S-MAX

HTC_NIPPON

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「HTC U11 HTV33」を発表!5.5インチWQHD液晶やSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、握るだけで操作できる「Edge Sense」などに対応


au向け新スマホ「HTC U11 HTV33」が6月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を都内にて開催し、ハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:HTV33)」(HTC製)を発表しています。

発売時期は2017年6月下旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定。

HTC U11 HTV33はHTCから5月16日に発表された最新フラッグシップモデル「HTC U11」のau向けで、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドモデル。

またメタルボディーを率先して採用してきたHTCながらデザインを一新し、新たにガラスボディーを採用し、新たに本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI(人工知能)やML(機械学習)によるエージェント機能「Sense Companion」に加え、「Google Assistant」や「Amazon Alexa」にも対応しています。

すでにSoftBank向け「HTC U11(型番:601HT)」が発表されており、HTC U11 HTV33とともに6月下旬に発売される予定です。SoftBank向けは本体色がアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイトの3色ですが、au向けはサファイア ブルーおよびブリリアント ブラックの2色展開となっています。

また、昨夏モデル「HTC 10(型番:HTV32)」では日本向けのFeliCaなどに対応していませんでしたが、HTC U11はおサイフケータイ(FeliCa)や防水に対応しています。なお、SoftBank向けは高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」に対応していますが、au向けでは対応しておらず、最大通信速度もSoftBankの下り最大350Mbpsに対してauでは下り最大558Mbpsとなっています。



続きを読む

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む

HTC NIPPON、VR空間内に身体ごと没入できる「6DoF」対応の世界初モバイルVR HMD「LINK」を発表!ソフトバンクなどから販売され、「攻殻機動隊ARISE」ともタイアップ


HTCがスマホと接続して使えるVR HMD「LINK」を発表!

HTC NIPPONは25日、VR空間内を動き回れる性能「6DoF」に対応したHTC製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」に接続するモバイルVR(拡張現実)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「LINK」を発表しています。

日本ではHTC U11と同様に携帯電話会社から販売予定であると案内され、同日にソフトバンクより「HTC U11(型番:601HT)」とともに販売されることが発表されています。ソフトバンクではLINKは2017年7月下旬以降に発売予定で、価格は未定。

また最先端技術で未来を切り開いていくHTCと、同じく未来を精緻に描きだしてきたマンガ・アニメ「攻殻機動隊」とがタイアップ( http://www.htc.com/jp/htc-u11-special/ )し、HTC U11およびLINKを合わせてプロモーションで広めていくということです。

続きを読む

国内最速で最新フラッグシップスマホ「HTC U 11」のタッチ&トライも実施!ファンの熱い一夜となった「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を写真で紹介【レポート】


HTC NIPPONが最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の国内最速お披露目会をファン向けに開催!

HTC NIPPONは18日、都内にてブロガーなどから“HTCファン”が募集されて行われたイベント「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を開催しました。

HTC サポーターズクラブは今年4月末より新たに開始されたプログラムで、その発足を祝したイベントとして行われ、合わせて5月16日に台湾で行われたプレス向けイベントで発表されたHTCの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」の国内最速お披露目会となりました。

そのため、HTC U11が実際にタッチ&トライできるということもあり、集まった21名のHTCサポーターのテンションはかなり高く、最終的にはイベント終了時刻を大幅に押すほどの盛り上がりをみせました。今回はイベントの様子やHTC U11を触ってみた印象などを写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

HTCのイベントや体験会、モニターなどに参加できる「HTC サポーターズ クラブ」が募集中!5月16日のグローバル向け新製品発表会などにも参加可能


HTC サポーターズ クラブがスタート!

アジャイルメディア・ネットワーク(以下、AMN)がスマートフォン(スマホ)などを開発・製造するメーカー「HTC」のアンバサダープログラム「HTC サポーターズ クラブ」( https://form.ambassador.jp/get/HTC-JAPAN/supporter/entry )をスタートしたとお知らせしています。

すでに募集しており、メンバーの中から2017年5月16日(火)に台湾本社で行われるメディア向け新製品グローバルカンファレンスや5月18日(木)開催予定の「『HTC サポーターズ クラブ』キックオフミーティング」に参加する人も選ばれるということです。

続きを読む

KDDI、au向け質感高いメタルボディースマホ「HTC 10 HTC32」を6月10日に発売!国内初の急速充電QC3.0対応で専用ACアダプターやハイレゾイヤホンが同梱され、お買い得に


au向けハイスペックススマホ「HTC 10 HTC32」が6月10日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは8日、今夏以降に発売するau向け「2016年夏モデル」のうちの約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTC32」(HTC製)を2016年6月10日(金)に発売すると発表しています。

auショップなどのau携帯電話取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、すでに価格(税込)についても紹介しているように本体価格が78,840円、実質負担額がauスマートパス加入時で37,800円、非加入時で45,576円。

続きを読む

すべてが満点のau向けハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」の発表会が開催!玉野社長が語ったデザインについて紹介【レポート】

HTC NIPPON 玉野浩社長が語るHTC 10の魅力とは

HTC NIPPONは1日、都内にて「2016年度フラグシップスマートフォンに関する記者発表会」を開催し、auから6月中旬以降に「2016年夏モデル」として発売予定の「HTC 10 HTV32」(以下、HTC 10)について、その特長であるデザインやカメラ、オーディオといったそれぞれの魅力を紹介した。

HTC 10は、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルで、おサイフケータイやテレビ機能(フルセグ・ワンセグ)などの日本向け機能を持たない海外モデルと同じシンプルなハード構成だ。

発表会には、同社代表取締役社長の玉野浩氏が登壇し、HTC 10がめざす「最高の価値」について解説を行った。今回は、発表会で紹介されたHTC 10のデザインの魅力について実機の写真を交えてレポートしていく。

続きを読む

HTC、VR HMD「Vive」のコンシューマー版を日本時間3月1日0時から予約開始!価格は日本では11万1999円に――4月5日より順次出荷に


VR HMD「HTC Vive」の日本での価格は11万1999円に!

HTCは28日(現地時間)、アメリカのゲーム制作会社であるValveとともに開発している同社初のVR HMD(バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」のコンシューマー版について日本での価格を発表しています。

価格は111,999円で、税金および送料は予約・販売サイト( http://www.htcvive.com/jp/ )における購入時のチェックアウトにて表示されます。コンシューマー版は2つのワイヤレスコントローラやルームスケールを測定するセンサー、前面にカメラおよびフォンサービスが搭載されているHMD、さらに3つのタイトルが同梱されます。

続きを読む

いよいよ来月16日に開催!注目のメーカーや登壇者がズラリな福岡発のガジェットイベント「めんたいガジェットフェス2」のチケット販売中――タッチ&トライの無料参加も可能

6c3fcff1.jpg
福岡開催のガジェット祭!ここだけの秘密のトークも聴けるかも!?

九州・福岡発のスマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートパソコンなどのモバイル全般をテーマにした「めんたいガジェットフェス」( http://mentai-fes.com )。

今年8月に第1回が開催され、大好評だったことから早くも第2回目の「めんたいガジェットフェス2」が2016年1月16日(土)に福岡市博多区のリファレンス駅東ビルにて開催されます。

開催に先立ち、早くも多くのメーカーや著名な登壇者がセッションのプレゼンテーションに登場するほか、最新製品のタッチ&トライ、そして、プレゼント企画などの魅力的な企画が用意されていることが案内。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」も第1回に続き、第2回もメディアサポーターとして参加しているそんなめんたいガジェットフェスのチケット販売がはじまっているのでイベントの内容を紹介したいと思います。

続きを読む

SIMフリースマホ「HTC Desire EYE」と「HTC Desire 626」の純正ケース「Dot View」が便利で楽しい!合わせて豊富な「テーマ」アプリによるカスタマイズも紹介【レビュー】


HTC NIPPONが日本向けに発売したSIMフリースマホ「Desire EYE」の楽しい機能をチェック!

HTC NIPPONから10月17日に日本市場向けでは初となるAndroidを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「Desire EYE」および「Desire 626」が発売され、全国の家電量販店80店舗や公式Webストア「HTC e-shop」( http://www.htc-shop.jp )やAmazon.co.jpで販売されています。

Desire 626が低価格モデル、Desire EYEは背面・前面ともに1300万画素というカメラ機能が充実しているほか、海外製品では珍しい防水・防塵に対応しているミドルハイレンジモデルで、価格(税込)はAmazon.co.jpではDesire EYEが57,024円、Desire 626が32,184円。これまでにこれらの機種について開封・外観編初期設定・基本機能編ハイライトアルバムや「Zoe」などの便利な機能と紹介してきました。

そこで、今回はDesire EYEとDesire 626の両機種で使えるテーマやアイコンなどのカスタマイズ機能とワクワクする便利な純正ケース「Dot View」を紹介したいと思います。どちらも"使って楽しい&便利"な機能になっていますので、Desire EYEとDesire 626の購入を検討している人で自分好みにカスタマイズするのが好きな人は是非チェックしてみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。