S-MAX

NTTドコモ、誘電体導波路を利用したプラスチックでケーブルをつまむだけのアンテナを世界初開発!ミリ波などの高周波数帯でエリア構築に活用


ケーブルをつまむだけのアンテナが開発!2021年度上期に5Gのミリ波で検証を開始

NTTドコモは20日、ケーブルをプラスチック小片でつまむだけで通信エリアを構築できるアンテナを世界で初めて開発したと発表しています。また合わせてこのアンテナを用いて60GHz帯域での実証実験に成功したということです。

開発の背景には現在、5Gサービスで利用している28GHz帯(ミリ波)に加え、今後、6Gに向けて開拓を進めているさらなる高周波数帯の電波は直進性が強いため、基地局から見通せない場所や周囲を障害物で囲まれた場所の通信エリア化が課題となります。

そうしたことから今回開発したアンテナを活用することで、5G以降で利用される高周波数帯の安定した通信エリアをきめ細かく構築することが可能になり、人や機材が遮蔽物となりえる工場やオフィスでのレイアウトフリー化など、高周波数帯の電波を活用した利用シーンを拡大できるとしています。

なお、このアンテナについてはオンラインにて2021年2月4日(木)~7日(日)に開催される「docomo Open House 2021」にて公開予定となっており、同社では2021年度上期から5Gサービスで利用しているミリ波でのこのアンテナによる通信エリア構築の検証を開始し、実用化をめざします。

続きを読む

Amazonタイムセール祭りが1月30日9時〜2月1日まで開催!Kindle PaperwhiteなどのAmazon製品などがお得に。5千ポイント還元キャンペーンも


63時間のAmazonタイムセール祭りが1月30日9時にスタート!ポイントアップキャンペーンも実施中

アマゾン ジャパンが運営するWebストア「Amazon.co.jp」( http://www.amazon.co.jp )において2021年1月30日(土)9:00から2月1日(月)23:59までの63時間に渡って「Amazonタイムセール祭り」を実施するとお知らせしています。期間中はAmazonデバイスや家電および日用品などの幅広い商品がセールとなっているほか、セール期間中は最大5,000ポイントが還元される「Amazonポイントキャンペーン」も同時開催されます。

Amazonポイントキャンペーンは期間中に合計10,000(税込)円以上の買い物をした場合にプライム会員は+2%、モバイルアプリからの買い物で+1%、Amazon Mastercardで支払うと+1%のAmazonポイントが通常還元率に加えて追加で付与され、さらに対象のKindleの購入で500ポイントプレゼントされるとのこと。

なお、NTTドコモの携帯電話の契約者はAmazon.co.jpの支払方法を決済サービス「d払い」(キャリア決済)にすることで金・土曜日には必ず+2%・最大+5%還元になるd曜日キャンペーンも実施されているほか、Amazonでd払い dポイント 50倍還元チャンスキャンペーンなどのさまざまなキャンペーンも実施されているので、うまく利用してさらにお得に買い物をしたいところです。

続きを読む

ソースネクスト、空気清浄機「Molekule Air Mini+」のPECOフィルターが空気中のコロナウイルスやインフルエンザウイルスを不活化すると発表


PECOフィルターによるウイルス不活化の実験結果を報告

ソースネクストは20日、アメリカのMolekule(モレキュル)が開発を手がける空気清浄機「Molekule Air Mini+(モレキュル エアー ミニ プラス)」に採用されている「PECOフィルター」において空気中のコロナウイルスやインフルエンザウイルスを99%以上減少および不活化する効果が得られたという実験結果について発表した。

Molekule Air Mini+で採用されているフィルターは、空気中の微細なホコリを取り除くために広く使われているというHEPAフィルター(High Efficiency Particulate Air Filter)の基準より1000分の1も小さな物質を除去できるというモレキュル独自のPECO(Photo Electro-chemical Oxidatio)フィルターというもの。光活性ナノフィルターと特殊な触媒がさまざまな分子を分解、除去して空気を浄化するというPECO技術はアメリカで特許を取得している。

ソースネクストは昨年5月にMolekule Air Mini+の国内独占販売権を取得し、2020年11月10日から販売している。今回、このPECOフィルターにおいてウイルスの減少や不活化が確認された実験結果をモレキュルが公表したことにより、モレキュルと業務・資本提携しているソースネクストも国内向けに同内容を発表した格好となる。

続きを読む

カー用品店「オートバックス」などのグループ562店舗でSuicaなどの交通系ICやiD、QUICPay、Edy、nanaco、WAONが利用可能に


オートバックスグループにてコード決済に続いてSuicaなどのかざす決済が導入!

オートバックスセブンは20日、カー用品店チェーン「オートバックス」をはじめとした全国のオートバックスグループ店舗(562店舗)にて2021年1月21日(木)より非接触IC機能「FeliCa」によるかざす決済サービスを導入すると発表しています。

導入されるのは「Suica」や「PASMO」などの交通系IC(全国相互利用可能なKitacaやTOICA、manaca 、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんを含む)および「楽天Edy」、「iD」、「QUICPay、「nanaco」、「WAON」となっています。

対象店舗はオートバックスおよびスーパーオートバックス、オートバックスガレージ、Smart+1、A PIT AUTOBACS SHINONOMEで、一部利用できない店舗があるとのこと。同社ではコロナ禍における感染予防の観点から非接触の決済ツールとして新たにかざす決済サービスを導入したとのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:祇園精舎の着信音、諸行無常の響きあり。モバイル技術の変遷を2000年代に隆盛した着メロ・着うた文化とともに振り返る【コラム】


携帯電話の着信音について考えてみた!

ここ数年、携帯電話界隈でめっきり聞かなくなった言葉があります。それは「着メロ」や「着うた」です。今この文字を読んで「あー、懐かしい」、「そんなのに凝ってた頃もあったなぁ」と、しみじみと思い出した人もいるのではないでしょうか。

かつての従来型携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」)の全盛時代、着信音の設定は携帯電話の楽しみ方の1つでした。スマートフォン(スマホ)ネイティブの世代にはまったく伝わらない話だと思いますが、自分だけのオリジナル着信音を設定したり、手持ちの楽曲からサビを切り出して着うたを作成することが流行った時代もあったのです。

フィーチャーフォンやスマホの進化とともに、着信音とその価値はどのように変わってきたのでしょうか。そしてまた着信音市場の隆盛と凋落から見えてくるものとは一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は携帯電話やスマホの着信音の歴史や文化を紐解き、そこから見えてくる未来へ想いを馳せます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。