S-MAX

povo

iPhone 14シリーズの動作確認がahamoやpovo、LINEMO、UQ mobile、Y!mobileで完了!eSIM含めて利用可能。各MVNOでは順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 14シリーズは使える?

NTTドコモが昨年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、携帯電話サービス「UQ mobile」および「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

さらにソフトバンクは9日、携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINMO」におけるにおけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

その他、携帯電話サービス「IIJmio」を提供しているインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でも9月16日に発売されるiPhone 14およびiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの動作確認を発売日より順次行うとしています。

とはいえ、iPhone 14シリーズはすでに紹介している「eSIM クイック転送」に対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 14シリーズの実機レビューが掲載され、特に特定の携帯電話サービスで使えないといった話もないですが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。

続きを読む

iOS 16にてiPhoneのみでeSIM再発行ができるクイック転送が提供開始!物理SIM→eSIM発行も可能。auやUQ mobile、povo、楽天モバイルが対応


iOS 16ではiPhoneのみでeSIM発行・再発行ができる「eSIM クイック転送」が導入!

既報通り、Appleは12日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16」の正式版を提供開始しています。対象機種はiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降で、無料でアップグレードが行えます。

iOS 16では新たにロック画面のカスタマイズが行えるようになるなど、さまざまな新機能が追加されていますが、そうした新機能の1つとしてiOS 16を搭載したiPhoneに設定してあるeSIMまたは物理SIMカードから別のiPhoneへeSIMを切り替える(再発行する)「eSIM クイック転送」が導入されています。

これに合わせてKDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」(povo1.0およびpovo2.0)においてeSIM クイック転送に2022年9月13日(火)より対応したとお知らせしています。また楽天モバイルでも携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」にてeSIM クイック転送に対応予定だとのこと。

これにより、iPhoneのSIMカードやeSIMを別のiPhoneのeSIMへ転送できるほか、現在利用中のSIMカードをeSIMに変更することも可能で、eKYCなどの本人確認を含めたオンライン手続きやチャットでの手続き、店頭での手続きが不要でiPhoneのみで完結するため、手数料もかからずにスムーズに利用できるとしています。

なお、NTTドコモやソフトバンクでは「対応しておらず、対応を検討しているものの、具体的な今後の対応予定は現時点ではない」とのこと。その他のeSIMを提供している日本の仮想移動体通信事業者(MVNO)に関してもeSIM クイック転送への対応状況を現在問い合わせ中で、回答があり次第順次掲載していきたいと思います。

続きを読む

KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」に新規加入で「データ使い放題(7日間)」がもらえるキャンペーンを9月13日から10月16日まで実施


povo2.0にて「7日間データ使い放題キャンペーン」がスタート!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において新規契約で「データ使い放題(7日間)」がもらえる「7日間データ使い放題キャンペーン」( https://povo.jp/autumn-cpn_2022/ )を実施するとお知らせしています。

期間は2022年9月13日(月)から2022年10月16日(日)まで。キャンペーンではpovo2.0を新規契約の上でSIMの有効化を行うと、1回分の「データ使い放題(7日間)」のプロモコードがプレゼントされます。対象は他社から乗り換え(MNP)や携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo1.0」からの番号移行の場合も含まれます。

なお、キャンペーン期間中に同一名義で複数のpovo2.0を新規契約された場合の適用対象はキャンペーン期間中に申し込んだ初回1回線のみとなります。プロモコードはSIMの有効化後1週間以内にpovo2.0に登録しているメールアドレス宛に送付され、プロモコードの入力期限は送付から2カ月間となります。

続きを読む

KDDI、携帯電話サービスの音声通話が設備障害にて東日本の一部で8月24日21時13分頃から利用できない状況に!auやUQ mobile、povoなど


東日本の一部エリアにてau回線で音声通話・SMSが利用できない・しづらい状況に!

KDDIは24日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスにおいて東日本の一部エリアで音声通話およびSMS総順が利用できないもしくは利用しづらい状況が2022年8月24日(水)21時13分頃から発生しているとお知らせしています。

同社では原因は設備故障だとしており、利用者に多大な迷惑をかけているとして深く謝罪しています。なお、先日の7月2〜4日の通信障害の説明においてVoLTE交換機が東日本と西日本にそれぞれ設置されているとされていたため、そのうちの東日本にある設備が故障したものと見られ、早急な復旧が期待されます。

その後、KDDIでは同日8月24日21時58分に復旧したと案内しています。引き続いて音声通話やSMS送受信が利用できない場合は利用しているスマートフォン(スマホ)などの製品の電源オフ/オン(再起動)もしくは機内モードのオン/オフを試すように説明しているほか、ホームプラス電話は専用アダプタのコンセントの抜き差しをするようにとのことです。

続きを読む

KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」にて20GB以上のデータトッピング購入でデータ容量を25%増量する「残暑お見舞い大感謝祭」を開催


povo2.0にてキャンペーン「残暑お見舞い大感謝祭」が8月24日より開催!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において20GB以上データトッピングの購入でデータ容量を25%増量するキャンペーン「残暑お見舞い大感謝祭」( https://povo.jp/thanks-summer_2022/ )を2022年8月24日(水)9:00から2022年9月22日(木)23:59まで開催するとお知らせしています。

これにより、2,700円(金額はすべて税込)のデータ追加20GB(30日間)が+5GBの合計25GB、6,490円のデータ追加60GB(90日間)が+15GBの合計75GB、12,980円のデータ追加150GB(180日間)が+40GBの合計190GBとなります。またキャンペーンでは期間中にデータトッピングのいずれかを購入すると「データ使い放題(24時間)」を1回分プレゼントするとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。