S-MAX

NTTドコモ、Androidスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」に不具合でソフトウェア更新を提供開始

43434ac2.jpg

「LYNX 3D SH-03C」のピンチな不具合が解消!

NTTドコモは、21日、Android搭載のシャープ製スマートフォン「LYNX 3D SH-03C」の一部において110番などの緊急通報へ発信できない不具合を解消するためのソフトウェア更新を2011年1月22日8時から提供することをお知らせしています。

修正される不具合は、すでに13日に発表済みで、今回はそのソフトウェア更新が提供開始されることをお知らせしたものとなります。

不具合は、「一部の緑色のFOMAカードとSH-03Cの組み合わせでの使用時に緊急通報用電話番号「110」「118」「119」への接続ができない事象が発生する場合がある」というものです。電話番号の前に「184」(番号非通知)や「186」(番号通知)を付加した場合には接続可能となっています。

また、上記の不具合に追加して、「スリープモード中に電源ボタンを押しても、スリープモードが解除されない」という不具合も解消されるとのことです。

続きを読む

お年玉付年賀はがきの当選番号が発表!素早くチェックできる「大当たり★お年玉年賀状チェッカー」【Androidアプリ】

c9511eb3.jpg

お年玉年賀状の当選チェックをしよう!

お年玉付年賀はがきの当選番号のチェックはもうお済みですか?

平成23年用年賀お年玉くじ抽せん会が1月23日(日)に逓信総合博物館(ていぱーく)で開催されました。懸賞景品の賞品引換期間は2011年1月24日(月)~7月25日(月)迄となっています。

年賀状が届いた方でまだ当選番号チェックをされていない方は是非、チェックしてみてください。幸運にも当選された方は、お近くの郵便局等へ当選はがきをお持ちになられて商品に交換してくださいね!

※1等・2等・3等のご当せん者様は本人確認ができる証明書(運転免許証・健康保険証など)も必要となります。

続きを読む

ちょっとした日常の知恵を知っておくと便利な「生活の知恵」【iPhoneアプリ】

e03c2942.jpg
生活の知恵袋を習得しよう!

生活の知恵。
昔、おばあちゃんやおじいちゃんに教えてもらったことがあると思います。
おばあちゃんの知恵袋は有名ですが、些細なことでも役に立つことが沢山あるのが「生活の知恵」なのではないでしょうか。

知らなくても生活はしていけますが、知っていて損にはならないのが生活の知恵だと思います。
今回は、そんな「生活の知恵」を紹介してみたいと思います。続きを読む

NTTドコモ、スマートフォン向け「spモードメール」が2月1日からWi-Fi対応!公衆無線LANサービスもスタート

365db10a.jpg

spモードメールが無線LAN環境で自動受信可能に!

NTTドコモは、24日、スマートフォン向けのISPサービス「spモード」の機能拡充についての発表を行っています。

今回発表された内容は、昨年11月に行われたNTTドコモの新商品発表会での発表通り、2月1日より無線LANによるspモードメールサービスのWi-Fi対応と公衆無線LANサービスの提供が行われます。また、spモードメール自動受信の詳しい方法についても発表されました。

続きを読む

毎日の買い物も単価比較で賢くお買い物♪「買い物上手 -Lite-」【iPhoneアプリ】

a3fcc402.jpg
単価比較をして少しでもお得に買い物をしよう!

買い物で「どっちがお得?」と迷ったことはありませんか?
例えば…
「トイレットペーパーは12ロールと18ロールのどっちが安いの?」
「5個入りと10個入りのどっちが安いの?」
など複数の単価比較候補がある時に便利なアプリを紹介したいと思います。

このアプリがあれば、あなたも買い物上手になれるかもしれませんよ。続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。