S-MAX

エリア

UQコミュニケーションズ、小田急線で「WiMAX 2+」のエリア整備を完了!地下化した新宿〜成城学園前駅も含めた駅構内において利用可能に


小田急電鉄にて「UQ WiMAX 2+」のエリア整備が完了!

UQコミュニケーションズは7日、小田急電鉄が運行する「小田急線」の各駅において超高速モバイルインターネット「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したとお知らせしています。

これまで小田急線については、屋外に設置した基地局によって一部を除くエリアにおいてすでにWiMAX 2+を利用できていましたが、従来利用しづらかった地下駅のエリア整備も順次行い、この度、WiMAX 2+のエリア整備を完了したとのこと。

これにより、小田急電鉄の小田原線および多摩線、江ノ島線の各駅構内にてWiMAX 2+対応のスマートフォン(スマホ)やモバイルWi-Fiルーターなどでより高速なインターネット通信が利用できるようになっています。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+を東京メトロで導入開始!まずは5駅のみで順次拡大予定――au向けiPhone 6sや6などでもより快適に


UQが東京メトロにおけるWiMAX 2+の整備を開始!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は4日、東京地下鉄が運行する鉄道「東京メトロ」の駅や列車内において超高速モバイルインターネット「WiMAX 2+」サービスを利用できるようにエリア整備を行っていくことになったと発表しています。

まずは今回、丸ノ内線の東高円寺駅および新中野駅、東西線の落合駅および高田馬場駅、副都心線の西早稲田駅で利用可能となり、これらの5駅を皮切りに順次拡大していくとしています。

続きを読む

NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、名古屋鉄道名古屋本線の「山王駅~栄生駅」区間トンネル内で3月23日13時より携帯電話サービスを提供開始


名古屋鉄道名古屋本線」のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは15日、名古屋鉄道が運行する「名古屋本線」の「山王駅~栄生駅」区間におけるトンネル内で携帯電話サービスを2016年3月16日(水)13時より提供開始すると発表しています。

これにより、名古屋本線の該当区間にて駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においてもdocomoおよびau、SoftBank、Y!mobileの携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用できます。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、高速通信サービス「WiMAX 2+」の大江戸線でのエリア整備を完了!3月14日より都営地下鉄全線で利用可能に――au向けiPhoneやiPadでもより快適に


UQ WiMAX 2+が「都営地下鉄大江戸線」で利用可能に!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、同社の高速通信サービス「WiMAX 2+」において新たに東京都交通局が運行する「都営地下鉄」の大江戸線でエリア整備が完了したとお知らせしています。

これにより、一部区間を除いて都営地下鉄全線で高速インターネットが2016年3月14日(月)より利用可能になっています。

続きを読む

NTTドコモ、青函トンネル内での災害時における連絡手段として旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)などで2月19日から携帯電話サービスを提供


NTTドコモが青函トンネル内での携帯電話サービスを提供開始!

NTTドコモは12日、北海道旅客鉄道(JR北海道)の協力を得て、青函トンネル内での災害時における連絡手段のひとつとして利用できるように旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)などにおいて2016年2月19日(金)より新たに携帯電話サービスを提供すると発表しています。

同社ではエリア化により、緊急時に車両が停車する吉岡と竜飛のホームと避難所および避難用ケーブルカーの運行区画において携帯電話の通話ならびにパケット通信が可能となり、災害時における乗客の安否確認連絡など、災害対策の一助になるとしています。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、山陽新幹線の小倉駅から博多駅間のトンネル内で12月25日始発から携帯電話サービスを提供開始!神戸電鉄有馬線と神戸高速線の一部区間のトンネル内も


山陽新幹線や神戸電鉄有馬線・神戸高速線のトンネル内が一部がエリア化!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは16日、西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)と共同で「山陽新幹線」のトンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに小倉駅から博多駅間のトンネル内においても携帯電話サービスの提供を2015年12月25日(金)始発より開始すると発表しています。

また3社は同日、神戸電鉄が運行する「神戸高速線」の新開地駅~湊川駅および「有馬線」の湊川駅~長田駅の区間におけるトンネル内において、携帯電話サービスの提供を2015年12月18日(金)始発より開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用できるようになります。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、高速通信サービス「WiMAX 2+」の周波数帯拡張の進捗を案内!おおむね全国でCAによる下り最大220Mbpsのエリア化が完了


UQのWiMAX 2+周波数帯拡張がおおむね全国エリア化完了!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は9日、今年10月末を予定していた高速通信サービス「WiMAX 2+」における周波数帯拡張によるキャリアアグリゲーション(CA)での下り最大220Mbpsのエリア整備についておおむね一部地域を除いておおむね全国で終了していると進捗をお知らせしています。

遅れが生じた地域について今後も拡張作業を鋭意、進めて行き、残り地域の拡張状況について公式Webサイトで案内するとしています。なお、CA非対応となる地域は「W01下り最大110Mbps対応エリア [PDF]」にて確認できるということです。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、近鉄・奈良線「石切駅~生駒駅」のトンネル内にて9月30日始発から携帯電話サービスを提供開始!全区間で利用可能に


近鉄「奈良線」の全区間で携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは28日、近畿日本鉄道(近鉄)が運行する「奈良線」における「石切駅~生駒駅」区間のトンネル内において新たに2015年9月30日(水)始発より携帯電話サービスの提供開始すると発表しています。

これにより、近畿日本鉄道の奈良線におけるすべての区間で駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるほか、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用できるようになるということです。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+のCAによる下り最大220Mbpsの全国エリア化完了予定を一部エリアの工事遅延によって10月末に延期


UQ WiMAX 2+のCAによる下り最大220Mbpsが10月末に全国エリアに!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は28日、今年2月12日に開始した高速通信サービス「WiMAX 2+」の周波数帯を2倍に拡張して「キャリアアグリゲーション(CA)」技術による下り最大220Mbpsの対応エリアを順次整備しており、9月末までに全国エリア化すると案内していましたが、一部エリアの工事遅延によって10月末(予定)に延期したとお知らせしています。

同社では2015年9月上旬より周波数帯の拡張を行っていなかった首都圏および京阪神、名古屋、政令指定都市などにおいて整備を行い、一気におよそ1ヶ月で全国エリア化を完了するとしていましたが、一部エリアでの工事が遅延しているということです。

なお、すでに実施されているようにWiMAX 2+の周波数帯を2倍に拡張したエリアでは既存通信サービス「WiMAX」の下り最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsになるのでご注意ください。

続きを読む

NTTドコモ、CAを利用した高速通信サービス「PREMIUM 4G」を9月25日より東名阪エリアのみで下り最大262.5Mbpsに高速化!iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで利用可能


NTTドコモがPREMIUM 4Gを下り最大262.5Mbpsに高速化!iPhone 6sと6s Plusが対応

NTTドコモは10日、今年3月から提供しているLTE-Advancedの技術要素「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速通信サービス「PREMIUM 4G(プレミアム4G)」として展開している受信時最大225Mbpsの通信サービスについて東名阪地域で国内最速となる受信時最大262.5Mbpsへ高速化を2015年9月25日(金)より提供するとお知らせしています。

受信時最大262.5Mbpsの通信サービスは複数の周波数帯を束ねることで高速通信を可能とするCAにおいて、新たな周波数の組み合わせを追加することで実現します。

対応機種は同日9月25日に発売予定のApple製「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」の2機種。高速化によって対応機種を利用する場合にはこれまで以上に快適な通信サービスを利用可能になります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。