S-MAX

ライカとカメラ機能を共同開発した新フラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズが発表!Ultraはソニー製1インチセンサー搭載


Leica Cameraと共同開発したフラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズが登場!

Xiaomiは4日(現地時間)、オンラインにて「Xiaomi 12S Series New Product Launch Event」を開催し、新たにドイツの光学機器・カメラメーカーであるLeica Camera(以下、ライカ)とカメラ機能を共同開発した新フラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズを発表しています。

Xiaomi 12Sシリーズはベースモデル「Xiaomi 12S」、上位モデル「Xiaomi 12S Pro」、最上位モデル「Xiaomi 12S Ultra」がラインナップされ、各モデルともにまずは中国にて公式販売拠点にて発売されるとのこと。なお、現時点において日本での展開については明らかにされていません。

本体色はXiaomi 12S UltraがClassic BlackおよびVerdant Greenの2色展開、Xiaomi 12S ProとXiaomi 12SがともにBlackおよびPurple、Green、Whiteの4色展開で、Xiaomi 12S Proには Dimensity EditionとしてBlackとBlueも販売されます。価格は中国ではXiaomi 12S Ultraの8GB+256GBが5,999中国元(約121,000円)、12GB+256GBが6,499中国元(約132,000円)、12GB+512GBが6,999中国元(約142,000円)。

Xiaomi 12S Proの8GB+128GBが4,699中国元(約95,000円)、8GB+256Gが4,999中国元(約101,000円)、12GB+256GBが5,399中国元(約109,000円)、12GB+512GBが5,899中国元(約119,000円)、Xiaomi 12 Pro Dimensity Editionの8GB+128Gが3,999中国元(約81,000円)、12GB+256GBが4,499中国元(約91,000円)。

Xiaomi 12Sの8GB+128GBが3,999中国元(約81,000円)、8GB+256GBが4,299中国元(約87,000円)、12GB+256GBが4,699中国元(約95,000円)、12GB+512GBが5,199中国元(約105,000円)。なお、発表会では他に「Xiaomi 12 Pro Dimensity Editio」や「Xiaomi Smart Band 7 Pro」、「Xiaomi Book Pro 16」、「Xiaomi Book Pro 14」、「Xiaomi Home WiFi」も発表されました。

続きを読む

KDDIがau通信障害の進捗を説明!音声通話およびデータ通信を含めて全国的にほぼ回復も全面復旧時間の判断は7月5日夕方をめど


KDDIが「au通信障害(進捗)に関する記者説明会」を開催!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が提供する携帯電話サービスにおいて全国で2022年7月2日(土)1時35分頃より音声通話およびデータ通信を利用しづらい状況が発生しました。原因は7月2日未明に設備障害によってVoLTE交換機でトラヒックの輻輳が発生しているためだということです。

これに対し、KDDIは4日、オンラインにて「au通信障害(進捗)に関する記者説明会」を開催し、すでにネットワーク状況は障害発生前の水準に戻っており、音声通話やデータ通信を含めて全国的にほぼ回復しているものの、現在も異常がないか監視を続けてる状況だと説明しました。

その上で“全面復旧”となる本格再開時間を判断するのは7月5日(火)夕方頃になる見込みだということです。なお、引き続いて音声通話おやデータ通信が利用しづらい場合は利用しているiPhoneやAndroidなどの電話機の電源をオフ/オンの操作を試すように案内しています。

続きを読む

KDDIが携帯電話サービスの障害を記者会見で謝罪!影響数は最大3915万回線で補償も検討。銀行ATMや物流、気象観測などにも影響


KDDIが7月2日から発生してる携帯電話サービスの障害に関して記者会見を開催!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、両社が提供する携帯電話サービスにおいて全国で2022年7月2日(土)1時35分頃より音声通話およびデータ通信を利用しづらい状況が発生しているとお知らせしています。原因は7月2日未明に設備障害によってVoLTE交換機でトラヒックの輻輳が発生しているためだということです。

対象は携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)や楽天モバイルのau回線ローミングを含めたau回線を利用したすべてのサービスに加え、ホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセルとなっており、これらのサービスにて音声通話およびSMS送受信、データ通信が利用しづらくなっていたとのこと。

その後、すでに紹介しているように7月3日(日)1時の時点で全国的にデータ通信を中心として徐々に回復してきており、西日本は7月3日7時15分、東日本は7月3日9時30分を目標として復旧活動に取り組んでいるとし、7月3日7時時点では全国で70%程度回復し、回復に向けて継続して取り組んでおり、完全回復する見込み時刻は西日本では7月3日11時頃、7月3日11時に東日本では7月3日17時30分頃を見込むと案内しています。

なお、ネットワーク試験の検証の上で本格再開時間を決定するとし、西日本とは静岡県・長野県・富山県以西(具体的には富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を指すとのこと。

この障害を受けてKDDIは3日、都内にて「2022年7月2日の音声・データ通信サービスがご利用しづらい状況について」と題した記者会見を開催し、KDDI 代表取締役社長の高橋誠氏らが改めて謝罪した上で障害についての説明を行いました。なお、影響数は今後に最終的に精査するものの、最大3915万回線(個人・法人向けが3580万、MVNOが140万、IoTが150万、ホームプラスが45万)であることを明らかにしました。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:酷暑続きで電力逼迫!モバイル生活で無理なく手軽にできる節電対策を考える【コラム】


モバイル生活で簡単にできる節電対策を考えてみた!

いよいよ梅雨本番かぁ……などと思っていたのも束の間、いや束の間どころかまったく梅雨を感じさせないままに夏が来てしまいました。筆者の住む神奈川県も連日猛暑が続き、電力不足も深刻化する一方です。

政府は今冬にも電力使用制限を検討するなど、電力不足は今夏だけではなくかなりの長期間続くことが予想されます。常にデジタル機器を使用している筆者のような者にとっては非常に苦しい日々が続きますが、一般的なサラリーマンや学生でも厳しいことには変わりないでしょう。

慢性的な電力不足が続く中、私たちにできることとは一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はモバイルの視点から電力不足への対応や節電のポイントについて解説します。

続きを読む

au回線の障害は重大事故で返金の可能性も?徐々に回復中で完全復旧は西日本で7月3日11時頃、東日本は7月3日17時30分を見込む


au回線の障害は徐々に回復中!7月3日午前中には完全復旧見込む

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、両社が提供する携帯電話サービスにおいて全国で2022年7月2日(土)1時35分頃より音声通話およびデータ通信を利用しづらい状況が発生しているとお知らせしています。原因は7月2日未明に設備障害によってVoLTE交換機でトラヒックの輻輳が発生しているためとのこと。

対象は携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)や楽天モバイルのau回線ローミングを含めたau回線を利用したすべてのサービスに加え、ホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセルとなっており、これらのサービスにて音声通話およびSMS送受信、データ通信が利用しづらくなっています。

その後、7月3日(日)1時の時点で全国的にデータ通信を中心として徐々に回復してきており、西日本は7月3日7時15分、東日本は7月3日9時30分を目標として復旧活動に取り組んでいると案内しています。また7月3日7時時点では全国で70%程度回復し、回復にむけて継続して取り組んでおり、完全回復する見込み時刻近く案内するとし、7月3日8時に西日本では7月3日11時頃、7月3日11時に東日本では7月3日17時30分頃に復旧作業終了を見込むと案内しています。

なお、ネットワーク試験の検証の上で本格再開時間を決定するとし、西日本とは静岡県・長野県・富山県以西(具体的には富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を指すとのこと。

また実際に手持ちのau回線を用いた各サービスでは少しずつ利用できるようになってきています。一方、今回の障害は総務省に報告義務がある通信障害における「重大事故」に相当すると見られ、今後、利用者への説明を含めて詳細な報告が行われるものと考えられます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。