S-MAX

Googleの新スマホ「Pixel 6a」の外観や同梱品、基本機能を写真や動画で紹介!5万円台ながらフラッグシップ級の性能に【レビュー】


5万円台ながら高性能な5Gスマホ「Google Pixel 6a」をチェック!

既報通り、Googleが独自開発したチップセット(SoC)「Tensor」を搭載した新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 6a」を日本を含む1次販売国・地域にて2022年7月28日(木)に発売しました。日本での販路は同社の公式Webストア「Google ストア」のほか、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」となっています。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは53,900円、auでは公式Webストア「au」の公式Webストア「au Online Shop」などの直営店で53,270円(1,210円/月×23回+25,440円)、SoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で67,680円(1,410円/月×48回)となっており、Google ストアでは発売を記念してPixel 6aを購入する人に完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」をプレゼントするキャンペーンを実施していましたが、すでに終了しています。

またauやSoftBankではそれぞれ返却することで残債が免除される「スマホトクするプログラム」および「新トクするサポート」の対象で、各々の特典を利用した場合の実質負担額はauでは1,210円/月×23回(総額27,830円)、SoftBankでは1,410円/月×24回(総額33,840円)となります。

さらにauでは機種変更にて「5G機種変更おトク割」で8月31日(水)までは16,500円割引(au Online Shopでは16,500円相当のau PAY残高による還元)となるほか(通常は5,500円割引)、「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、SoftBankではMNPおよび携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」からの番号移行において「【オンライン限定】web割」にて21,600円割引となります。その他、すでに紹介しているように直営店のソフトバンクショップ店頭では特別価格でMNPやY!mobileおよびLINEMOからのばんご移行などの対象条件なら33,864円が割り引かれて33,816円となるほか、さらに新トクするサポートを利用したときの実質負担額24円で販売しています。

今回はそんな同社のフラッグシップスマホ「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」と同じ高性能なSoCのTensorを搭載しつつ、価格を抑えた廉価版となるPixel 6aを開封してパッケージ(箱)や同梱品、外観、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

決済サービス「au PAY」にて毎月5の付く日と8日に200円以上利用すると抽選で最大3千ポイントがもらえる「たぬきの抽選会」が実施中


毎月5の付く日と8日に抽選で最大3千ポイントがもらえるキャンペーン「たぬきの抽選会」

KDDIは5日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「au PAY」において毎月5の付く日と8日に200円(金額はすべて税込)以上をコード支払いすると抽選でもれなく最大3千ポイントのPontaポイントがもらえるキャンペーン「たぬきの抽選会」( https://www.au.com/pr/tanuki-lottery/ )を2022年8月5日(金)より実施するとお知らせしています。

特典は1等3,000ポイント、2等100ポイント、3等20ポイント、4等10ポイント、5等1ポイントとなっており、決済完了後に自動抽選を行ってその場で結果が表示されて即時で特典ポイントが加算されるとのこと。また付与上限はなく対象日に何回でも200円以上の利用ごとに抽選が行われます。

なお、au PAYアプリをアップデートしていなくて古い場合やApple Watchで利用した場合、他社アプリ(ローソン、Pontaなど)で決済した場合などは抽選引き直しが必要で、引き直し可能期間はたぬきの抽選会対象日+2日までです(例:5日の場合は7日23:59まで)。対象日は5日および8日、15日、25日。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:分かっちゃいてもやめられない。スマホ利用の時間や用途からスマートライフ時代の生き方を考える【コラム】


スマホの利用時間について考えてみた!

みなさんはスマートフォン(スマホ)の利用時間を気にしたことがあるでしょうか。スマホの普及が進み、最近では「今日は暇でずっとスマホのゲームを遊んでたなぁ」とか、「いけないとは分かっていても寝るとき布団の中でスマホいじっちゃうんだよね」などといった会話は日常茶飯事かと思います。

モバイル社会研究所が8月4日にスマホの利用時間についてのアンケート調査「2022年スマホ利用者行動調査」を公開しましたが、それによればスマホ利用者の半数以上が「自身のスマホ利用時間を減らしたほうがよい」と回答したそうです。

昨今のスマホ依存とも呼べる人々のスマホの利用シーンを思い浮かべると至極当たり前にも感じる調査結果ではありますが、実際に数値で観てみると改めて実感が湧くとともに、どのような人々がスマホの利用時間を気にしているのかが透けて見えてくるようでもあります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はスマホの利用時間についての雑感などをつらつらと書き連ねてみたいと思います。

続きを読む

未発表の高性能スマホ「Xiaomi 12T Pro」が日本でも発売へ!メーカー版「22081212R」やソフトバンク版「A201XM」がTÜV認証通過


高コスパな次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」が日本で発売へ!写真は11T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「22081212UG」および「22081212R」、「A201XM」が2022年7月7日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されています。

認証番号「SG PSB-IV-06635」。これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、22081212UGはXiaomiが公開しているソースコードから「Xiaomi 12T Pro」の上位版「Xiaomi 12T Pro HyperCharge」となるとことが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、22081212Rはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー製品」)となります。

またA201XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測でき、Xiaomi 12T Pro HyperCharge(または製品名としてはXiaomi 12T Pro)が日本で昨年の「Xiaomi 11T Pro」に続いてXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む

ソニー、5G対応プレミアムスマホ「Xperia PRO」のメーカー版「XQ-AQ52」を初の値下げ!1万9900円OFFで22万9900円に


SIMフリースマホ「Sony Xperia PRO XQ-AQ52」が値下げ!

ソニーマーケティングは5日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応プレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO」(ソニー製)のメーカー版「Xperia PRO(型番:XQ-AQ52)」の価格を2022年8月5日(金)より改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はソニーストアではこれまでXperia PRO XQ-AQ52が昨年2月の発売時にはソニーストアでは249,8000円でしたが、今回、初めて価格が改定され、19,900円値下げされて229,900円となっています。なお、ヨドバシカメラなどの量販店でも同様に値下げされており、さらに1%(2,299ポイント)還元となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。