S-MAX

MVNO

Googleの新スマホ「Pixel 4a (5G)」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!最大通信速度は5Gで下り2.1Gbps・上り183Mbpsに対応


5G対応の新スマホ「Google Pixel 4a (5G)」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)が新たに5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」を10月15日に発売しました。またソフトバンクは携帯電話サービス「SoftBank」両機種を、KDDIおよび沖縄セルラー電話は携帯電話サービス「au」にてPixel 5を同じく10月15日に発売しています。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 5が74,800円、Pixel 4a (5G)は60,500円、SoftBankではPixel 5が87,840円、Pixel 4a (5G)が65,520円、auのPixel 5が79,935円で、SoftBankではトクするサポート+、auではかえトクプログラムの対象となっています。

そんなPixel 5およびPixel 4a (5G)ですが、今回、はじめてauにて「Pixel」シリーズが発売されましたが、一方でソフトバンクでは日本国内の通信事業者でPixel 4a (5G)を取り扱うのはSoftBankのみとしており、少なくとも現時点ではNTTドコモや楽天モバイルでは従来通りに両機種を取り扱わないことになりました。

またPixel 4a (5G)についてもauでは販売されませんが、au回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しています。これにより、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 4aをauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用可能となっています。

なお、NTTドコモや楽天モバイルでは現時点でPixel 5およびPixel 4a (5G)をIOT完了製品に追加していませんが、すでに紹介したように楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT V」におけるnanoSIMカード(4FF)およびeSIMで4Gでは利用できており(5Gは未検証)、NTTドコモについては4Gおよび5Gでの利用を確認しています。

なお、楽天モバイルについてはPixel 4シリーズやPixel 4aを「楽天回線対応製品」に追加していますが、現時点ではPixel 5およびPixel 4a (5G)については記載がない状態となっており、現在、同社に確認中なので、Pixel 5やPixel 4a (5G)についても公式に楽天回線対応製品となるのかどうか分かり次第紹介したいと思います。

続きを読む

5G対応、それが問題だ!iPhone 12シリーズを購入する場合は料金プランやSIM(契約)などに注意が必要。auでは4G契約のままでは利用不可


5Gに対応したiPhone 12シリーズの購入に際する注意点をまとめて紹介!

既報通り、Appleが新たに5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」を発表しました。日本ではAppleの直営店と公式Webストア(Apple.comと専用iOSアプリ「Apple Store」)のほか、NTTドコモとau、SoftBankから販売されます。

発売日と予約開始日時は各販路とも同じで、iPhone 12とiPhone 12 Proが2020年10月23日(金)に発売、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxが2020年11月13日(金)に発売され、iPhone 12とiPhone 12 Proは10月16日(金)21時より予約開始、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月6日(金)より予約開始となっています(Appleでは11月6日22時より)。

価格(金額はすべて税込)はこちらの記事にまとめていますが、AppleではiPhone 12 miniが82,280円から、iPhone 12が94,380円から、iPhone 12 Proが117,480円から、iPhone 12 Pro Maxが129,580円からで、有償保証サービス「AppleCare+」はiPhone 12 miniとiPhone 12の通常プランが18,480円、盗難・紛失プランが20,680円、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの通常プランが25,080円、盗難・紛失プランが27,280円となっています。

そんなiPhone 12シリーズですが、最大の特長でもある“5G対応”によって注意が必要なことがあり、例えば、NTTドコモやau、SoftBankで購入する場合には5G契約となるため、5Gに対応した料金プランを選ぶ必要があるほか、auでは5G契約にしたSIMカードでないと使えないなど、予約・購入前に事前にスムーズに移行できるか調べておきたいところです。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にてスタンダードスマホ「AQUOS sense3 SHV45」が10月15日発売!価格は3万6960円の実質5280円から


J:COM MOBILEにてスタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense3 SHV45」が販売開始!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は15日、NTTドコモやauから回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )の新商品としてスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3(型番:SHV45)」(シャープ製)を2020年10月15日(木)に発売すると発表しています。

販売拠点は公式Webストアおよびジェイコムショップで、本体カラーはライトカッパーとブラックの2色を取り扱い、価格は税別33,600円(税込36,960円)となっています。また新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合に「J:COM MOBILE 端末代割引」が適用されます。

これにより、Aプランの長期タイプSにおける基本データ通信容量が1GBでJ:COM TVまたはJ:COM NETを契約している場合、または基本データ通信容量が5GBおよび10GB、20GBなら毎月1,050円(税抜)をJ:COM MOBILEの月額基本料金から48カ月間割引され、実質負担額が税別4,800円(税込5,280円)となります。

さらにAプランの長期タイプSを契約した場合には「J:COM MOBILE スタート割」も適用され、基本データ通信容量が5GBと10GB、20GBの料金プランでは12ヶ月間は毎月1,000円(税抜)がJ:COM MOBILEの月額基本料金から割り引かれます。なお、J:COM MOBILEは今年9月よりJ:COM TVやJ:COM NETを契約していなくても誰でも公式Webストアで契約できるようになっています。

続きを読む

日本通信、月額1738円で無料通話70分と月3GBの高速データ通信容量込みの新料金「Wスマートプラン」を提供開始!健康アプリ「FiNC Plus」も


日本通信SIMの新料金プラン「Wスマートプラン」が提供開始!

日本通信(以下、JCI)は9日、NTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「日本通信SIM」( https://www.nihontsushin.com/ )において新しい料金プラン「Wスマートプラン(ダブルスマートプラン)」を2020年10月9日(金)に提供開始すると発表しています。

Wスマートプランは健康アプリサービスを提供するヘルステックベンチャーのFiNC Technologiesと協業し、合理的なスマートフォン(スマホ)向け料金プランにワンランク上のオンライン健康管理アプリ「FiNC Plus(フィンクプラス)」(通常税込480円)をセットにしたもの。

携帯電話料金をセーブしてその一部を自らの健康管理に投資するダブル・スマートなライフスタイルを提案し、70分の無料通話分と3GBの月間高速データ通信容量を含んで月額税抜1,580円(税込1,738円)となっており、70分以降は税抜10円(税込11円)/30秒、3GB以降は税抜250円(税込275円)/1GBで使えます。

続きを読む

ASUS JAPAN、新ゲーミングスマホ「ROG Phone 3 ZS661KS」を発表!9月26日発売ですでに予約中。SIMフリーで価格は13万1780円から


エイスースから新ゲーミングスマホ「ROG Phone 3 ZS661KS」が日本で9月26日発売!

ASUS JAPANは23日、ゲーミングブランド「ROG」を冠したゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone」シリーズの最新モデル「ROG Phone 3(型番:ZS661KS)」(ASUSTeK Computer製)を日本にて発表しています。同日9月23日(水)より予約が行われ、発売日は9月26日(土)となっています。

日本では内蔵メモリー(RAM)の違いによって2モデルが販売され、価格はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「ASUS Store」では12GB RAMモデル(型番:ZS661KS-BK512R12)が税抜119,800円(税込131,780円)、16GB RAMモデル(型番:ZS661KS-BK512R16)が税抜129,800円(税込142,780円)。

販路はASUS Storeや量販店、ECサイトなどのほか、NifMoなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われ、各拠点ともにSIMフリーモデルとなります。また合わせてROG Phone 3用アクセサリーも9月26日より順次発売されます。なお、ROG Kunai 3 Gamepadのみ10月以降、年内での発売を予定しているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。