月2日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A4RG025J」。

これらの型番は現時点では未発表のため、詳細はわかりませんが、恐らく昨年発売されたフラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズの廉価モデル「Pixel 4a」ではないかと見られます。なお、噂ではPixel 4aには大型モデル「Pixel 4a XL」はないとされています。

当初は昨年の「Pixel 3a」シリーズと同様に「Google I/O」が開催される5月頃に発表されると噂されていましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響かどうか不明ですが、少なくとも現時点では正式発表されておらず、発売時期はかなり遅れることになっています。

続きを読む

未発表のソフトバンク向けZTE製USBスティック型データ通信端末「A002ZT」が各種認証を通過!外観や仕様が判明


SoftBank向けZTE製USBドングル「A002ZT」が準備中!FCCや技適を通過

米連邦通信委員会(FCC)は17日(現地時間)、ZTE製のUSBスティック型データ通信端末(いわゆる「USBドングル」)「A002ZT」が2020年6月17日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「SRQ-MF863」。

同製品は公開されている資料から発売元がソフトバンクとなっており、外観写真にはSoftBankロゴが記載されていることから携帯電話サービス「SoftBank」から発売される見込みで、今後に正式発表されると見られます。

またA002ZTはすでに日本向けの認証(いわゆる「技適マーク」)のうちの電波法に基づく工事設計認証を2020年5月19日付けビューローベリタスジャパンを通じて取得しており(認証番号:022-200035)、日本における携帯電話ネットワークの対応周波数帯も判明しています。

続きを読む

未発表のソフトバンク向けスマホと見られる「A002OP」がFCCやWi-Fi Allainceを通過!OPPO Reno3 Aまたは同等製品に


ソフトバンク・ワイモバイルから「A002OP」が登場へ!写真はUQ mobile版のOPPO Reno3 A

既報通り、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が新たに未発表のソフトバンク向けと見られるスマートフォン(スマホ)「A002OP」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて取得しており、日本で発売する準備を行っていると見られます。

その後、そのA002OPはTeleficationだけでなく総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースにも登録されていましたが、今回、米連邦通信委員会(FCC)およびWi-Fi Allianceの認証も通過しており、より多くの情報が判明しています。

中でもFCCが公開している資料からサイズが約160.9×74.1×8.2mm、バッテリー容量が4025mAhなどの仕様や背面のシルエットがすでに携帯電話サービス「UQ mobile」にて発表されている「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」と同じとなっており、A002OPはソフトバンク向けOPPO Reno3 Aまたは同等製品となりそうです。

UQ mobileのOPPO Reno3 Aは6月下旬以降に発売予定となっていることから近くソフトバンクからも発表されると見られ、携帯電話サービス「SoftBank」または/および「Y!mobile」向けとしてすでに発表されているSoftBank向け5Gスマホ「OPPO Reno3 5G(型番:A001OP)」に続いてOPPOのスマホがソフトバンクに納入されることになるようです。

続きを読む

Xiaomi製スマホ「Mi Note 10」の廉価版が日本で発売へ!未発表の「M2002F4LG」が技適取得。1億画素から6400万画素へダウン


Xiaomiの未発表スマホ「M2002F4LG」が技適通過!日本で発売へ

Xiaomi Communications(以下、シャオミ)が新たに未発表のスマートフォン(スマホ)「M2002F4LG」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年3月24日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-190821 / 01」、技術基準適合認定(電気通信事業法)が「ADF 19 0195 201 / 01」。

それぞれ日本で販売されている「Mi Note 10(型番:M1910F4G)」および「Mi Note 10 Pro(型番:M1910F4S)」と同じ「201-190821」および「ADF 19 0195 201」となっており、M2002F4LGは2020年3月26日に米連邦通信委員会(FCC)の認証も取得し、Mi Note 10とRF部などが電気的に同一であると示されているほか、Mi Note 10との違いについて公開されています。

FCCの資料によれば、画面や電池容量、チップセット(SoC)などはMi Note 10と同じで、M2002F4LGはリアカメラが約6400万画素CMOS+約800万画素CMOS+約800万画素CMOS+約500万画素CMOS+約200万画素CMOSのペンタ(5眼)構成となり、レーザーオートフォーカスに非対応となるなどするとされています。

またMi Note 10はソフトウェアで日本で利用されているBand 41に非対応となっているのに対し、M2002F4LGは対応。またM2002F4LGはOSがAndroid 10ベースとなっているとのこと。なお、海外ではMi Note 10の廉価版「Mi Note 10 Lite」(仮称)として投入されると噂されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。