S-MAX

ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催!誰でも応募できて抽選で100人が参加可能。次期スマホ「Xperia 1 VI」なども体験可能か


ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催!

ソニーは17日、同社が展開している「Xperia」ブランドの開発者が最新機能をリアルで紹介したり実際に商品を体験できるイベント「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を2024年5月17日(金)19:00〜21:30まで開催するとお知らせしています。イベントはソニーマーケティングが運営するソニーの公式Webショップ「ソニーストア」などで利用するアカウントサービス「My Sony ID」(新規登録無料)を持っている人なら誰でも応募でき、抽選で100人が参加できるとのこと。

場所は天王洲アイル 寺田倉庫 B&C HALL(東京・品川)で、参加費は無料ですが、交通費は自己負担となっており、応募期間は2024年4月17日(水)〜4月30日(火)23:59まで。当選した人には2024年5月9日(木)13:00〜5月10日(金)23:59までにMy Sony IDに登録しているメールアドレスに連絡するとし、参加時には当選メール画面もしくは当選メールをプリントアウトして受付に提示する必要があるということです。なお、未成年者の場合は必ず保護者の同伴が必要で、未成年者同伴の保護者除いて参加者は当選者本人(1人)のみとなっています。

また当日の様子は写真・動画撮影を行いソニーのSNSアカウントや公式Webサイトで公開する予定で、その際に参加者が写真・動画などに映り込む可能性があるため、予め了承かつ応募と同時に承諾することになるとしています。一方、参加者もイベント時にXperiaの商品体験ができ、その際にその商品で写真・動画を撮影して撮影したデータを持参したmicroSDカードに保存して持ち帰ることが可能となっています。

その他、特に体験できる商品については明記されていませんが、時期的には次期スマホ「Xperia 1 VI」や「Xperia 10 VI」(ともに仮称)などが発表されているタイミングの可能性が高く、その場合にはそれらの新商品が体験できると思われます。そのため、イベントの注記にも「体験いただく端末は実際の商品とは異なる可能性がありますのでご了承ください。」とあり、まだ発売されていない商品の体験ができることを匂わせています。

続きを読む

Galaxyの日本向け製品が「eSIM転送」に対応!S24シリーズに加えて既存機種もOne UI 6.1へのソフトウェア更新で利用可能。iPhoneやPixelなどに続き


Galaxy S24・S24 Ultra・S23・S23 Ultra・Z Fold5・Z Flip5などで「eSIM転送」が利用可能!

既報通り、サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)にて導入された新機能「Galaxy AI」を含む独自ユーザーインターフェース「OneUI 6.1」を既存の日本国内向け製品に対しても2024年4月18日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずは同日より「Galaxy S23」および「Galaxy S23 Ultra」、「Galaxy S23 FE」、「Galaxy Z Fold5」、「Galaxy Z Flip5」、「Galaxy Tab S9」、「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」の日本向け製品に対してオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)だけでなくNTTドコモやKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から販売されている製品にもソフトウェア更新が提供開始されています。

これにより、翻訳・要約・検索・画像編集などをAIの力で劇的にラクにできる最先端AI技術であるGalaxy AIに対応するほか、One UI 6.1の新機能が利用できるほか、NTTドコモではこのソフトウェア更新によって「eSIM転送」機能に対応することが案内されています。eSIM転送機能はこれまで「iPhone」や「iPad」の「eSIMクイック転送」のほか、日本国内ではGoogleが展開している「Pixe」ブランドの製品で対応していましたが、Galaxyも新製品のGalaxy S24やGalaxy S24 Ultraに加えて既存製品でも利用できるようになっています。

eSIM転送に対応したGalaxy製品では初期設定画面からeSIMの発行が可能となるほか、物理SIMからeSIMへの移行が「設定」→「接続」→「SIMマネージャー」から可能となります。なお、NTTドコモが案内しているOne UI 6.1へのソフトウェア更新による変更内容は以下の通り。One UI 6.1における変更内容はサムスン電子ジャパンの公式Webページ『One UI 6.1でアップグレードされた新機能について』も合わせてご参照ください。

<主なアップデート内容>
・Android eSIM転送の機能
 端末の初期設定画面からeSIMの発行が可能となります。また、設定アプリから端末内にて物理SIMからeSIMへの移行が可能となります。
 eSIM転送機能の詳細はAndroid eSIM転送機能についてをご確認ください。

・端末に届くPUSH通知からeSIMを開通できる機能
 新開通方式に対応したAndroid端末では、eSIMの開通の手続き後に該当の端末へeSIM開通のPUSH通知が送信されます。従来方式のようにQRコードを端末で読み込む必要はなく、PUSH通知から簡単に開通操作を行うことができます。
 開通方法の詳細についてはSIM情報設定方法をご確認ください。

・各種機能を追加
 「各種機能」の詳細については、サムスンの公式ホームページをご確認ください。

<改善される事象?
・Wi-Fi切断後にまれにモバイルデータ通信ができない場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2024年3月になります。)


続きを読む

SoftBankが独占販売するLeica監修の1型センサーカメラ搭載で高性能な新スマホ「Leitz Phone 3」を写真で紹介!価格は19万5696円【レビュー】


Leica監修のSoftBankスマホ「Leitz Phone 3」の外観を中心にフォトレビュー!

既報通り、ライカカメラジャパン(以下、ライカ)は11日、Leica Camera(以下、Leica)が機能やデザインなどをトータルで監修するスマートフォン(スマホ)「Leitz Phone」シリーズの新商品として「Leitz Phone 3(型番:LP-03)」(Sharp製)を発表しました。同機はソフトバンクが提供している携帯電話サービス「SoftBank」にて日本限定で独占販売するとのこと。

発売日は2024年4月19日(金)で、販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店における一部店舗( https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/leitz-phone3/?modal=shoplist )や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では195,696円(分割払いでは1〜12回:4,995円/月、13〜48回:3,771円/月)です。

また販売施策「新トクするサポート(プレミアム)」の対象となっており、13カ月目に対象機種の回収・査定が完了すると、13〜48回の分割金(合計135,756円)の支払いが免除されて実質負担額が4,995円/月×12回(合計59,940円)となります。さらにソフトバンクオンラインショップなどでは他社から乗り換え(MNP)なら「オンラインショップ割」が適用されて割引が実施される見込み。なお、購入時点からSIMロックがかかっていないSIMフリー製品として販売されるとのこと。

その他、ライカストアでのLeitz Phone 3の販売はありませんが、ライカストア(大丸東京店・大丸心斎橋店・銀座店・阪急うめだ店・伊勢丹新宿店・岩田屋福岡店・京都店・松坂屋名古屋店・そごう横浜店など)やライカオンラインストアにてアクセサリーが販売されるということです。本記事では店舗にて実機展示が行われていましたので、外観を中心に写真を交えて特徴などを紹介したいと思います。

続きを読む

楽天ペイと楽天ポイントカード、楽天Edyのアプリが統合へ!ポイント還元プログラム刷新で楽天キャッシュのチャージ&決済で1.5%還元。各種キャンペーンも


楽天ペイや楽天ポイントカードのアプリが2024年12月頃に統合!その後、楽天Edyのアプリも統合へ

楽天ペイメントは18日、同社が提供しているキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ(以下、楽天ペイアプリ)と共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」のスマホなど向けアプリ(以下、楽天ポイントカードアプリ)を2024年12月頃に統合すると発表しています。またその後、楽天Edyが提供している非接触IC機能「FeliCa」を用いたキャッシュレス決済サービス/電子マネー「楽天Edy」のスマホなど向けアプリの統合も予定しているとのこと。

さらに2024年夏頃から楽天ペイアプリのポイント還元プログラムが新しくなり、現在の楽天ペイアプリではクレジッドカードサービス「楽天カード」から楽天ペイの支払方法の残高としても使える電子マネー「楽天キャッシュ」へのチャージで0.5%の「楽天ポイント」が進呈していますが、新しいポイント還元プログラムではチャージした楽天キャッシュを用いた決済時の進呈に変更されます。

これにより、利用者はどのチャージ方法から楽天キャッシュにチャージを行った場合でも楽天キャッシュを用いた決済時に最大1.5%還元を受けることができるようになり、これまで対象だった楽天カードからのチャージに加えて全国の金融機関口座や「セブン銀行ATM」や「ローソン銀行ATM」などからの現金でのチャージ、フリーマーケットサービス「楽天ラクマ」の売上金からのオートチャージなどでも利用者のニーズに合わせたさまざまな手段で楽天キャッシュにチャージして決済すると最大1.5%のポイント還元を受けることができます。

合わせて楽天ペイアプリでは2024年4月18日(木)からキャンペーン「楽天ペイアプリのポイントカードならポイント最大10倍!」( https://r10.to/hYwh3v )を毎月実施し、キャンペーン期間中にエントリーの上で楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードのバーコードを提示して買い物をすると、初めて利用する(4月18日9:59までに1度も楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードのバーコードを提示して買い物していない)場合はもれなく全員に、すでに利用している場合は抽選で1万人に通常の10倍の楽天ポイント(上限は1人当たり200ポイント)をプレゼントするということです。

その他、2024年夏頃から楽天グループの楽天モバイルとの連携強化のため、楽天モバイルが提供している携帯電話サービス「Rakute最強プラン」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )を新規契約した場合を対象として楽天ペイアプリで支払うと、楽天ポイントを3ヶ月間最大3.5%還元するキャンペーンを実施予定で、楽天ペイアプリのコード払いで支払いをすると、通常でも最大1.5%のポイントが還元されるため、このキャンペーンと合わせれば、合計で最大5%のポイント還元となります。詳細は後日案内予定とのこと。

続きを読む

Galaxy S23・S23 Ultra・Z Fold5・Z Flip5・Tab S9・Tab S9+・Tab S9 Ultraの日本向け製品にもGalaxy AIやOne UI 6.1が提供開始


Galaxyの既存の日本向け製品にもGalaxy AIなどが4月18日より順次提供!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)にて導入された新機能「Galaxy AI」を含む独自ユーザーインターフェース「OneUI 6.1」を既存の日本国内向け製品に対しても2024年4月18日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずは同日より「Galaxy S23」および「Galaxy S23 Ultra」、「Galaxy S23 FE」、「Galaxy Z Fold5」、「Galaxy Z Flip5」、「Galaxy Tab S9」、「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」の日本向け製品に対してオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)だけでなくNTTドコモや楽天モバイル、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から販売されている製品にもソフトウェア更新が提供開始されています。

これにより、翻訳・要約・検索・画像編集などをAIの力で劇的にラクにできる最先端AI技術であるGalaxy AIに対応するほか、新しいOne UI 6.1の機能によって写真や動画を表示・管理・編集できるアプリ「ギャラリー」の検索が改善されたり、ロック画面に設定できるウィジェットが増えたり、ビデオコールのエフェクトとマイクモードの利用がより簡単になるなどのより便利に使えるようになっているということで、詳細は同社の公式Webページ『One UI 6.1でアップグレードされた新機能について』をご確認ください。

なお、同社ではさらに「Galaxy S22」および「Galaxy S22 Ultra」、「Galaxy Z Fold4」、「Galaxy Z Flip4」、「Galaxy Tab S8+」、「Galaxy Tab S8 Ultra」の日本向け製品についても同様に2024年5月下旬以降にGalaxy AIを含むOne UI 6.1へ対応するためのソフトウェア更新を順次提供予定だとしています(これらの機種は海外では2024年5月上旬より順次提供予定)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。