S-MAX

FCC

NTTドコモ向けと見られる未発表のシャープ製スマホ「SH-03K」がFCC認証を通過!2018年夏モデルのフラッグシップモデル「AQUOS R2」として登場か


docomo向けSHARPスマホ「SH-03K」がFCC通過!写真はAQUOS R

米連邦通信委員会(FCC)は17日(現地時間)、シャープ製スマートフォン(スマホ)「SH-03K」(FCC ID:APYHRO00259)が認証を取得しています。明記はされていませんが、型番ルールからNTTドコモ向けだと見られます。

無線LAN(Wi-Fi)のac規格やTD-LTEのBand 42(3.5GHz帯)などにも対応しており、ハイエンドモデルだと見られることから昨夏のシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」の後継機種として「AQUOS R2」(仮称)として今夏に投入されると推測されます。

なお、少なくとも同一製品としてもう1つ別の通信事業者などからも販売されるようで、FCC IDとして別の「APYHRO00260」も併記されており、auやSoftBank、はたまたSIMフリーのいずれかからも発売されそうです。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」がNTTドコモおよびauから発売へ!FCCにて「SC-02K」や「SC-03K」、「SCV38」、「SCV39」が認証


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のNTTドコモ&au版がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は27日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(FCC ID:A3LSC02K)および「Galaxy S9+ SC-03K」(FCC ID:A3LSC03K)、「Galaxy S9 SCV38」(FCC ID:A3LSCV38)、「Galaxy S9+ SCV39」(FCC ID:A3LSCV39)が認証を取得しています。

公開された資料ではそれぞれSC-02KおよびSC-03K、SCV38、SCV39という型番しか記載されていませんが、電池パックがSC-02KとSCV38は「EB-BG960ABA」と「Galaxy S9」、SC-03KとSCV39は「EB-BG965ABA」と「Galaxy S9+」と同じであるため、それぞれGalaxy S9およびGalaxy S9+であると予想されます。

また型番的にSC-02KおよびSC-03KがNTTドコモ向け、SCV38およびSCV39がau by KDDI向けであると予想されます。すでにサムスン電子の公式WebサイトにGalaxy S9およびGalaxy S9+の日本語ページが存在するため日本での発売も可能性が高いと見られていましたが、昨年の「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」と同様にNTTドコモとauから発売されそうです。

続きを読む

NTTドコモ向けと見られる未発表の富士通製スマホ「F-04K」がFCCやGCFの認証を通過!arrowsシリーズとして夏モデルで登場か


NTTドコモ向け富士通製スマホ「F-04K」が認証通過!各種認証を通過。写真はarrows Be F-05J

米連邦通信委員会(FCC)は19日(現地時間)、富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン(スマホ)「F-04K」(FCC ID:VQKF04K)の認証取得についての資料を公開しています。

資料にはFCCラベルなどの認証情報において日本向けの技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が記載されており、型番ルールの付け方やテストにNTTドコモの「ACアダプタ01」を利用しているなどからNTTドコモ向けと見られます。

例年通りであれば5月中旬以降に「2018年夏モデル」としてNTTドコモから発表されると予想されます。なお、モバイル通信などの認証団体であるGCF(Global Certification Forum)でも現地時間の3月20日に認証を取得(GCF Reference:6886)していることが公開されています。

続きを読む

ミクシィがハードウェア事業を立ち上げへ!ゲーミングスマホ「CELL R1020」やBluetoothヘッドセット「Ratel BTH-101」を準備中。mixi&モンスト依存の脱却計る


ミクシィがゲーミングスマホなどのハードウェア事業へ参入!?

コミュニケーションサービス「mixi」やスマートフォン(スマホ)など向けゲーム「モンスターストライク」(以下、モンスト)などを展開しているミクシィがハードウェア事業を立ち上げる準備を行っていることが明らかとなりました。

いくつかの人材募集サービスにてモンストなどのゲームを中心として「通信事業」や「ハードウェア端末」、「決済系サービス」などの新規事業を担当する人を募集しています。

さらにミクシィが開発するゲーミングスマホ「mixi CELL R1020」やBluetoothヘッドセット「mixi Ratel BTH-101」といったハードウェア製品の存在が各種認証機関にて明らかとなっています。

続きを読む

ミッドレンジスマホ「HTC U11 life」のSIMフリー版も日本で発売か?ワイモバイル向け「Android One X2」とは異なる技適を取得したモデルがFCCを通過


HTC NIPPONがSIMフリースマホ「U11 life」を投入へ!?

米連邦通信委員会(FCC)は1日(現地時間)、HTC製スマートフォン(スマホ)「HTC U11」(FCC ID:NM8HTCU11)および「HTC U11 life」(FCC ID:NM8HTCU11LIFE)の2機種について認証を取得したことを公開しています。

両機種ともに今回公開されたモデルではFCCラベルなどの認証情報において日本向けの技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が記載されており、さらに販売元がHTC NIPPONとなっています。

このうちのHTC U11についてはすでにHTC NIPPONから日本でSIMフリー版ソーラーレッドを販売することが発表されており、すでに2月1日より予約受付が開始されていますが、HTC U11 lifeについては同等製品である「Android One X2」が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」より販売されているものの、その場合とは製品名と販売元が異なります。

そのため、HTC U11 lifeについてもHTC U11と同様に日本でSIMフリー版を販売する可能性が出てきたと考えて良さそうです。ワイモバイルではAndroid One X2が本体価格67,932円の実質負担額18,684円から販売されており、HTC U11と比べてより購入しやすい価格帯であるため、HTC U11 lifeのSIMフリー版発売も期待したいところです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。