S-MAX

HTC

au向け最新スマホ「HTC 10 HTV32」の性能をベンチマークでチェック!前機種「HTC J butterfly HTV31」と比較したらこんなに違った【レビュー】

6c3fcff1.jpg
HTC 10 HTV32の基本性能をベンチマークで測定してみた!

現在、auから「2016年夏モデル」として販売中の新ハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。

おサイフケータイ(Felica)やテレビ(ワンセグ・フルセグ)などといった日本向けの機能を省きつつも最上位のハイエンドCPUや大容量メモリーを搭載し、現時点での最上級クラスの性能を持つハイエンドモデルとなっています。また前回に紹介したようにこれまでと比べて内蔵アプリも少なくなっており、アプリ一覧もすっきりした印象に。

そこで今回はベンチマークアプリを用いて実際にHTC 10 HTV32の性能を計測し、そして、前機種「HTC J butterfly HTV31」と比較してどれだけパワーアップしているのかを紹介していきたいと思います。

続きを読む

機能はシンプル、性能は妥協なし!auの新ハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」の内蔵アプリを紹介ーー余計な機能を極力そぎ落とした結果は?【レビュー】

6c3fcff1.jpg
無駄がないって美しい!?HTC 10 HTV32の内蔵アプリや機能をチェック

auから「2016年夏モデル」として販売中の新しいハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。前回の購入・開封記事でも紹介しましたが、auのアプリ(サポートサービスアプリなど)が追加されている以外はグローバルモデル「HTC 10」のままに近い製品となっており、おサイフケータイ(Felica)やワンセグなどの日本向け機能は非搭載となっています。

そこで今回は「機能はシンプルに、基本性能は(現時点で)最高のものに、そして、それをできるだけ安く」をコンセプトに開発されたHTC 10のプリインストールされている内蔵アプリなどを紹介していきます。


続きを読む

輝くメタリックボディーが眩しいハイエンドのau向けフラッグシップスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!パッケージや同梱品を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
輝くメタルボディーと妥協のないハイエンド性能が魅力のau向けスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!さっそく開封してみた

auから6月10日に発売された「2016年夏モデル」の最新ハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。前機種で昨夏モデルの「HTC J butterfly HTV31」とはうって変わり、日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やテレビ(ワンセグ・フルセグ)などの機能にあえて対応せず、グローバル向けのフラッグシップモデル「HTC 10」をそのままにした製品となっています。

こういった方向性がiPhone以外でも日本で受け入れられるのかという問題に加えて、グローバル向けのHTC 10にはない限定カラー「カメリアレッド」がラインアップされており、赤色製品が大好物な筆者も大興奮な今夏スマホの中でもかなり尖った製品かと思われます。

そういったこともあり、さっそく当然のようにHTC 10 HTV32のカメリアレッドを自腹購入したので、恒例行事でもある"開封の儀"を実施しました。今回は製品版の個装箱と、HTCが"お買い得"と自信を見せる同梱物について写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け質感高いメタルボディースマホ「HTC 10 HTC32」を6月10日に発売!国内初の急速充電QC3.0対応で専用ACアダプターやハイレゾイヤホンが同梱され、お買い得に


au向けハイスペックススマホ「HTC 10 HTC32」が6月10日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは8日、今夏以降に発売するau向け「2016年夏モデル」のうちの約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTC32」(HTC製)を2016年6月10日(金)に発売すると発表しています。

auショップなどのau携帯電話取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、すでに価格(税込)についても紹介しているように本体価格が78,840円、実質負担額がauスマートパス加入時で37,800円、非加入時で45,576円。

続きを読む

すべてが満点のau向けハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」の発表会が開催!玉野社長が語ったデザインについて紹介【レポート】

HTC NIPPON 玉野浩社長が語るHTC 10の魅力とは

HTC NIPPONは1日、都内にて「2016年度フラグシップスマートフォンに関する記者発表会」を開催し、auから6月中旬以降に「2016年夏モデル」として発売予定の「HTC 10 HTV32」(以下、HTC 10)について、その特長であるデザインやカメラ、オーディオといったそれぞれの魅力を紹介した。

HTC 10は、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルで、おサイフケータイやテレビ機能(フルセグ・ワンセグ)などの日本向け機能を持たない海外モデルと同じシンプルなハード構成だ。

発表会には、同社代表取締役社長の玉野浩氏が登壇し、HTC 10がめざす「最高の価値」について解説を行った。今回は、発表会で紹介されたHTC 10のデザインの魅力について実機の写真を交えてレポートしていく。

続きを読む

KDDI、au向け最新ハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」の価格を案内!おサイフケータイやワンセグなどの日本向け機能には非対応で、本体価格8万円弱、実質価格4万円前後に


au向け最新ハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」の価格を紹介!

auから6月中旬以降に「2016年夏モデル」として発売予定のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載の最新スマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。

約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルとなっていますが、海外向けと同様に日本市場に合わせたおサフケータイ(Felica)やワンセグなどに対応しない仕様が吉と出るかどうかで注目されています。

そんなHTC 10 HTV32ですが、すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて6月1日より事前予約受付が実施されていますが、今回、新たにau Online Shopにて価格が案内されていたので紹介します。

なお、旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて先行展示が実施されているので洗練されたメタルボディーなどを事前にチェックしに行ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

高級感あるメタルボディーにハイレゾ対応イヤホンも同梱!今夏随一のau向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を写真でチェック【レポート】


au向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を写真と動画で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)を発表しました。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、すでにauショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されているほか、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて先行展示されています。

新たにグローバル向けのフラッグシップスマホほぼそのままで、日本市場向けのおサイフケータイなどへのカスタマイズをせず、早くからメタルボディーを採用するHTCの完成形とも言うべき新たな挑戦となる製品でしょう。

今回も発表会のタッチ&トライコーナーでHTC 10 HTV32の試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「KDDI、au向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を発表!グローバル仕様ほぼそのままで、おサイフケータイやワンセグなどには対応せず――Snapdragon 820や4GB RAMなど - S-MAX」も参照してください。

続きを読む

KDDI、au向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を発表!グローバル仕様ほぼそのままで、おサイフケータイやワンセグなどには対応せず――Snapdragon 820や4GB RAMなど


au向けハイスペックなAndroidスマホ「HTC 10 HTV32」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

今年4月に海外で発表されたHTCの最新フラッグシップスマホ「HTC 10」のau版で、これまでは日本向けのおサイフケータイ(Felica)やワンセグなどに対応することも多かったHTCですが、ほぼグローバルモデルと同じ仕様でこれらの機能に対応せずに日本で発売されます。

特長は世界初のリアとフロントのカメラが両方ともに光学式手ブレ補正に対応して写真が綺麗に撮影できるほか、国内初のハイレゾ対応イヤホン同梱で高音質を楽しめるほか、au初の急速充電「Quick Charge 3.0」に対応かつ専用充電器が同梱されます。

また今夏モデルでは「Xperia X Performance SOV33」や「Galaxy S7 edge SCV33」、「AQUOS SERIE SHV34」とともに3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねて下り最大370Mbpsに対応。エリアは東京都渋谷駅周辺エリアから提供開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定です。

続きを読む

新フラッグシップスマホ「HTC 10」が発表!日本でも発売予定で、限定色のレッドが登場へ――5.2インチWQHD液晶やSnapdragon 820、4GB RAM、USB Type-Cなど


新フラッグシップスマホ「HTC 10」が発表!

HTCは12日(現地時間)、同社の2016年における新しい約5.2インチサイズのAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)を採用したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC 10」を発表しています。

グローバルで2016年4月より販売され、日本向けにも対応周波数帯に「Japan」があることから発売されると見られ、これまで通りにauから登場するのであれば、型番ルールに従って「HTC 10 HTV32」となると予想されます。価格は台湾では32GBモデルが22,900台湾ドル(約77,000円)、64GBモデルが24,900台湾ドル(約83,000円)。

外観を新たにし、光をイメージした削り出しによるメタルボディーで、これまでの「HTC One M9」などの角のない丸みのあるデザインから光を反射させる角を作ったクリスタルエッジデザインになり、スペックもSnapdragon 820やUSB Type-C、指紋センサーなどに向上させています。

また、カメラも強化されたほか、世界初のステレオ24bitハイレゾオーディオ録音で4K動画もより臨場感が増すとしています。さらに、IP57準拠の防水・防塵に対応しているほか、耐低温・高温や耐衝撃、耐腐食性能などを有しているとのこと。

カラーバリエーションはCarbon Gray(カーボン・グレイ)およびIce Silver(アイス・シルバー)、Topaz Gold(トパーズ・ゴールド)、Camellia Red(カメリア・レッド)の4色で、台湾メディア「ePrice」ではレッドが日本限定販売または日本先行販売である可能性を報じています。

続きを読む

KDDI、au向け2014年夏スマホ「HTC J butterfly HTL23」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月8日より順次提供開始に


au向けスマホ「HTC J butterfly HTL23」がAndroid 5.0に!

KDDIおよび沖縄セルラーは3日、au向け2014年夏モデルとして発売されたAndroidスマートフォン(スマホ)「HTC J butterfly HTL23」にに対してより新しい「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年3月8日(火)10時以降順次提供開始するとお知らせしています。

案内されている主な変更点は以下の通り。更新はHTC J butterfly HTL23の本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または4G(LTEおよびWiMAX 2+)、3Gにて行なう方法が用意されており、更新にかかる時間は単体のWi-Fiおよび4Gで約20分、3Gで約35分、アップデートファイルサイズは約810MBとなっています。
◯主な改善内容
・Android 5.0による機能・操作性の向上
詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(1.2MB)[PDF]

 ・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。
 ・事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
 ・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。
 ・OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。
 ・端末の音量をサイレントにしている場合にアラームを鳴動させるには、「アラームの音量」設定が必要となります。
  アラームの音量設定手順(237KB)[PDF]
 ・顔認証ロック(フェイスアンロック)の設定が初期化されます。
  ロック設定手順(307KB)[PDF]
 ・その他初期化される設定については、以下の「OSアップデートによる設定初期化項目」をご確認ください。
 ・アプリのバージョンが古い状態でOSアップデートを行うと、アップデート後にエラーメッセージが表示されることがあります。その際はアプリのアップデートを行ってください。
  OSアップデートによる設定初期化項目(667KB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にHTC J butterfly HTL23をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。