S-MAX

エリア

NTTドコモ、28GHz帯におけるミリ波の5Gサービスを9月23日に提供開始!まずはWi-Fi STATION SH-52Aのみで下り4.1Gbps・上り278Mbpsに対応


docomo 5Gがいよいよミリ波が導入開始!スマホは2020年冬以降に対応へ

NTTドコモは18日、28GHz帯(以下、ミリ波)を利用した5Gサービスの提供を2020年9月23日(水)から開始するとお知らせしています。当初は6月以降に提供開始予定でした。対応エリアはサービス開始の9月23日時点で66か所、2020年9月末時点で164か所を予定しているということです。

まずは提供開始時点でモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」のみが対応し、最大通信速度も受信時4.1Gbps、送信時278Mbpsとなるとのこと。その後、2020年冬以降にスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20+ 5G SC-52A」および「arrows 5G F-51A」も対応し、最大通信速度も受信時4.1Gbps、送信時480Mbpsになります。

続きを読む

東北新幹線と上越新幹線の全区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話が7月23日より利用可能


東北新幹線と上越新幹線の全区間のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは6月6日に東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が運行する「東北新幹線」の「新青森駅~新青森駅(手前)」間と「上越新幹線」の「浦佐駅~浦佐駅(手前)」間におけるトンネル内での携帯電話サービスの提供を2020年7月23日(木)始発から開始すると発表しています。

これにより、東北新幹線および上越新幹線ともに全区間のトンネル内で携帯電話サービスを利用できるようになるとのこと。また今後、秋田新幹線では2020年夏まで、山形新幹線では2020年内にそれぞれすべてのトンネル内で携帯電話サービスの提供を開始する予定です。

なお、ワイモバイルや各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能です。各社では共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、今後もサービスエリア拡大や品質向上ならびに利用者がより使いやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

山形新幹線 庭坂駅~赤岩駅と秋田新幹線 赤渕駅~田沢湖駅でNTTドコモとau、ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話が7月8日までに利用可能


山形新幹線と秋田新幹線の該当区間におけるトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が運行する「山形新幹線」(奥羽本線)の「庭坂駅~赤岩駅」間と「秋田新幹線」(田沢湖線)の「赤渕駅~田沢湖駅」間におけるトンネル内での携帯電話サービスの提供を2020年7月8日(水)までに開始すると発表しています。

なお、山形新幹線の該当区間では7月8日からサービス開始予定、秋田新幹線の該当では7月8日までにサービス開始予定とのこと。これにより、秋田新幹線については全区間のトンネル内で携帯電話サービスを利用できるようになります。

なお、ワイモバイルや各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能です。各社では共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、今後もサービスエリア拡大や品質向上ならびに利用者がより使いやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

九州新幹線全線でNTTドコモとau、ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話が5月30日より利用可能!川内駅〜鹿児島中央駅間トンネル内が対応


九州新幹線の出水駅~川内駅のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは27日、九州旅客鉄道(以下、JR九州)と共同で高速鉄道路線「九州新幹線」における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに九州新幹線「川内駅~鹿児島中央駅」区間のすべてのトンネル内で携帯電話サービスの提供を2020年5月30日(土)始発より開始すると発表しています。

これにより、九州新幹線の全線にて携帯電話サービスを快適に利用できるようになります。今回、拡大するサービスエリアは川内駅~鹿児島中央駅間(約35Km)のうちの約24Kmのトンネル区間。なお、ワイモバイルの携帯電話も利用可能です。

続きを読む

楽天モバイルが2021年3月時点で人口カバー率70%へ!基地局展開を前倒し。700万契約までは大きな赤字を想定


楽天の2020年度第1四半期決算説明会および戦略共有会が実施!

楽天は13日、オンラインにて「2020年度第1四半期決算説明会」および「戦略共有会」を実施し、2020年度第1四半期(Q1)は売上収益3,314億円(前年同期比+18.2%)およびNon-GAAP営業利益△181億円(前年同期比△1,361億円)の増収減益となったと発表しています。

特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響について各事業ごとに影響を説明し、楽天グループとして多岐に渡る事業を展開していることによってプラスとマイナスがうまく相互に補完して安定した運営ができているとしています。

また4月8日にスタートした移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )の正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の状況についても決算説明会でも多くの時間を使ったほか、戦略共有会でも説明が行われました。

その中で楽天 代表取締役会長兼社長および楽天モバイル 代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏は「目標としては楽天モバイルの利用者が楽天市場や楽天カードなどを使うことで、実質的には無料期間が終わった後も携帯電話が無料で使えるということが実現できると思う」としました。

同氏はそういった認知が共有されていけば、楽天グループにおけるシナジーが高まってくるとして「今後は楽天モバイル向け特典なども考えていきたいと思っている」と語り、まだはじめたばかりなので楽天モバイルとのシナジーは早いと前置きしながらも「楽天エコシステム」の拡大に寄与が期待されると紹介しました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。