S-MAX

HTC

KDDI、au向けスマホのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia X PerformanceやGalaxy S7 edge、HTC 10、TORQUE G03など昨夏以降の合計16機種


auのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ予定機種が案内!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向けのAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新バージョン「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

古めの機種では「Xperia X Performance SOV33」や「Galaxy S7 edge SCV33」、「AQUOS SERIE SHV34」、「HTC 10 HTV32」、「TORQUE G03」といった2016年夏モデルとなっており、おおよそそれ以降の特定の機種で新たに発表された「Galaxy Note8 SCV37」や「Xperia XZ1 SOV36」、「AQUOS sense SHV40」の3機種を含めた16機種のスマホが対象となっています。

なお、Andorid 7.x(開発コード名:Marshmallow)のときには当初発表された予定機種一覧に加え、「AQUOS U SHV37」および「Qua tab PZ」の2機種が追加されていますが、どちらかというと発売時にAndroid 7.x Nougat搭載が間に合わなかったといった形でした。

そういったことからauではあくまで2017年10月11日時点での予定機種一覧としており、その他の機種についてもOSバージョンアップをしないとは明記していませんが、とはいえ、既存製品については新たに追加される可能性は低いのかなと思われます。

続きを読む

Google、新スマホ「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」を発表!5型FHDと縦長6型QHD+の有機ELを搭載し、Always-on displayや防水・防塵に対応――カメラはDxOMarkで最高の98点に


Googleの新スマホ「Pixel 2」シリーズが発表!日本では発売されず

Googleは4日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにてプレス向け発表会「Oct. 4 – Google」を開催し、同社のハードウェア製品「Made By Google」としてスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズの第2弾「Pixex 2」(HTC製)および「Pixel 2 XL」(LG Electronics製)を発表しています。

昨年スタートしたMade By Googleの第1弾製品として新たに立ち上げられたPixelスマホですが、昨年は「Pixel」と「Pixel XL」ともにHTCが開発・製造を担当していましたが、今回はPixel 2はHTC、Pixel 2 XLはLG Electronicsが担当しています。これにより、Pixel 2 XLは「LG G6」や「LG V30」のようなアスペクト比9:18の縦長ディスプレイになっています。

またPixel 2は2.5D強化ガラス「Corning Gorilla Glass 5」で覆われた約5インチフルHD(1080×1920ドット/約441ppi)AMOLED(有機EL)、Pixel 2 XLはより湾曲が大きな3Dラウンド強化ガラスのCorning Gorilla Glass 5で覆われた約6.0インチQHD+(1440×2880ドット/約538ppi)pOLED(有機EL)でともに常時表示機能「Always-on display」に対応。

さらに防水・防塵(IP67準拠)に対応したほか、リアカメラはカメラの評価アプリ「DxOMark」で最高の98点となっているとのこと。なお、これまでの最高は「Galaxy Note8」と「iPhone 8 Plus」の94点。好みの問題もあって点数がそのままカメラの良さにつながりはしませんが、GalaxyシリーズもiPhoneシリーズも利用者からの画質の評価は高いので期待が持てます。

Pixel 2とPixel 2 XLはアメリカやオーストラリア、カナダ、ドイツ、インド、イギリスですでに事前予約受付を開始しており、今後、イタリアやシンガポールでも販売される予定。価格はアメリカではPixel 2が649ドル(約73,000円)、Pixel 2 XLが849ドル(約96,000円)から(内蔵ストレージを64GBから128GBにするとそれぞれ+100ドル)。

アメリカではVerizon Wirelessと提携して、PixelシリーズをVerizon小売店やBest Buy店舗で販売できるようにしているほか、公式Webショップ「Google Store」で販売されます。なお、日本での販売については明らかにされておらず、現時点では直近に投入されることはなさそうです。

続きを読む

Googleがスマホ「Pixel」シリーズのHTCにおける開発チームを約1235億円で買収!関連IP含む約半数の2000人――Pixel 2シリーズが10月4日に発表へ


GoogleがHTCのスマホ事業の一部を買収!11億ドルで

HTCは21日(現地時間)、地元である台湾の台湾証券取引所にて「重大記者会見」を開催し、Googleとスマートフォン(スマホ)事業において提携する契約を集結したと発表しています。同日、Googleからも発表され、今後数年間に渡って革新的な製品開発を行うための契約であることを明らかにしました。

具体的にはこれまでHTCが開発・製造を担当していたGoogleのスマホ「Pixel」シリーズの開発部門のHTCスタッフがGoogleのハードウェア部門に参加するほか、HTCの所有するスマホ開発に関連する一部の知的財産(IP)の非独占的なライセンス取得も含まれます。

これにより、HTCはGoogleから11億ドル(約1235億円)を受け取り、2018年はじめまでに契約が完了するとのこと。なお、協力といった表現がなされているものの、Googleでは「These future fellow Googlers」とも記載しており、将来的に今回参加するスタッフはGoogleに入ると見られ、実質的なPixel関連事業の買収と見られています。

続きを読む

懐かしい過去のHTC端末も展示!最新フラッグシップスマホ「HTC U11」のユーザーイベント「au HTC users’ meeting」を写真と動画で紹介【レポート】


史上最高のカメラを搭載するスマホ「HTC U11」が発売!

KDDIとHTC NIPPONは7月3~4日の2日間に渡ってHTCの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」とモバイルVR端末「LINK」が体験できる「au HTC users’ meeting」を開催した。イベントにはauのHTC製スマホを契約中のユーザー80人を招待し、HTC U11の特徴や機能の解説および実機を使ったタッチ&トライを行った。

なお、日本ではauから「HTC U11(型番:HTV33)」が発売されたほか、他にソフトバンクから「HTC U11(型番:601HT)」としても販売中で、モバイルVR端末のLINKは7月下旬以降の発売を予定しており、こちらもauおよびソフトバンクで取り扱う。

会場にはこれまでHTCが日本および海外で発売した製品の展示も行われ、au向け製品だけではなく、NTTドコモやイーモバイル(現・ワイモバイル)向けの機種などもあり、タッチパネル対応製品のユーザビリティーにおいてさまざまな提案がなされてきたことが分かる興味深い展示となっていた。

今回は、そんなHTC U11の機能紹介と展示されていたHTCの多数の製品を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け今夏スマホ「AQUOS R 605SH」および「HTC U11 601HT」、「DIGNO G 602KC」を7月7日に発売!気になる価格もチェック


ソフトバンクが今夏スマホ「AQUOS R 605SH」および「HTC U11 601HT」、「DIGNO G 601KC」を7月7日発売!

ソフトバンクは4日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの携帯電話ブランド「SoftBank」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」(シャープ製)および「HTC U11(型番:601HT)」(HTC製)、「DIGNO G(型番:601KC)」(京セラ製)の3機種を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われているため、価格も合わせて紹介します。

なお、発売日の前日までに「AQUOS R」を予約して7月31日までに購入した人全員に急速充電ACアダプターをプレゼントする「AQUOS R予約キャンペーン」を実施中。また、AQUOS RおよびHTC U11、DIGNO Gは購入した日から「Google アシスタント(日本語版)」が利用可能とのこと。

さらに、AQUOS RおよびHTC U11は「VoLTE(HD+)」に対応します。その他、公式アクセサリーブランド「SoftBank SELETION」からロンドン発のテキスタイルブランド「ELEY KISHIMOTO」とのコラボケースを含めて各種周辺機器が発売されます。

続きを読む

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「HTC U11 HTV33」を7月14日に発売!本体価格は8万6400円、実質負担額は4万3200円から


auスマホ「HTC U11 HTV33」が7月14日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は3日、今夏以降に発売するau向け「2017年夏モデル」のうちの約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)SuperLCD5ディスプレイやQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:HTV33)」(HTC製)を2017年7月14日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などの店舗や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、今回価格も案内されていたので合わせて紹介します。

またau公式アクセサリー「au +1 collection」からはHTC U11に対応したスタイリッシュで機能的なカバーやケース、保護フィルムやガラスといった定番アイテムも順次発売されます。

続きを読む

ソフトバンクがSoftBank向けスマホ「HTC U11」の事前予約受付をスタート!5.5型WQHD液晶やS835、4GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵などの高性能機種の気になる価格をチェック


SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の価格を紹介!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」において今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:601HT)」(HTC製)の予約を開始したとお知らせしています。

予約はソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われており、発売時期は2017年6月下旬以降を予定。今回は価格も案内されていたので合わせて紹介します。

続きを読む

ラウンドガラスの背面が美しい!握って操作のau向け新感覚ハイスペックスマホ「HTC U11 HTV33」を写真と動画で紹介【レポート】


au向け最新スマホ「HTC U11 HTV33」を写真と動画でチェック!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を開催し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)SuperLCD5ディスプレイやQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:HTV33)」(HTC製)を2017年6月下旬に発売すると発表しました。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、au SHINJUKUなどのKDDI直営旗艦店5店舗にて先行展示が行われています。

今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライ会場で実機にHTC U11に触れる機会がありましたので、さっそく気になるポイントをチェックしてました。なお、すでに掲載している製品の詳細仕様ブロガーなどのHTCサポーター向けイベントレポートメディア向けの製品体験会レポートもあわせてご覧いただければと思います。

続きを読む

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「HTC U11 HTV33」を発表!5.5インチWQHD液晶やSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、握るだけで操作できる「Edge Sense」などに対応


au向け新スマホ「HTC U11 HTV33」が6月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を都内にて開催し、ハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:HTV33)」(HTC製)を発表しています。

発売時期は2017年6月下旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定。

HTC U11 HTV33はHTCから5月16日に発表された最新フラッグシップモデル「HTC U11」のau向けで、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドモデル。

またメタルボディーを率先して採用してきたHTCながらデザインを一新し、新たにガラスボディーを採用し、新たに本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI(人工知能)やML(機械学習)によるエージェント機能「Sense Companion」に加え、「Google Assistant」や「Amazon Alexa」にも対応しています。

すでにSoftBank向け「HTC U11(型番:601HT)」が発表されており、HTC U11 HTV33とともに6月下旬に発売される予定です。SoftBank向けは本体色がアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイトの3色ですが、au向けはサファイア ブルーおよびブリリアント ブラックの2色展開となっています。

また、昨夏モデル「HTC 10(型番:HTV32)」では日本向けのFeliCaなどに対応していませんでしたが、HTC U11はおサイフケータイ(FeliCa)や防水に対応しています。なお、SoftBank向けは高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」に対応していますが、au向けでは対応しておらず、最大通信速度もSoftBankの下り最大350Mbpsに対してauでは下り最大558Mbpsとなっています。



続きを読む

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。