S-MAX

KindleWhitepaper

Amazon.co.jpにて電子書籍端末「Kindle」や「Kindle Paperwhite」がサイバーマンデーで大幅割引!対象モデルやクーポンコードをまとめて紹介――非プライム会員でも割引OK


shimajiro@mobiler

アマゾン ジャパンは12日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にて1週間のビッグセール「サイバーマンデーウィーク」を実施しており、電子書籍リーダー「Kindle」や「Kindle Paperwhite」も対象となってお買い得になっています。

対象機種は「Kindle Paperwhite 32GB(マンガモデル)」および「Kindle Paperwhite」、「Kindle(Newモデル)」の3製品。期間は2016年12月12日(月)まで。

クーポンによる割引額はAmazonプライム会員の方が大きくなっているものの、プライム会員でなくてもクーポン割引は可能となっている。なお、Amazonプライム無料体験中の場合は、プライム会員向けのクーポンは適用不可だ。

続きを読む

Amazon、電子ペーパー採用の新しい電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を発表!日本でもWi-Fiモデルが10月22日、3Gモデルが11月12日に発売


新しいKindle Paperwhiteが発表!

Amazon(アマゾン)は3日(現地時間)、第6世代となる新らしい電子書籍端末「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」を発表しています。これまでと同様に6インチの電子ペーパー(e-link)を採用しており、コントラストが向上し、内蔵メモリーが増強され、CPUが高速化されたほか、電子書籍を読みやすくするための新機能が複数搭載されています。

日本国内でも2013年9月4日(水)から予約受付が開始されており、Wi-Fiモデルは、2013年10月22日(火)から出荷が開始される予定で、価格が9,980円、3Gモデル「Kindle Paperwhite 3G」も用意されており、同じく予約受付が開始されていて、2013年11月12日(火)から出荷開始予定で、価格が1万4,800円。

続きを読む

Amazon、Androidタブレット「Kindle Fire HD」と電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を発表!「Kindle Fire」もスペックアップで値下げへ

b839edae.jpg

Amazonが新型Kindleシリーズを発表!

Amazonは6日(現地時間)、電子書籍端末・タブレットとして人気の「Kindleシリーズ」に新モデル2機種を追加することを発表しています。新モデルは、ディスプレイに8.9インチまたは7インチのHD解像度IPS液晶を搭載したAndroidタブレット「Kindle Fire HD」と、フロントライト付きの6インチ電子ペーパーディスプレイを搭載した電子書籍端末「Kindle Paperwhite」。

すでにアメリアなどでは予約受付を開始しており、2012年9月14日(金)以降にそれぞれ順次出荷が開始されるということで、Kindle Fire HDの7インチ(16GB)モデルが9月14日、8.9インチ(16GB)モデルが11月20日、Kindle Paperwhiteが10月1日。

価格はKindle Fire HDの7インチ(16GB)モデルが199ドル、8.9インチ(16GB)モデルが299ドル、Kindle PaperwhiteのWi-Fiモデルが119ドル、3Gモデルが179ドル。さらに、Kindle Fire HDには4G(LTE)対応モデルも用意されており、8.9インチと32GBで499ドル、通信事業者はAT&Tで特別な料金プランが用意されるということです。64GBモデルもあるとのこと。

この他、従来モデル「Kindle Fire」もより高速なCPUや大容量メモリー(RAM)を搭載したモデルが用意され、価格が159ドル、さらにエントリーモデルとして新しいフォントを搭載したり、ページ送りを15%高速化するなどのスペックアップを行い、これまでよりも10ドル安い69ドルで販売が継続されるということです。ともに出荷は9月14日。

現在のところ国内向けについての言及はないが、今後の動きに注目したいところです。Amazon.co.jpでは国内向けにもKindleシリーズを投入することを示唆していましたので、新機種投入というタイミングですし期待したいです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。