S-MAX

povo

秋吉 健のArcaic Singularity:auの新料金プラン「povo」は「非常に紛らわしい」?武田良太総務大臣による批判が適切なのか検証する【コラム】


KDDIの新料金プラン「povo」に対する武田良太総務大臣の発言を徹底検証してみた

武田良太総務大臣(以下、武田総務大臣)は1月15日に行われた記者会見において、au(KDDIおよび沖縄セルラー電話)が1月12日に発表した新料金プラン「povo(ポヴォ)」について記者から意見を求められた際、「非常に紛らわしい発表だった」と発言しました。

発言の趣旨は「最安値と言いながら、他社と結局同じ値段であったということについては、もっと分かりやすいやり方をしっかりと考えていただきたい」というものでしたが、実際にauが発表した内容には最安値という言葉は一度も使用されておらず、また公式のプレスリリースにも一切書かれていません。

発言全体を通しても実際の発表会やプレスリリースを精査せずに想像に頼ったと思われる部分が多く、また総務大臣としての会見の場での発言としてあまりにも杜撰である点に、強い憤りを感じざるを得ません。

KDDIは何を発表し、武田総務大臣は何をもって「紛らわしい」と判断したのか。そもそも通信料金値下げとは何が目的で誰のためのものだったのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は武田総務大臣の発言が適切であったのか検証します。

続きを読む

結局横並び?違いはある?NTTドコモのahamoやauのpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vを比べてみた


オンライン専用の新料金プラン「ahamo」や「povo」、「SoftBank on LINE」、そして「Rakuten UN-LIMIT V」を比較!

昨年12月にNTTドコモが発表したオンライン専用の料金プラン「ahamo(アハモ)」に続き、ソフトバンクがグループ会社となった「LINE」ブランドを活用した料金プラン「SoftBank on LINE」(仮称)を、そして昨日にau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)が料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表しました。

これらはともにオンライン専用の料金プランとなっており、申し込みや各種手続きはすべてWebやアプリなどのオンラインのみで行い、ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップといったキャリアショップの実店舗では取り扱われません。

代わりにそれらにかかるコストを削減し、月間高速データ通信容量20GBながら月額2,480円や月額2,980円(金額はすべて税抜)で提供されます。一方、これら3者の移動体通信事業者(MNO)を追う楽天モバイルでは自社回線による携帯電話サービスとして月額2,980円の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。

そこで本記事ではこれらのahamoおよびpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vをわかっている範囲で比べてみました。結局横並びとなったのか?それとも違いはあるのか!?

続きを読む

auとUQ mobileでもMNP転出手数料が4月1日から店頭・Web・電話の各窓口とも無料に!povoを含めてauとUQ mobileの移行は手数料0円


auとUQモバイルが他社へのMNP転出手数料を4月から撤廃!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」における他社から乗り換え(MNP)を利用して他の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)を2021年4月1日(木)より廃止すると発表しています。

これにより、これまでMNP転出手数料は3,000円(税抜)がかかっていましたが、店頭・Web・電話窓口といった各受付拠点ともに無料となります。なお、2021年3月31日(水)以前にMNP予約番号を取得し、2021年4月1日以降の転出となる場合もMNP転出手数料はかかりません。

また両社は13日にオンラインにて「au新料金発表会」を開催し、新料金プラン「povo」を発表し、すでに案内しているようにauとUQ mobileの間での移行に係る手数料が2021年2月以降に不要となる予定ですが、povoについても同様に他のau向け料金プランやUQ mobileとの移行(変更)手数料は0円となるということです。

続きを読む

KDDI、auのオンライン専用新料金「povo(ポヴォ)」を発表!3月提供開始、月20GBで月額税抜2480円。4G・5G対応でキャリアメールは非対応


KDDIがオンライン専用の新料金プラン「povo」を発表!3月に提供開始

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、オンラインにて「au新料金発表会」を開催し、新たに携帯電話サービス「au」においてオンライン専用の料金プラン「povo(ポヴォ)」( https://povo.au.com/ )を発表しています。2021年3月から提供開始するとのこと。

povoはシンプルで柔軟性の高いプラン設計をコンセプトとしており、月額2,480円(金額はすべて税抜、税込では2,728円)で使える月間高速データ容量20GBに加え、オンラインで自由に選択可能なさまざまな追加オプション(トッピング)が用意されます。

第1弾として200円の追加料金お申し込みから24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」でオンライン授業や会議など、一時的な大容量のデータ利用ニーズにお応えするほか、月額500円で5分間までの国内通話が無料でご利用いただける「5分以内通話かけ放題」などを提供します。

追加オプションは利用者のニーズに応じて順次拡充していくとのこと。加えて、povoではauの高品質な5G・4G LTEのネットワークを利用するため、安心で快適なデジタル体験を楽しめるとのこと。ただし、5Gは2021年夏に対応予定。なお、キャリアメールには対応していません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。