S-MAX

MVNO

UQ mobileの高速データ容量をチャージできる「UQモバイルデータチャージカード」がコンビニで4月1日より販売!最大千円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも


UQモバイルデータチャージカードが4月1日よりコンビニで販売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は18日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )において高速データ容量をチャージできる「UQモバイルデータチャージカード」を2019年4月1日(月)より全国のコンビニエンスストア(以下、コンビニ)で販売開始すると発表しています。

セレクトカード(1GB・3GB・5GBから選択可能)または1GBカードの2種類あり、セレクトカードはセブン-イレブンおよびファミリーマート、ローソン、ミニストップ、1GBカードはデイリーヤマザキおよびニューデイズで販売されます。

価格(税込)はセレクトカードの1GBが1,080円、3GBが3,240円、5GBが5,400円、1GBカードが1,080円。有効期限は購入から180日で、180日を過ぎると利用できなくなり、チャージしたデータ容量の有効期限はチャージした日から90日となっています。

またサービス開始に合わせて「UQモバイルデータチャージカード発売記念キャンペーン」( http://www.uqmobile.jp/r/426 )を実施し、2019年4月22日(月)までにUQモバイルデータチャージカードを購入し、2019年4月30日(火)までにキャンペーンページにて応募した場合、先着1万人に最大1,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。

続きを読む

日本通信、短期の解約やMNPに解除料がかかる「最低利用期間」のない携帯電話サービス「b-mobile スタートSIM 音声付」を提供開始!990ジャストフィットSIMに無料で移行可能


最低利用期間がない格安SIM「b-mobile スタートSIM 音声付」が登場!

日本通信は5日、移動通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「b-mobile」において新たに短期契約における解除料が設定されていない「b-mobile スタートSIM 音声付」( https://www.bmobile.ne.jp/startsim/ )を2019年3月5日(火)に発売すると発表しています。

b-mobile スタートSIM 音声付はNTTドコモ回線を利用しており、初期手数料(またはパッケージ料金)の3,000円(金額はすべて税別)と月額基本料1,380円(高速データ通信量1.5GB)ではじめられ、音声通話やSMS、データ通信が使えます。

最大の特徴は音声通話に対応したサービスながら最低利用期間がなく、短期間の契約で解約するだけでなく、他社へ乗り換え(MNP)しても特別な解除料がかからない点となります。なお、MNPの場合には別途、MNP転出料3,000円はかかります。

続きを読む

シャープの小型SIMフリースマホ「AQUOS R2 compact SH-M09」を写真と動画で紹介!ダブルノッチの縦長5.2インチFHD+液晶やS845、4GB RAM、防水、FeliCaでより高性能・多機能に【レビュー】


プレミアムコンパクトなSIMフリースマホ「SHAPR AQUOS R2 compact SH-M09」をレビュー!

既報通り、シャープは21日、昨年11月に発表したプレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 compact」のSIMフリーモデル「AQUOS R2 compact SH-M09」を順次販売開始しています。価格は市場想定価格で税抜81,880円(税込88,430円)。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では税込80,390円となっており、MVNOではmineoIIJmio楽天モバイルDMMモバイルgooSimseller(OCN モバイル ONE)などにて販売されています。

すでにSoftBankから1月に発売されているAQUOS R2 compactですが、待望のSIMフリー版も発売されたということで、SIMフリー版のAQUOS R2 compact SH-M09の外観や主な機能を写真と動画で紹介します。

続きを読む

携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」のエンタメフリー・オプションにて「LINE MUSIC」や「Facebook Messenger」、「らじる★らじる」が追加されてカウントフリー対象に


BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションにLINE MUSICやFacebook Messengerなどが追加!

KDDI傘下のビッグローブは1日、NTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」( http://join.biglobe.ne.jp/mobile/ )における「エンタメフリー・オプション」のカウントフリー対象に定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」および日本放送協会(NHK)のラジオ配信サービス「らじる★らじる」、メッセンジャーサービス「Facebook Messenger」を2019年3月1日(金)より追加すると発表しています。

これにより、カウントフリー対象サービスは既存の「YouTube」および「AbemaTV」、「U-NEXT」、「Spotify」、「Google Play Music」、「Apple Music」、「AWA」、「Amazon Music」、「YouTube Kids」、「YouTube Music」、「radiko.jp」と合わせて14つとなりました。なお、各サービスともに有料プランを契約した場合には別途利用料が必要。

続きを読む

トーンモバイルがデュアルカメラと指紋センサーを搭載したノッチ付フルスクリーンスマホ「TONE e19」を発売!新たに全世代をターゲットにした新製品を写真と動画で紹介【レポート】


全世代をターゲットにしたグローバルスマホ「TONE e19」を3月1日に発売!TONEモバイルの新戦略とは

既報通り、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」向けの新しいスマートフォン(スマホ)「TONE e19」(トーンモバイル製)を3月1日に発売した。

TONEモバイルは「TSUTAYA」のスマホとして展開しており、前機種「TONE m17」から約1年半ぶりの新機種で、これまでは子どもやシニア世代をターゲットの中心としていたが、TONE e19は最新のトレンドを取り入れて全世代を対象にしたモデルとなっている。

そのため、画面上部中央にノッチ(切り欠き)のあるアスペクト比9:19の縦長な約5.93インチHD+(1512×720ドット)液晶や約1200万画素CMOS+約500万画素CMOSのデュアルリアカメラなどを搭載し、約800万画素CMOSフロントカメラでは顔認証にも対応する。

基本スペックとしてチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 450(SDM450)」、内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージはmicroSDXCカードスロット(最大256GB)、電池は4000mAhリチウムイオンバッテリー、OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)だ。

またLTEと3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応し、生体認証は顔認証の他にも本体背面に指紋センサーを搭載し、ロック解除以外にもTONEモバイル独自のアプリロック機能などが利用可能だ。販売価格は19,800円(税抜)。

TONEモバイルのSIMカードとセットとなっており、好評な月額1,000円からの料金プランが用意されている。今回は「トーンモバイル新製品及び新サービス発表会」で実際にTONE e19をタッチ&トライできたので、外観や主な機能について写真および動画を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。