S-MAX

SH-M20

楽天モバイル、楽天回線対応製品にエントリースマホ「AQUOS wish SH-M20」と「arrows BZ02」を追加!相互接続性試験を完了


SIMフリースマホ「AQUOS wish SH-M20」と「arrows BZ02」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは5日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS wish(型番:SH-M20)」(SHARP製)と「arrows BZ02(型番:ASMB02003)」(FCNT製)を追加しています。

これにより、両機種ともに楽天モバイルの相互接続性試験(IOT)を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号はAQUOS wishが楽天モバイルで購入した場合に「1.0.0」、楽天モバイル以外から購入した場合に「00JP_2_21D」、arrows BZ02が「V05RB52F」。

続きを読む

5Gスマホ「AQUOS wish SH-M20」(メーカー版・楽天モバイル版)にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


5Gスマホ「SHARP AQUOS wish SH-M20」がAndroid 12に!

シャープは6日、5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「AQUOS wish SH-M20」に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2022年6月6日(月)に提供開始したとお知らせしています。なお、AQUOS wish SH-M20は楽天モバイルからも販売されていますが、楽天モバイル版も同様に提供開始されています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新にかかる時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、更新ファイルサイズは大きいと思われるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。

楽天モバイルでは更新後のビルド番号は「67JP_2_21E」と案内しています。なお、ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」。主な更新内容はAndroid 12へのOSバージョンアップとなっていますが、詳細はシャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』をご確認ください。

続きを読む

シャープ、5G対応エントリースマホ「AQUOS wish」のメーカー版「SH-M20」を発表!2月18日より順次発売、価格は3万円台前半


5Gエントリースマホ「AQUOS wish」のメーカー版「SH-M20」が登場!

シャープは9日、同社の5Gに対応した最新エントリースマートフォン(スマホ)「AQUOS wish」におけるオープンマーケット向けメーカー版「AQUOS wish SH-M20」を発表しています。量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、2022年2月18日(金)より順次発売されます。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格は3万円前半となるとのことで、すでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comやビックカメラ.comなどの量販店では34,540円の10%(3,454ポイント)還元で実質31,086円相当となっています。

またMVNOではNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」にてNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」とセットで通常価格22,220円となっており、さらにgoo Simsellerでは他社から乗り換え(MNP)なら14,300円割引、動画配信サービス「ABEMAプレミアム」および「端末補償にに同時加入でそれぞれ1,000円割引となり、すべてを適用した場合は5,720円となります。

なお、AQUOS wish SH-M20はすでに販売されているauおよびUQ mobile向け「AQUOS wish(型番:SHG06)」やSoftBank向け「AQUOS wish(型番:A103SH)」、Y!mobile向け「AQUOS wish(型番:A104SH)」、楽天モバイル向け「AQUOS wish(型番:SH-M20)」と同様にnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMに対応しているほか、sXGPによって法人用途としても安心して使えるということです。

続きを読む

新たなスタンダード!?シャープの低価格な5Gスマホ「AQUOS wish」をファーストインプレッション。外観や基本機能などをチェック【レビュー】


シャープの5G対応エントリースマホ「AQUOS wish」をレビュー!

シャープが「AQUOS」ブランドのスマートフォン(スマホ)において“シンプルで飾らない”をテーマにライフスタイルに寄り添う新たなコンセプトのベーシックモデルのシリーズとして「AQUOS wish」を発表しました。

まずはKDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向け「AQUOS wish(型番:SHG06)」、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向け「AQUOS wish(型番:A103SH)」を1月14日に発売しました。

続けて楽天モバイルが「AQUOS wish(型番:SH-M20)」を1月21日に、そしてソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile」向け「AQUOS wish(型番:A104SH)」を1月28日に発売しています。

本体価格が2万円台半ばからと低価格ながらも各モデルともに5Gに対応しつつ、シャープならではの防水や防塵、耐衝撃、アルコール除菌シートでの拭き取り、おサイフケータイ(FeliCa)などにも対応し、必要十分な機能が揃っており、エントリーモデルとして人気が出そうです。

今回、そんなAQUOS wishを1週間ほど利用する機会がありましたので、外観や基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、使用したのはau向けAQUOS wish SHG06のチャコールです。

続きを読む

楽天モバイル、5G対応スマホ「AQUOS wish」を発表!1月21日発売、価格は2万9800円。Rakuten UN-LIMIT VIを初契約とセットで実質9800円


Rakuten Mobileからも5Gスマホ「AQUOS wish」が登場!1月21日発売

楽天モバイルは19日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」に対応した新たな5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「AQUOS wish(型番:SH-M20)」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2022年1月21日(金)で、販路は楽天モバイルショップや量販店などの楽天モバイル取扱店および同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )、スマホなど向けアプリ「my 楽天モバイル」、「楽天モバイル公式 楽天市場店」となっています。

価格(金額はすべて税込)は本体価格が29,800円で、分割では1,241円/月×24回(総額29,784円)または楽天カード限定の620円/月×48回(総額29,760円)となっており、楽天カードなら分割手数料0円とのこと。またRakuten UN-LIMIT VIの回線契約とセットで購入すると最大20,000ポイント還元の実質9,800円となります。

なお、AQUOS wishはすでにau・UQ mobile版「AQUOS wish(型番:SGH06)」およびSoftBank版「AQUOS wish(型番:A103SH)」、Y!mobile版「AQUOS wish(型番:A104SH)」が発表されており、今回、新たに楽天モバイル版が追加されました。なお、各社ともにSIMロックのかかっていないSIMフリー製品でnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMに対応し、auやSoftBank、楽天んモバイルでは単体販売も行われています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。